はぎさんの山日記

むさしの山の会(労山)では仲間を募集しています。ブログは山行記録、会報からの抜粋が主です

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11

イメージ 11

   笹ヶ峰-火打山-妙高山-燕温泉 8月26日-27日  4人

 火打山は高谷池、天狗ノ庭の湿原が魅力的だ。一方、妙高山は岩っぽい山頂付近が特徴である。どちらとも山頂からの後立山連峰から槍ヶ岳などの展望が素晴らしい。高谷池のテント場は狭く、高谷池ヒュッテも混みあう。泊まれない合は1時間北の黒沢池ヒュッテ泊まりになる。今回は高谷池ヒュッテをキャンセル待ちにしていたら、直前に空きが出て泊まれることになった。
      9月26日 高谷池ヒュッテまでと火打山登山
 珍しく新幹線での出発、長野からは「しなの鉄道北しなの線:長野-豊野でJRではない」に乗って妙高高原まで約1時間の乗車だ。ちなみにこの線では18切符は使えない。電車の中から予約したタクシーで笹ヶ峰の登山口まで行く。お寺の山門のような門を潜って登山道に入る。ブナなどの広葉樹の林床に笹が繁った緩やかな道だ。このところ雨が多かったので泥濘(ぬかるみ)が所々にあるので、途中でスパッツを着けた。
 少し勾配がきつくなって起伏を行くと黒沢だ。水量の多い沢をしっかりした黒沢橋で渡って一息入れた。ここが小屋までの最後の水場である。ここからは本格的な登りになって、やがて「十二曲」の登りになる。この登りの途中では後ろに白馬岳などの後立山連峰の山並みが見えていた。花を見ながら、写真も撮りながら行くので、きつさを感じずに「十二曲」を登り切った。途中にツルニンジン(ジイソブ)の花があった。そっくりの花でバアソブがあり、ツルニンジンの方が花が大きい。
 「十二曲」上から暫く登って行くと富士見平だ。ここは黒沢池に行く道と高谷池への道の分岐だ。そこから暫く登って行くと山腹の右をトラバースするような道になり、やがて火打山と焼山が見え、程無く高谷池ヒュッテの三角屋根が見えて来る。南側に目をやると槍ヶ岳までの山々が見えていた。
高谷池ヒュッテで宿泊手続きをして火打山へ出発。高谷池を半周、高台に上がる道からは高谷池が俯瞰される。何時見ても感動する景色だ。高台に上がり切ってイワショウブなどの花が咲く草原の木道を行けば天狗池に至る。
 天狗池は多数の池塘があって、移動する度に夫々の池塘に火打山が映る。池塘の周囲は、まだワタスゲが飾られていた。天狗池を反時計回りに行って、火打山へ尾根を登って行く。全体に土留めの階段が多い。振り返ると天狗池の湿原と。その向こうに妙高山が見えて来る。この尾根には花が多かったが、特にヒメシャジンが群落を作っていた。山頂に着く頃になって周囲の山にはガスが懸かって、白馬などは見えなかったが、天狗池側はずっと晴れていた。夕食後の日の入り時間には晴れて、綺麗な夕焼けになった。
     9月27日 妙高山を越えて燕温泉へ
 5時に出発、笹原の掘れて小さな沢を行くような感じの道で始まる。勾配は緩やかだが歩き難かった。登り切ると東側が見えて、ちょうど朝日が昇った所で、雲海が綺麗だった。そこから間も無く茶臼山。ピークの感じは無く、通過点の感じの山頂だった。そこからは下り一方で黒沢池ヒュッテだ。
黒沢池ヒュッテからは登りになって大倉乗越に至る。乗越に出ると妙高山が近くに見え、眼下には長助池の湿原が見える。乗越から一旦急に下って、山腹の左斜面のトラバース道を行くが、崩壊により新しい道を行く所があった。40分くらい行くと休憩に良い沢がある。その沢からちょっと行くと長助池を経て燕新道への道との分岐だ。妙高山への道に入ると急な登りとなって、1時間以上頑張って稜線に出た。そこから暫く行くと、岩屋の中にお社があった。そして北峰はそこから直ぐで、そこは大勢の登山者で賑わっていた。山頂標柱で写真を撮り、近くの岩の上で休憩とした。
 そこは絶好の展望台、白馬岳から五竜、鹿島槍などの後立山連峰の峰々、五竜の後には立山、不帰ノ剣の後に剣岳が見え、野口五郎、笠ヶ岳、槍ヶ岳、穂高なども見え、更に遠くに八ヶ岳、南アルプス山塊が見えていた。勿論、高妻山、火打山など近くの山は言うまでも無い。休憩後は10分足らずの南峰に行って昼食休憩とした。南峰2,454m、北峰2,446mと南峰の方が高いが、北峰の方に立派な山頂標柱があった。
 南峰からは岩場の下りで鎖場もあるが難しくはない。それよりも、その先の石がゴロゴロした道など長い行程で疲れた。風穴、光善寺池、天狗堂(ロープウエイへの分岐)、湯道分岐などを経て行く。温泉の管理小屋に着けば、後は舗装された道になって、昔のスキー場に出ると「黄金の湯の」露天風呂がある、秋には紅葉した葉が湯面に浮いて黄金色になるからと云う。今回はホテルの温泉だけにした。白濁した熱い湯でした。
 燕温泉からはバスで関山駅→しなの鉄道→長野に出て、新幹線で帰京した。
「あさま」も指定席は満席だったが、自由席は十分空席があった。
高谷池ヒュッテ:夕食はカレー(ハヤシもある)ライスでお代わり自由。朝食は弁当にしたら、レトルトの赤飯をレンジで温めたものだったから(料金が安いのが頷ける)、持参した方が良いですね。朝はポットは置いてなかった。
   タイム
8/26 西国分寺5:37-大宮6:24/6:42-長野7:38/7:46-妙高高原8:30-笹ヶ峰9:25-黒沢10:30-
   富士見平12:35-高谷池13:40/13:55-火打山15:20/15:35-高谷池17:00
8/27 高谷池5:10-黒沢池6:05/6:30-大倉乗越6:55-水場7:35/7:50-妙高山北峰9:10/9:20-
   南峰9:35/9:55-鎖場10:15-光善寺池11:00-天狗堂11:10-湯道分岐11:55-源泉保安小屋12:25-
   燕温泉13:00/14:30
費用:八王子-妙高高原(新幹線指定)8,140 妙高高原-笹ヶ峰タクシー6,460 
高谷池ヒュッテ二食付き6,670 燕温泉(花文500,400) 燕温泉-関山バス500 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事