ここから本文です

森綾のおとなあやや日記

もの書きで歌うたいな森綾のone note samba

 一つ前のブログで私が感じたことというのは、

 ひょっとしたらオリンピックに対する不安と懐疑だったのではないかと、

 ふと気づいた。

 オリンピックのイメージって、すごく公明正大なものじゃないですか。

 なんだかその裏に隠れてるものすごいドロドロしたものの

 気配を感じてしまったのかも。

 国民一丸となってみたいなのも怖いし。

 フィギュアスケートという種目にしても、

 何回転飛ぶかみたいなもので競う時代になっているのだけれど、

 それでいいのかなあと。

 私は羽生選手が出て来たばかりの頃の、

 のびのびした感じ、

 今まで誰にも出せなかった「少女のような」舞うような美しさが

 すごく好きだったのだけれど。

 人間を肉体改造してサイボーグみたいに強くしていくみたいなのは

 あまり好みではない。

 そもそも「勝つぞー」「勝ったー」みたいなことではなくて

 参加することに意義があるのですよね。

 まあ、この大会が始まったばかりの頃にあまり結果が出なかった日本の選手たちに

 ぱっとしないなあ、なんていう気持ちも湧いたりした自分がいたので、

 人間って、ヤなものなんですけどね。

 「勇気をもらいました」とかいうけど、

 みんな、自分が頑張らないとね。

 もらいっぱなしではあきまへんで(笑)。

 

 
 

 

書庫その他の最新記事

すべて表示

    記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事