楽興の時・音の絵

相変わらず猛烈に忙しくて、なかなか更新できません。orz

このブログについて

▼「楽興の時・音の絵」にご訪問いただき、ありがとうございます。当ブログの標題はラフマニノフの2つのピアノ曲集にあやかっております。ドイツの哲学者T・W・アドルノの著作とは関係ありません。 ▼筆者は広い意味で芸術・文化に関わる仕事をしていますが、実演家でも評論家でもありません。記事の内容は一愛好家の個人的感想にすぎません。辛口のコメントをすることもありますが、根拠のない批判はしていないつもりですので、ご海容ください。 ▼もしも著作権その他の権利侵害に当たる内容があると判断された場合は、コメント欄にその旨お書き添えください。精査したうえ責任をもって対応いたします。 ▼記事本文と関係のないコメントやトラックバックは、当方の一存で削除させていただきます。とうてい「毎日更新」とはいきませんが、よろしくお付き合いください。

その他の最新記事

すべて表示

■エミリー・バイノン・フルート・リサイタル 2011年8月11日(木)19時開演 東京オペラシティ・リサイタルホール  約3カ月ぶりにブログを更新。この間、コンサートやオペラ鑑賞、演劇鑑賞をしていなかったわけではないのだが、仕 ...すべて表示すべて表示

■東京フィルハーモニー交響楽団第802回オーチャード定期演奏会 2011年5月15日(日)15時開演 Bunkamuraオーチャードホール  今年の東京フィルは、創立100周年「響―悠久の約束」と題して、日本人の指揮者や演奏家 ...すべて表示すべて表示

■東京交響楽団第589回定期演奏会 2011年5月14日(土)18時開演 サントリーホール  3月の東響定期には「渡航自粛勧告」で来日できなかったユベール・スダーンが、5月定期のために来演した。今期のテーマはアーノルド・シェー ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事