桜錦を創ろう!金魚のいる景色

宇野系ベースの桜錦と京錦、なんきん、土佐錦魚、宇野系らんちゅう飼育日記
 今年のらんちゅうは受精率があまり良くなくて一腹の数は少ないのですが腹数は増えてきました。
とりあえずあと二つほど狙ったペアで採れれば今年は終了です。
イメージ 1
これは4歳魚の兄弟ペアです。
これの兄弟で採りたい魚が居るのですが雌だけで飼育しているのに2回卵を出してしまったので
まだとれてません(^^;

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

ようやく産卵

 いつも苦労するなんきんの仔引きですが今年は若い魚を組ませて
放置していたら案外すぐに採れました。
今まではどうせ引くならある程度子供の数を確保したいと思って
それなりに大きい魚にしていましたが、今年からは
次につながる数だけ居れば良いと割り切る事にしました。
これで一応、飼育している魚は全ての品種で仔引きが出来ました。。
イメージ 1

あと気長にらんちゅうの気に入った魚で採れるのを待つのみです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

桜錦産卵

 3,4日前から組ませておいた桜錦が産卵しました。
イメージ 1

大きさは6cm程度の魚でしたが思いのほか卵が多かったのでもう1腹ほど引いたら
桜錦は終了にします。

こちらが雌です。
イメージ 2

イメージ 3

可愛らしい顔つきと綺麗な柄の魚です。

雄も良く頭が上がっています。
イメージ 4

桜錦は毎年6腹くらいは採ってましたが数を採らなくてもそれなりに良い魚が出来るようになったので
今後は毎年2腹くらいでやって行こうと思います。(^^

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ゾウリムシ

 産卵直前に産卵藻を追加購入する為に通販のカタログをみていたら
同じ見開きのページに「ゾウリムシの種」という商品が載ってました。
シュリンプよりも小さく初期試料に最適と書いてあって値段も500円と
安かったので一緒に買ってみました。

500mlのペットボトルにゾウリムシが入った水が入っていて下のようなラベルが
張ってあり簡単な増やし方の紙が一枚ついてきました。

イメージ 1


とりあえず培養してみましたが案外増えますね。
イメージ 2

これだけで飼育するのは無理でしょうけど孵化する前に産ませた池の中に入れておいて初期試料に
するくらいなら十分増やせそうです。
とりあえず無いよりは良いだろうって程度の気持ちで使ってみます(笑

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

掛け戻しその2

ここのところ寒い日が続き産卵もすっかり沙汰やみになてましたが
今朝仕掛けておいた魚が1腹採れてました。

これは京桜の雌(4歳魚)に京錦の雄(4歳魚)を掛け戻した魚です。
写真の京錦はずっと京錦同士で繋いでいる魚なので色の発現率が良いですが
京桜は一度、桜錦と交配して改良した為に殆ど京錦柄が出ません。
これに京錦を掛け戻して色の発現率をすこしあげようとおもっています。

これで生まれた仔の中から京錦の柄の多く出る筋が出来れば今度は
それを別系統の京錦として元の筋とは別に残して行こうと思います。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事