はぎさんの山日記

むさしの山の会(労山)では仲間を募集しています。ブログは山行記録、会報からの抜粋が主です

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7

イメージ 7

    位ヶ原から乗鞍岳 2018年4月28日-29日 2人
 ゴールデンウイークは雪の山に行くのが恒例で、ピッケル無しでも登れる山として尾瀬が多かったが、今年初めて展望の良い乗鞍岳にした。残念ながら雪山は?と辞退者があり、二人だけになった。ここは春スキーの人が多く、山岳道路が開通するまでは三本滝から歩いて登っている人も多い。連休に合わせて道路の除雪が進んで、4月28日から位ヶ原山荘までバスが運行されるので、一泊での登山が可能だ。
    4月28日 位ヶ原山荘まで
 初日は交通機関で行くだけだ。特急で行く娘と松本で合流、新島々から乗鞍高原に行き、発車時間まで1時間、雪の乗鞍岳を眺めながら待ってたバスで位ヶ原山荘まで観光道路を上がって行く。上部に行くと雪の壁がバスの高さ程の所もあった。夕食まで時間があるので明日の下見に行った。それほど登らなくても槍穂高が見えました。山荘の夕食は鹿肉、キクラゲ、白菜の鍋、リンゴのワイン漬けなどのサラダでした。ちなみに乗鞍高原でも、小屋でもビール、ワインなどは同じ金額でした。
    4月29日 乗鞍岳山頂往復、帰路
 10分ほど除雪進行中の舗装道路を行って適当に雪原に入る。急な登りは無く、肩ノ小屋登山口(トイレ舎あり:使用不可)まで上がる。そこでアイゼン、娘はチェーンアイゼンを付けた。夏道のトラバース道が分からないくらいになっている雪の浅い谷地形を朝日岳と蚕玉岳との鞍部へ上がる。どちらも岳とあるが小さな盛り上がりに過ぎない。ここで山頂神社が望める。西側は崖っぽいので雪が無い。やや狭くなった尾根を山頂小屋(屋根だけが雪から出ていた)を経て山頂に着く。ここで初めて木曽の御岳山が見える。 数年前に噴火した山だが、煙は上がっていなかった。娘は明日から四国の剣山に行くので早めに帰ろうと、ひとしきり山々を眺めて、長居せずに一気に下った。下りでは、朝は締まっていた雪が軟らかくてアイゼンの利きが悪く、急に感じた所も一部あったが気にせずに下った。
 山頂からの展望だが、北アルプスの中心部である槍穂高連峰、その右に常念山脈があり、雪は、もうまだら模様になっている。一方、眺めの真ん中には水晶岳、その奥に立山、剣岳があり、更に左には笠ヶ岳、それに重なるようにして黒部五郎、鷲羽、薬師岳などがあり、どちらも、まだ真っ白に見えていた。一番左には北ノ股が一つ離れてあった。東には浅間辺り、更に八ヶ岳連峰、南には南アルプス、中央アルプス、西には加賀の白山などがあった。
 定刻より遅れて上がって来た一番バスの折り返し便で乗鞍高原に下り、新島々行きのバスまで1時間も待つため時間が十分あるので、「ゆけむり館」で浴槽から乗鞍岳を眺めながら白濁した温泉を楽しんだ。

4/28 高尾8:10-松本11:44/12:09-新島々12:39/13:09-乗鞍高原13:37/14:20-位ヶ原山荘14:47
4/29 位ヶ原山荘4:50-肩の小屋入口5:50-乗鞍岳山頂7:25-位ヶ原山荘9:00/9:32-
   乗鞍高原10:10/12:13-新島々13:00/13:26-松本13:55/14:17-八王子16:40
 費用
松本-八王子3,320+特急2,610 松本-位ヶ原(ツーデーパス)6,000 
位ヶ原山荘(夕食のみ)6,800 ゆけむりの湯620(100円の割引き券使用)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事