粗にして野だが

徒然なるままに戯言を垂れ流す

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

悪徳

先日、ラディックスという会社から電話があった。

以前にも電話があり、早い話が電話機だったり回線だったりの営業なのだが、非常にしつこくウルサイ。

必死にアポをとってくるのだが、こっちはクソ忙しく、必要も無い話なので、ずっと断ってた。

だが何度も何度も電話してきて非常にウザイので、一度だけ話を聞いてやろうということにした。

「明日とかはいかがですか?」と聞かれたが、忙しいので「来週以降にしてくれ」と伝えた。

そしたら承知しましたと言っておきながら、次の日2人でいきなり来社。

しかも応対に出た女の子に俺の名前を使ってさも約束があるような風に言い、無理やり入ってきた。

失礼極まりない。

この時点でもうこんな会社といかなる契約もするかと決めた。

「先日電話で伝えたけど、忙しいから来週にしてくれって言ったよね?」

「あ、そうですか?すみません。回線だけ見させてください。10分で済みます」

あ、そうですか?じゃねぇだろが。電話で話したのはお前自身じゃねぇかよ。


まとめます

・アポ無視でいきなり来る
・自分たちの素性を聞くまで言わない。ただたんに「電話代が安くなる」ばかり言う
・聞いてもハッキリしたことを言わない
・ソフトバンクなどの営業とまちがわれて迷惑などと言うが、それ以上に迷惑
・10分と言いながら1時間以上居座る(おかげで業務に支障)
・後日見積りを持ってきますと言いながら、当日の朝、適当なことを言ってキャンセル

もちろん喜びました。もう2度と来るなと。

その後あまりにも失礼だったので、ヤフーで「ラディックス」で検索かけたら出るわ出るわw

なにをか言わんやですね。

こんだけ悪評が出回ってるのにいまだに同じことを続けてるっていうのもあるいみスゴイです。

みなさんも気をつけましょう。

開く コメント(69)

開く トラックバック(2)

なんちゅうか

北朝鮮が人工衛星という名のミサイルを飛ばすのなんのと騒ぎ、それに対して日本は迎撃するのどうのという流れ。

んでもって北は「撃墜したら戦争だ」みたいなことを言い・・・

どうなるんですかね?

早ければ今日明日くらいに発射するとも言われてますね。傘持って外出しなきゃw

あの国のあいかわらずの挑発外交に付き合う時間はもったいないので、ガン無視ていうのはダメなんすかね?

今回のことも、人工衛星だって言い張ってるんだから無視すればいいんじゃ?

とにかく一切それに関して報道もしなければ、政治家もコメントしない。

馬鹿は相手にしない。無視。

それでもしつこく何か言ってきたら

「あーもうウルサイなぁ。人工衛星なんでしょ?だったら勝手に飛ばせばいいじゃん。そのかわりもし違うものだったり、落ちてなんらかの被害が出たら当然報復させてもらうから。ほら、ウチは専守防衛だからね。こっちからはやらないからさ。やめろつってもどうせやめないんでしょ?だったら勝手にしてよ。じゃ、レッドカーペット見なきゃならなくて忙しいんで。」

これでいいのでは?w

それに、何かにつけてウルサイ援助だとかも、あいつらの上から目線を逆手にとればいいのでは?

褒め殺しでいきましょうよ。

「将軍様に限って国民が飢えるような事態をまねくはずがございませんし、援助などもってのほかでしょう?なのでお断りします。逆にめぐんでください。不況で困ってますねん。」

何言われてもこれでのらりくらりやってればいいと思います。

マトモに相手する時間も金も勿体無い。

なにより効果があるんだと何度でも同じダダをこねてきてウザイ。

スルーで。

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

弁当

また昔みたいに弁当作って会社に持って行こうかなと思い出した。

食費が安くつくし、毎日「今日は昼飯どこで食おうかな」て考えないでいいし。

ただ、“問題は朝起きれるかどうか”ですね。





弁当と言えば、学生時代の弁当は苦痛以外の何物でもなかった。

自分は今、とある場所では“たまご”と呼ばれているが、それはこの学生時代の弁当に関するエピソードが基になっている。

まぁよーするに毎日おかずが馬鹿でかい卵焼き1個だけだったということだ。

変化するものは、卵焼きにかけるものが、しょうゆになるかソースになるか、ケチャップになるかくらいで、いかにその味の差で“違うものを食べてる気”になるかが勝負だった。

これは母親の弁当に対する「そんなものはどうでもいい」「朝早く起きて作るのはめんどくさい」(信じられない人もいるかもしれないが、これは母が常々公言していた言葉だ)というスタンスのせいで、それは結局3年間岩のごとく強固な信念で貫かれたわけだが、そのあまりの質素さに、体が防衛本能を働かせたのか、こんなに成長してしまったのだから皮肉なものだ。

おいらは初対面の人からよく「何を食べたらそんなに背が高くなれるんですか?」と聞かれるが、いつも「卵焼きです」と即答している。

だって成長期に食ったものの記憶がそれくらいしか無いのだ。

もちろん晩御飯は違うことが多いが、食事のほぼ1/3が卵焼きと言うのはすごいことだと思う。

養鶏場で働いてる人でもそんなに食う人はいないのではないだろうか?多分日本人の卵の年間消費量の1%くらいはウチだろう。

さて、とはいえ、年間通して100%卵焼きということはさすがに無い。ごく稀に違うものが入るときがある。

だがそれは「たまには違うものを入れてあげよう」というポジティブな意思から行なわれているわけではなく、単に「あ、昨日の晩御飯の残りがあるわ。あれ使おうっと。“卵焼き作る手間がはぶけた”」という極めて怠惰な理由によるものだ。

そしてその稀なケースがさらなる悲劇を生むことがあるから人生とはかくも救われない。

みなさん、タッパーなどではない、単なるアルミの四角いだけの弁当箱に汁気のあるおかずを入れたらどうなるかわかりますよね?

ええ、察しの良い方は早くも薄ら笑いを浮かべていることでしょう。

いや、「俺も経験あるよ!」と涙ぐんでる人すらいるかもしれません。


厚揚げの煮物が入る
    ↓
カバンの中で弁当箱が斜めになる
    ↓
厚揚げから煮汁が滲みだす
    ↓
漏れる
    ↓
もっと漏れる
    ↓
ひたすら漏れる
    ↓
弁当箱を包む布地で若干ブロックされるが、それでもひるまず滲みだす
    ↓
煮汁が教科書にしみこむ
    ↓
ついでににおいも移る
    ↓   
真っ白なNEW HORIZONが骨董品の色になる
    ↓
俺、泣く
    ↓
俺、グレる

ひたすら凹む。

凹むが腹は減る。

汁気が飛び、バッサバサになった厚揚げはやけにしょっぱい涙の味。


以上のように、たまに違うことをするとロクなことにならない。

だったらもう一生卵焼きでもええわと。

卵焼きは汁がしみださないからええわと。

そりゃ人間自暴自棄にもなりますよ。





他にも

・おかずが缶詰一個
・リアル日の丸弁当(ドカベンと自分以外見たこと無い)
・そうめん(朝作ったのか?記憶が無い)

など、数々のありえない内容があった。

言っておくが、貧困がゆえではない。金持ちではないが、そこまで貧乏でもない。

ただただ作るのが「めんどくさいから」

これが理由だ。


自分より辛い思いをした人が居たら会ってみたい。

開く コメント(2)

WBC優勝

やった〜!!見事連覇!!!

いやぁ・・・今回もハラハラでしたね。まぁ前回に比べれば全然マシだけどね。^^;

しかしイチローはおいしいとこ持って行くなぁw さすがです。スゴイ。

韓国も強かったなぁ。あの粘りは見習いたい。精神的に強かったのはむしろ韓国かもしれないですね。

多分プロ球団一つ一つのレベルで見れば日本のほうが上なんでしょうが、寄せ集めると韓国は強いみたいな。

全体的な選手のレベルはまだまだ日本のほうが上のような気がします。



さて、優勝は素直に嬉しいんですが、どうしても解せないのが原監督の最後の采配。

ええ、ダルビッシュの起用です。

原監督自体は選手時代から好きでしたし、監督になってからも好きです。

でも今日のダルビッシュをクローザーとして起用したのには絶対に納得がいかないし、理解もできません。

自分が虎ファンだということを差し引いても、あれは絶対におかしい。

勝てたからまだいいですが、これで負けてたら大変な采配ミスだったと言われてもしょうがないでしょう。

あの時点でなぜ藤川じゃなくダルビッシュだったのか?

なんのためのクローザーなのか?

自分はダルビッシュはすごいピッチャーだと思います。

けれどもそれは先発としてです。

先発とクローザーは全く別物だと自分は思っています。

もし単にすごい球を投げるピッチャーがどんな状況でも1番だというなら、そもそも抑えや中継ぎといったポジションをわける必要がありません。

そういったポジションが分かれるのは、先発には先発としての資質、クローザーにはクローザーとしての資質というものが存在するからです。

それはメンタル面であったり、一瞬でピークの力を発揮できる才能だったり、いろんな要素がかみあいます。

とくにいつもピンチで登場し、絶対に抑えなければならないという修羅場をくぐってきた数、そこから得られる勝負勘みたいなものは、単純にストレートのスピードやスライダーの曲がりでは表すことが出来ないのです。

それこそがクローザーとしての最も重要な資質であるということです。

もっとも、クローザーはその仕事の重要度から、技術面でのスゴさは持っててあたりまえでもあります。

その上でメンタル的に特殊だということです。

また、今回予選ラウンドから、ダルビッシュはWBCの公式球に指が馴染まず、すっぽぬけたりのボール球が多かった。

これは短期決戦では致命的だと思います。

一発勝負でのフォアボールは命取りです。

こういった一流ばかりが揃う大会では、そうそうバカ勝ちは見込めません。たしかにワンサイドゲームはありますが、それはあくまで結果であって、それを最初から計算したり期待したりはできないし、また、やってもいけないのです。

そういう拮抗したゲームでは、えてしてフォアボールやデッドボールから試合が動くことが多いです。

随所で本来の力を発揮できなかったダルビッシュを中継ぎにまわした原監督の采配には正直感心しました。

2〜3イニングなら彼の剛球は活きる。そう思えたのです。

でも、今日の試合、当然藤川だと思った場面でダルビッシュが出てきたときは、一体何をしたいのかと唖然としました。

なぜ今ダルビッシュなのか?

なぜここで彼じゃなきゃいけないのか?

クローザーとして絶対的な信頼がある藤川でダメだったらあきらめもつくが、ダルビッシュで負けたら釈然としない。

正真正銘のNO.1クローザーがいるのに、わざわざダルビッシュを使う意味がわからない。

藤川の調子がイマイチというならダルビッシュは良かったのか?

それに調子云々言うならイチローを外さなかったのはなぜだ?

それこそ信頼感だろう?イチローでダメならしょうがないという、彼なら最後に必ずやってくれるという信頼だろ?

藤川にそれがないなら召集しないでください。

彼は今回リベンジするために気合がハンパじゃなかったんです。

前回WBCではアメリカに打たれてるし、オリンピックでも力を出し切れなかった。

だからこそ、あからさまに出しこそしないが、内に秘める闘志は相当なものだったと思う。

不安は現実となり、ダルビッシュは連続四球の上、打たれて延長戦へ。

彼は長いスパンではバケモノだと思うが、こういう切羽詰った場面でコロリと崩れることが多い。

「え?なんで?」みたいな自滅。調子自体は悪そうに見えないのに。

「策士策に溺れる」ではないが、今回の原監督の采配は、一ファンとして、非常に後味の悪いものでした。

せっかくのハッピーな結果に水を挿されたような気がしてならん。

ただそれだけがどうしても言いたかった。



最後に

サムライジャパン、おめでとう!

イチロー、あんたはやっぱりスゴイ!

開く コメント(8)

SPIDER IN LACTUCA SATIVA

さっき、夕飯用に業務スーパーでレタスを買った。

業務スーパーはいろんな産地の小ぶりなレタスをいっしょくたに売っていて、自分が今まで食べた中で静岡のレタスが一番好きだったので、今日も静岡産を見つけてカゴに放り込んだ。

レジに並び、さぁいよいよ自分の番というところで、レタスを包んだ透明のセロハン?とレタスの間に異物を発見。

どうも何かの葉っぱというか、茎のようなものがまぎれこんでる。

今まさにレジに通されそうになった瞬間、それは巨大な蜘蛛だということに気がついた。

「ちょ!!!ストップ!ストップ!」

「なになになに!!!」驚くレジのおばちゃん。

「蜘蛛!蜘蛛入ってる!!」

「きゃぁ!!何!どこ!蜘蛛!どこ!」

「レタスレタス!レタスの中!!」

「うわ!大きい!なにこれ!どうやって入ったの!!」

「いや、入ったんじゃなくてレタスについてたのを気がつかずに包んだんでしょ!」

「そうか!そうね!普通そうね!」

「そうですよ!普通そうですよ!」

「じゃぁおにいさん、このレタス戻してきて!!あっちに戻してきて!!」

「ええええええ!戻したらまた違う人が買いますよ!!」

「いいから戻してきて!!いいから!!」

いいわけねぇだろ!!!と思いながらレタスを持って店内を走る俺。

ちょうどスーパーに野菜を卸してる業者のオッサンがいたので、レタスを見せて言った。

「おっちゃん!これ!蜘蛛入ってる!!」

「はぁ?蜘蛛?くもってなに?」

「蜘蛛は蜘蛛!スパイダーマンの蜘蛛!!」

「うわ!ほんまに入っとるわ!でかっ!この蜘蛛でかっ!」

「これ処分してください。うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ生きてるぅぅぅぅぅううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううごいたああああああああああああああああああああああああああああ」

無事にレタスを交換し、レジに戻った。

おばちゃんは待っててくれた(あたりまえだが)。

会計は、卵(10個パック)と絹こし豆腐2丁、蜘蛛の入ってないレタスで、合計200円ちょっとだった。やすっ!

あまりの安さにレシートと商品のポップを見比べたが、間違ってなかった。恐るべし業務スーパー。

これで蜘蛛入ってなかったらもっといいんだが。

帰宅途中、ちょうど友達から電話がかかってきたので、今あったことを話すと、

「蜘蛛がついてるってことは農薬とか少ないんじゃね?だからエサになる虫を狙って蜘蛛がくるんじゃね?」と言われた。

蜘蛛が必ず畑で混入したとは言い切れないが、そういわれるとなんだかいい買い物をしたような気になって、むしろ今後もどんどん蜘蛛さん入ってくださいとすら思えた。

だが、実際にレタスを剥くとき、もしかしたら葉の下からウジャウジャ出てきたらどうしようとか想像し、かなりビクビクしながらサラダを作ったことは誰にも話さない。

開く コメント(4)

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事