DTPエキスパート認証試験に合格する最短コースは、通信教育や通信講座、スクール、学校に行くのが一番の早道です。確かに費用がかかってしまうのが難点です。しかし、最短距離で確実に合格に近づくことを考えれば、一度は受講を検討すべきです。なぜなら、このような通信教育や通信講座、スクールでは、過去何年にもわたって蓄積したプロの学習プランとコミュニティがあるからです。一人でも多くの人が、効率良く合格するために練りに練られた学習プランです。今すぐ資料を請求して、その学習プランとコミュニティがどのようなものか? だけでも知っておきましょう。

>> ヒューマンアカデミーのDTPエキスパート認証試験対策講座
(最新のDTPエキスパート認証試験情報、活躍状況などを収録した資料を無料で配布中。応用レベルのスキルを強化して、確実に合格を目指す。学科と実技の直前対策講座のカリキュラムが魅力です。)


DTPエキスパート認証試験に一発合格するウラ技


DTPエキスパート認証試験資料・費用ゼロ収集法

「どうしたらDTPエキスパート認証試験に合格できるだろう?」

「やる気はあるけど、空回りばっかり・・・」

「周りに話す人がいなくて、ストレスがたまる・・・」

もしあなたもそうなら、正直なところ、なかなか思うように
学習が進まないのではないでしょうか?

勉強は、孤独で辛いものです。
問題集に向かって、「この一冊を終えるのに、どのくらいかかるだろう・・・」
なんてハァ〜っとため息。

自分では気づかないうちにイライラが募り、家族や大切な人に八つ当たり。
身をけずる思いで一冊の問題集を終えたとしても、どうでしょうか?
DTPエキスパート認証試験に合格する可能性は100%ではありません。

しかし100%に限りなく近づける方法があります。
今すぐできるのでやらない手はありません。

それが「DTPエキスパート認証試験資料・費用ゼロ収集法」です。

なぜこの方法が100%に限りなく近づけるのでしょうか?

その理由は、

1.DTPエキスパート認証試験に合格した人の体験談がわかる。

2.効率的な学習方法がわかり、ムリ、ムダのない勉強をするようになる。

3.DTPエキスパート認証試験を目指す人の今を知ることができる。

4.最新のDTPエキスパート認証試験対策がわかる。

5.費用がかからないので、今すぐできる。

6.インターネットでできるので、簡単でスピーディ。

7.ほぼ1週間程度で準備できる。


これだけメリットがあるのに、なぜ費用がかからないのでしょうか?
その秘密は、スクールや通信講座の資料を集めるからです。

これらの資料は、インターネットで請求できる上に、無料で送られてきます。
もちろん広告だから無料なわけですが、
広告以外にかなり役立つ情報も送られてくるのです。
ここがポイントです。

リアルタイムで役立つ情報は、普通お金を出して本を購入しなければなりません。
しかし、本では情報が古い場合もあるのです。
その点、この方法ならDTPエキスパート認証試験の今を知ることができます。

しかもスクールや通信講座会社が長年のノウハウで積み重ねた
効率の良い学習カリキュラムを知ることまでできるのです。

それだけではありません。

合格後の就職状況や仕事内容も知ることができます。
そのほとんどが一流のスクール、通信講座会社ばかりなのです。

このような有益で費用のかからないDTPエキスパート認証試験を目指す人のための情報が、
今ならすぐに入手することができます。

しかし、インターネットの世界は移り変わりも激しく、
将来もこの方法が可能とは限りません。
なぜならスクールや通信講座会社も、広告費用に見合わないと判断すれば、
直ちに無料で資料を送るのはやめるでしょう。

そこで、今すぐこのDTPエキスパート認証試験資料・費用ゼロ収集法を実行してみてください。
損することは一切ないのですから。

実行するのは、とってもカンタンです。

下記が無料でDTPエキスパート認証試験の資料を送ってくれるところです。
リンクしていますので、今すぐクリックしてみてください。
そしてあなたもリアルタイムなDTPエキスパート認証試験情報を得てください。

>> ヒューマンアカデミーのDTPエキスパート認証試験対策講座
(最新のDTPエキスパート認証試験情報、活躍状況などを収録した資料を無料で配布中。応用レベルのスキルを強化して、確実に合格を目指す。学科と実技の直前対策講座のカリキュラムが魅力です。)

この記事に

DTP関連資格はいくつかありますが、最も難易度が高く、また認知されているのがJAGAT(日本印刷技術協会)が認証する「DTPエキスパート」です。この試験は2年に1回改訂されるカリキュラムに沿って行われますが、改訂されるごとに新しいジャンルが加わり、難易度が高くなっていきます。

本書は、2008年12月に改訂されたカリキュラム第8版に完全対応した唯一の対策本。豊富な図版と的確な解説、そして公式模擬試験と模範解答で、学習の成果を確認できる受験者必携の1冊です。企業受験のテキストとして数多く使われている、最も信頼できる対策本が本書です。

目次
第1編 カリキュラム
1.0 グラフィックアーツ
1.1 プリプレス概論
1.2 印刷企画と編集
1.3 色
1.4 イメージキャプチャ
1.5 レタッチ
1.6 カラープロセス
1.7 CTP とフィルム出力
1.8 印刷
1.9 品質管理
1.10 後加工
2.0 コンピュータ環境
2.1 ページネーションデータ
2.2 ハードウエア
2.3 オペレーティングシステム(OS)
2.4 入出力
2.5 ネットワーク
2.6 画像処理
2.7 アプリケーション
2.8 システム設計

第2編 課題制作
1.0 課題制作45
1.1 課題制作の手引き[課題B:チラシ]
1.2 課題制作の手引き[課題A:ページ物]
1.3 作品
1.4 制作指示書

この記事に

「DTPエキスパート認証試験」の認証委員を務める著者グループが、具体的かつ実践的な試験対策を網羅・解説しています。
DTPエキスパート認証試験に臨む人に最適の問題集として好評をいただき、同試験用問題集の中で販売実績はNo.1です。
28-29期模擬試験の要点を分析してわかりやすく解説し、課題制作試験も最新の出題傾向に対応。また試験対策はもちろん、現在の印刷業務に関するハードやソフト、規格、業界用語などについてのさまざまな知識やノウハウが同時に習得できる問題解説も○です。
資料として、GCR用プロセスカラーチャートや最新版の校正記号表(JIS Z 8208:2007)などを掲載。

目次
傾向編
DTPエキスパートの意味と勉強方法
新傾向について
本書の使い方について
試験勉強の方法について
DTPエキスパートとは/合格後の資格活用
申請の流れについて
試験の出題範囲について
出題傾向について
出題傾向と第29期模擬試験問題
出題傾向と第28期模擬試験問題(抜粋)
第29期模擬試験模擬回答
第28期模擬試験模擬回答
新規問題/更新試験対策問題集

対策編I 新規&更新試験問題
対策編II 頻出問題
対策編III 課題制作試験対策

この記事に

本書は、DTPエキスパート認証試験問題に必要な5つのカテゴリーごとの設問とそれの解説という形式をとっています。付録の「DTPエキスパートカリキュラム」に対応した内容となっており、カテゴリー別の学習ができるように編集されています。その5つのカテゴリーに正解率チェックシートをつけ、得意・不得意分野の確認が容易になりました。

現役DTPエキスパートである著者の徹底解説により理解度が深まる本書は、DTPエキスパート試験を目指す人たちの必読の書と言えるでしょう。

目次
Category-1 DTP関連知識
Q1. 使用可能字種
Q2. デジタルカメラの保存フォーマット
Q3. 画素数と解像度
Q4. 貼り込みデータの確認
Q5. 画像ファイルのメタデータ
Q6. DTP組版設計
Q7. デジタルカメラの特性
Q8. DTPによる最終出力
Q9. Photoshopのカラーマネジメント
Q10.DTPワークフロー
Q11.フィルムカメラとデジタルカメラ
Q12.デジタルカメラによる撮影

Category-2 印刷発注側知識
Q1. 電子メール
Q2. 制作の進行と管理
Q3. 商業印刷物の設計
Q4. 注の組み方
Q5. 和欧フォントのマッチング
Q6. DTPデータの帰属
Q7. 個人情報保護法
Q8. 原稿整理

Category-3 印刷工程知識
Q1. フォトレタッチ
Q2. モアレとスクリーニング
Q3. シャープネスの設定
Q4. 制作の工数
Q5. フィルタ処理
Q6. 校正の目的
Q7. 印刷後加工
Q8. 露光アンダー、露光オーバー
Q9. プロセスインキの濃度と色

Category-4 色の知識
Q1. デバイスプロファイル
Q2. 網パーセントと色
Q3. 印刷色と管理
Q4. 照明と色評価
Q5. 配色
Q6. 色の混合
Q7. 色再現のサイエンス

Category-5 コンピュータ関連知識
Q1. RIP処理
Q2. WebDAV
Q3. モニタの調整
Q4. データの表現
Q5. リモートファイル操作
Q6. 記憶容量と様式
Q7. SQL
Q8. Windowsの出力
Q9. 無線LAN
Q10.データ圧縮
Q11.メタデータ

この記事に

はじめまして

During preparations topic(DTPエキスパート認証試験)


・個人的なことになりますが、ただ今、日本印刷技術協会(JAGAT)主催の「DTPエキスパート認証」の更新試験に取り組んでいるところです。これは、印刷営業が印刷に関する知識を効率よく学習できるようにと始められた認証試験で、初回の受験後、2年に1回、 ...

・第32期DTPエキスパート認証更新試験の提出期限(9月16日)まであと1日という今日、やっと解答用紙を郵送することができた。参考書には「DTPエキスパート試験スーパーカリキュラム 第8版対応 」を使ったが、この最後に載っている公式模擬試験問題からその ...

・本日は取得して2年が経過したDTPエキスパート更新試験提出の締切日。更新試験は参考書使用可の在宅試験なんですが、350問余りの設問があり、昨晩から取り掛かりましたがそれなりに手間がかかり、ちょいと疲れました。2年前の受験時は営業をしており、資格 ...

・DTPエキスパート認証試験とは、DTPに携わる、企画、デザイン、編集、製版、印刷などの仕事に関するプロの共通知識を証明する試験です。 DTPとは出版物のデザインやレイアウト、組版などをコンピューターで行うことをいい、DTPエキスパート認証試験は日本 ...

・jagat(日本印刷技術協会)のdtpエキスパート更新試験の問題が送られてきました。 私2回目の更新です。 私営業ですし、そんなん聞かれても……的なむず〜い問題ばっかです。 しかし、いつも思うのは、 カラーマネジメントやpdfを使ったワークフローなど ...

・8月23日(日)に「第32期dtpエキスパート認証試験」の筆記試験がおこなわれました。dtp業界に必要なスキルから700問以上の問題を4時間を掛けて解いていきます。筆記試験が終わった時にはみんなヘトヘトになっていました。 しかし、試験は筆記試験で終わり ...

・8月24(月)から送付を開始しております、DTPエキスパート認証試験・更新試験の問題に不備がございました。 ……今回だけだな、本当に今回だけなんだろうな。 なんか毎回、実はひとつふたつ不備があったとかいうことはないんだろうな。 ...

・「DTPエキスパート」の「DTP」とはディスクトップ・プリプレス。出版・印刷業界で編集者やデザイナー、印刷会社をとりまとめ、円滑な作業を指示、管理するための知識や技術などの能力を証明する資格。 受験資格は特になく、DTPに関心のある方ならその資格 ...

・※「ポイント解説」とは、当日の筆記試験直前に行われるもので、現役のDTPエキスパートによってカリキュラムの要点をおさらいします。知識習得が目的ではなく、受験者の知識整理が目的の講座です。したがって、当日は質疑の時間等は取れませんので ...

・DTPエキスパート更新試験合格! 遅ればせながら先週半ばに合格通知と新しい認証カードが届いた。 平均点より?1点で合格。 まぁ受かればそれで良い。 【資格の最新記事】. DTPエキスパート更新試験完了! DTPエキスパート試験合格! eco検定 ...

・突然ですが、僕はDTPエキスパートなんです。 DTPエキスパートって言われても、印刷・デザイン業関係の人以外にはまったくなじみのない言葉だと思うけど、この業界では、まあそこそこ知名度のある資格じゃないかと思います。 その名のとおり、DTPの ...

・dtpエキスパート認証の更新試験を受けた。 結果、滑り込みでなんとか更新成功。 もう一度更新させればゴールドクラス。 dtpエキスパート認証は、 jagat(日本印刷技術協会)が運営してるパブリッシングに関するライセンス。 dtpと言われても結構範囲が広く ...

・JAGATによるとDTPエキスパートの認証および登録期間は、技術進化や仕事環境の変化を考慮して2年間としてるそうですが、日進月歩で新技術が誕生する、DTP業界では過去の栄光にあぐらをかいていたら、すぐに取り残されてしまいますので、DTPエキスパートの ...

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事