スコアブック使いと少年

「全国野球場巡り」(2017現代書館)の著者です。旅、読んだ本を語ります。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

日記

日記  20110616

本日は休日だったので、午前中から国会図書館へ。

球場めぐりをしていて、全国各地で野球を観ている私は、その試合の結果を伝える
地方新聞の記事をスコアブックに貼り付けておくことにしており、
その記事を収集するため国会図書館に行ったのである。
(国会図書館では、全国の地方紙を閲覧・コピーすることができる)

記事収集の後、近々踏破する予定の「日鉱神峰球場」について調べる。
かつて茨城県の日立市には「日鉱日立」という社会人野球チームがあり、
この「日鉱神峰球場」が、そのチームが使用していた球場であれば
踏破の値打ちが大いにあるが、そうでなければ踏破の値打ちがさほどでもないので
調べたのである。
日鉱日立の野球部史の本や、昭和40年代の日立市の地図などを見て調べる。
調査の結果、現在の球場は、かつて社会人チームが使っていた球場とは別物と判明。
まあ踏破するかどうかは半々ですね。

他に、「仮面ライダー」のメイン脚本家であった伊上勝の評伝も読む。
伊上の息子でこれも脚本家の井上敏樹が書いている文章はすごい。
圧倒される思いで読む。
(脚本家としての井上にはまったく興味がないけど)

あと、寺田ヒロオ編集による「『漫画少年』史」も初めて見てみる。
手塚、藤子、赤塚、石森らを輩出し、マンガ史に大きな功績を果たした雑誌
「漫画少年」がどういう雑誌であったか概観できる、寺田氏の労作である。
寺田氏がいかにマンガ文化を純粋に愛していたかを思い知る。
でも、純粋すぎる人って往々にして周囲から浮いてしまいますね。

16時35分まで国会図書館にいて、その後17時過ぎに池袋へ到着。
池袋で、秋田の天気予報を電話で聞いて、
(天気予報は17時に発表されるので最新の情報を聞くのだ)
週末の秋田遠征を決行と決める。梅雨の時期は特に天気の確認が重要だ。
現在発売中の「JR東日本パス」を買う。
これは1万円でJR東日本管内が新幹線含め1日乗り放題という
特別企画切符である。
これを使ってこの週末は秋田に行ってくる予定。観戦するのは中学野球。
当然球場踏破が目的。
でも秋田の中学野球は雰囲気が大好きなので楽しみ。
今の高校野球が失ってしまった「おらが町の子供たちの野球を応援しよう」
という、暖かな空気が秋田の中学野球には溢れているのだ。

17時半ごろ、自宅最寄りの西武池袋線「江古田」駅に戻り、
行きつけのモツ焼き屋「四文屋」でビール。

こうして休日は暮れていくのでした……

開く コメント(0)

ダール劇場14「新案育児法」  20110616

(あらすじ)
主人公は有名な養蜂家の中年男。
9年間の子作りの末、最近ようやく子宝に恵まれた。しかし妻は、
赤ちゃんがミルクを全然飲まないことを真剣に悩んでいる。

ある時、主人公はふと思いつき、ミルクの飲ませ当番を買って出る。
そして主人公がミルクを飲ませ当番をするようになってから、赤ちゃんは
急に、ミルクをぐんぐん飲みだし、太り成長し始めた。
妻は、なぜだろう?と不思議がりながらも大喜びする。
実は主人公は、ミツバチの作るロイヤルゼリーを赤ちゃんのミルクに混ぜて
飲ませていたのだ!

主人公はある時、ついに我慢できなくなり、その秘密を妻に言ってしまう。
妻は激怒する。あなた赤ちゃんに何を飲ませてるの!
主人公はだんだん興奮してきて、
さらに秘密を告白するのだが……

(感想)
間違いなく面白くはあるのだが、ストーリー、オチともに予想の範囲を
出ていないので標準作だろう。評価は△。

ここまで、このシリーズを14本観たが、
◎を超傑作、○を傑作、●を凡作、△を中間として、
◎◎●●● △○○△△ △●●△ 
で、4勝5敗5分というところである。

ビデオで撮影された作品。
(ここまでのオールフィルム作品は6本)

開く コメント(0)

(ドラマ)男たちの旅路・第三話「猟銃」  20110615

脚本・山田太一。傑作である。DVDで見た。

(あらすじ)
主人公・鶴田浩二司令補の勤務するガードマン会社が警備するビルばかりに
何者かによって猟銃が撃ち込まれる事件が相次ぐ。犯人の狙いは何か?

その頃、鶴田の頑固な人間性に嫌気がさし、ガードマン会社を退社した
森田健作、水谷豊、桃井かおりの三人は無為な日々を過ごしていた。
特に森田は、自分の母親が若いころ鶴田と知り合いだったと聞いて、
どんな知り合いだったのかと気になって仕方がない。

森田はついに母親(久我美子)を問い詰める。
久我は、これでも若いころはモテたのよ、と話し始めた……

母の話を聞いた森田、水谷、桃井の三人は鶴田を訪ねる。
鶴田は「お前らもヒマだな」と呆れながらも、観念したのか、
これまで語りたがらなかった久我との経緯を三人に語って聞かせた。

それは戦争末期、飛行兵だった鶴田がいつ特攻隊として出撃させられる
かもしれない頃の話だった。
鶴田とその親友は、勤労奉仕に来ていた女学生の久我に一目惚れした。
鶴田とその親友は、ともに久我と結婚したいという気持ちを譲れず、
殴り合いで決着をつけた。鶴田が敗れ、親友が勝った。
ところが、親友は久我に求婚する勇気が出なかった。いずれ死ぬ身だからと。
そして鶴田に、「お前生き残ったら久我と結婚して幸せにしてやってくれ」
と言った。そして親友は戦死し、鶴田は生き残った。
鶴田は自分だけが幸せになる気にはなれず、久我を愛していたが結婚しなかった、
という。

水谷はその話を笑い飛ばす。死んだ親友に義理立てして女と別れるなんて
信じられないね!と。話がキレイすぎて信じられないね。
鶴田は言い返す。じゃあお前らは汚なきゃ信じるのか。ズルきゃ信じるのか。
お前ら若い奴はそうやってタカをくくっているが、こういう人間だっているんだ。
30年前に死んだ親友を忘れない人間だっているんだ。
人間みなが、得なほうに転ぶような、人間はそんな単純なもんじゃないんだ、と。
森田が云う。それならウチの父親が可哀そうだ。母が貴方を愛し続けていたために
父は母から愛されなかった。貴方が母と結婚していれば、父は優しい妻と
出会えたかもしれないのに!
鶴田は言う「そんなことはない。お母さんはもう忘れているよ」
森田は言い返す「貴方が30年前の親友を忘れないように、母も貴方を忘れて
いないんです」
鶴田は何も言えなくなる。

鶴田の話に心打たれた桃井は、また鶴田のもとで働きたいと、
ガードマン会社に戻りたくなる。
それで深夜、森田、水谷とともに鶴田の警備現場に会いに行くが、
鶴田ともども猟銃強盗事件に巻き込まれ、監禁されてしまう。
犯人は、水谷顔負けの今風の考え方の若者。
わずかの給料で、生命と引き換えにするなんて馬鹿らしいじゃないか、
どんどん金庫の開け方とか警備装置の解除法とかしゃべっちまいなよ、と
鶴田らガードマン、それに森田ら一般人に猟銃を突きつけて脅す。
鶴田はそこでも「タカをくくるな。誇りをもって仕事している人間だって
いるんだ」と犯人に説教するが、逆上した犯人に猟銃で撃たれてしまう。
反抗しなかった水谷、森田、桃井だが、ついに桃井が口火を切り、
犯人に反抗、みごと犯人を取り押さえる。三人は鶴田が言っていた「人間が
損得では動かない状況」を体験した。あらためて鶴田に深く影響を受ける三人。

後日。水谷と桃井はガードマンに戻り、森田は別の道を歩み始めた。(おわり)

(感想)
中年ガンコ親父の鶴田と、若い世代の対立が面白いこのドラマ。
この回では、世の中に、人生に、人間に、「タカをくくる」、
「若い世代の醒めた態度」と鶴田が対決します。
この回は第1シリーズの最終回ということもあって、
このシリーズのメインテーマをぶつけたといっていいでしょう。

この回の物語の構造は、

1、ナメた態度の若者がいる。
2、若者は年長者に諭されるが、バカにして聞き入れない。
3、若者は、自分よりも、もっとナメた態度のヤツと出会う。
  (若者は自分の姿を鏡で見る)
4、若者は改心し、年長者の言っていたことを理解する。(成長する)

というようなものです。非常に基本通りであることがわかります。
だからこそ面白いのです。

中盤の、鶴田と若者三人のディスカッション場面が面白すぎて、
終盤の強盗事件のくだりが物足りなく思えるほどでした。
やはりこのシリーズは面白いです。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事