花*あそび

料理もガーデニングも諸県弁も大好きなオバサンの日記です

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

人参のポタージュ

買い物袋いっぱいの取れたて人参を頂きました。

イメージ 1


4歳の孫ちゃん〜88歳の父まで
みんなが美味しいと食べてくれるもの!!

イメージ 2


人参ポタージュスープ

イメージ 3


オバサンはベースを煮て小分け冷凍しました。
簡単とは言え、その都度ミキサー出したり、洗ったり結構面倒
たくさん頂いた時など、スープベース作っておくと便利ですよ。


材料4人分

人参・・・・2本
たまねぎ・・・・2分の1個
固形スープ・・・1個
牛乳・・・・・600cc
塩、胡椒・・・・適宜
バター・・・・・適量

作り方
‘蕕烹隠磽躋僂凌融押▲好薀ぅ垢靴振滅を入れひたひたの水、固形スープを入れ、やわらかく煮る。
↓,鮗兔舛瓦肇潺サーにかける。
△鯑蕕北瓩卦軻を加えヒトに一煮立ちさせる。
ご錣棒垢蝓▲丱拭爾鮠紊僕遒箸

*冷凍は△離潺サーにかけた後、小分けし、冷凍する。

材料の分量は適当です、目安にして下さいね。

庭先レモンのジャム

レモンが熟れたよ〜・・・と知人からの知らせ

早々に高枝バサミ持参で出かけました。

イメージ 1


庭先のレモン・・・好きなだけどうぞ!!

千切っている間にも、レモンの香り〜香り〜

一緒に行った登園前の孫Mちゃんは大喜び・・・結局遅刻でした(笑)

大事な社会勉強?・・・色々体験させたい、ばあちゃんの言い訳です。

イメージ 2



国産レモンにも色々な種類があるようです。

皮の薄いものやしっかりと厚いもの

果汁たっぷりもあれば果肉が硬いものなど

それぞれに加工の仕方を変えますが、

果皮の切り方やさらし、果汁の絞り方等々・・・工夫するのが楽しい!

イメージ 3


色々な種類のジャムを作りますが

初夏のうめ、晩秋〜冬のゆず、レモン・・・・この3種類ははずせません

レモンのジャムは香りと酸味に加え、ペクチンが強く、オバサンは大好きです。

ねずみにかまれた話!

昨年の11月「ねずみにかまれました!」

その時季は講座が重なり超多忙で書く暇がなく

でもオバサンとしては、初体験・・・

というわけで、少し前話ですが聞いてくださいね。

イメージ 1


朝、なにげに食卓を見るとギョ!!

今度の敵は大きいぞ!・・・どうしても年に1,2匹は家に入ってしまいます。

イメージ 2


ほ〜ら・・・ね!!

キッチンに置いている流しの下の芋もたべている。

とりあえず、いつものように粘着シートを買って敵を待つことに!

イメージ 3


夜中、「ガサガサ、トントン」いるいる

私の部屋のクローゼット???

戸をあけるとマグカップ大のねずみさんがちょこんと鎮座している。

オバサンと視線がちらっと合う!!!結構かわいいお目目している!!


シートを部屋の床の隅に置くとすぐに捕らえられたものの

シートの粘着力よりネズミの脚力が勝り、シートにはしっぽのみがくっついている。

大きなボディはシートからはみ出ていて、必死にはがそうともがいているのです。


「今だ!今」あせる気持ちと「どうしよう?どうしよう?」・・・意を決して

シートのてっぺんに付いている「つまみ」をもつと・・・・同時にネズミさんは

オバサンの右手人差し指をがぶり・・・い・た・い

痛い!!!いぃ〜いと食いつき離さない

とっさに、オバサンの左手はネズミの首を絞めて・・・いました。

やっと、離してくれ、

噛まれた人指し指からは血がぽたぽた・ぽた

ぐったりとしたねずみさんはどうしよう?と一瞬迷いながらも

とりあえず、窓を開け庭にポイ・・・ごめんなさい ナンマイダ、ナンマイダ。。。。

翌日、恐る恐るゴミに出すべく拾いに行くともぬけの殻(気絶しただけのようでした)

良かったような〜悪かったような!!(夫が復讐にくるぞ!と脅かすのです。)

病院へ行き消毒、包帯巻かれ・・・会う人、会う人「どげんしたと?」と聞かれ

「ネズミに噛まれた」と答えると「ねずみに噛まれた人にはじめて会った」と笑われたり

不思議そうに「どうすれば、かまれるの?」と聞かれたり・・・・

オバサンは事の顛末を飽きるほど話しました(笑)

りんごのように食いちぎられたらと想像するとブルブルでした。

すのしゅい(酢の汁)

諸県弁で「すのしゅい」は標準語になおすと酢の汁

あらく下ろした大根とイワシを酢、砂糖、醤油で味付けし煮たもので

この辺りで作られる冬の郷土料理です。

         材料
     大根・・・・1〜2本
     いわし・・・2匹(1人1匹程度)
     砂糖・・・・大さじ1,5〜2
     醤油・・・・大さじ2
     酢・・・・・大さじ2

作り方
.ぅ錺靴脇と内臓をとる。

イメージ 1 オバサンはこのおろしを使います。

実家の母はこのたかおろしじゃないといかんといいますイメージ 2

大根は下ろしきを使ってあらめに下ろす。

イメージ 3


F蕕鵬爾蹐靴紳膾を入れ、その上にイワシをのせ蓋をし火にかける。

イメージ 4


な騰したら火を弱め煮る。

イメージ 5


ゥぅ錺靴鵬个通ったら皿に取り出し身と骨に分ける。

イメージ 6


Νイ凌箸鯑蕕北瓩掘調味料を加え一煮だちする。

イメージ 7


子供の頃は見た目も地味な「すのしゅい」は好きになれませんでした。
オバサンになった今、霧島おろしが吹き、寒に打たれた畑の大根が甘くなると
自然と体がその味を覚えていて食べたくなります。

雪が降りました!

早朝、愛犬「小次郎」と散歩を終えた夫が「雪だぞ!」・・・

窓をのぞくと「つもっちょいねぇ〜」と面倒くさそうにオバサンの返事

それでもデジカメ手にすると「なんだかワクワク!!」

イメージ 1

マイホームはすっぽり雪化粧

イメージ 2

杉の木とクヌギそれぞれに、
しんしんと降り積もった雪は、その樹形を個性的に演出

イメージ 3

一刻も早く雪と遊びたい孫のMちゃん朝食もそこそこに庭に飛び出し
「ゆ〜きやこんこん♪、あられやこんこん♪〜♪」

イメージ 4

小次郎君と楽しそう!!
だって、4歳になったMちゃんには、初体験ですもの!!

イメージ 5

完成!・・・いっぱい遊んでから、
いざ保育園!!です。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事