徒然フットボール <カタールワールドカップチケットGETの道>

ユーロ2020年欧州選手権(UEFA EURO 2020)、2022年W杯カタール大会(WORLDCUP2018)めざして

全体表示

[ リスト ]

     
   
      
ナビスコ杯決勝、日本シリーズと、地味な前評判とは裏腹に、試合は面白い展開になってる。だから、このアジア大会でU-21サッカー日本代表は、予想外の活躍を見せる。…とはならない。残念ながら、そこまで番狂わせをするほどの材料はない。あるとしたら、相手の自滅か事故か奇跡しかない。

2010アジア大会広州のサッカー競技男子の緒戦は中国である。試合展開は、予想しなくても容易にわかる。序盤立ち上がりから、中国が攻め立て、日本が浮き足立って、バタバタしている間に、失点を重ね、あっというまにゲームは終了するはずだ。日本大使館、中国公安当局は連携して、日本が中国に勝った場合の暴動などを想定し、選手、関係者、日本サポーターの避難訓練が行われているというが、100%無駄骨でしょう。

ただ、逆に言うと、前半序盤の立ち上がりさえ凌いでしまえば、何とかなってしまう可能性もあるにはある。それでも、可能性は限りなく薄い。6万人収容の天河スタジアムは、圧倒的なアウェイである。主審も中国寄りになるのは目に見えている。日本サッカー史上、屈辱的で最悪の試合になる匂いがぷんぷんしているのは間違いない。0-3、0-5は、普通にあるだろうし、大敗は、織り込んでおいた方がよさそうだ。

そういう意味では、腹の立つ試合になるかもしれない。ただ、こういった試合は、視点を変える事をお奨めする。いちいち、中国の馬鹿に付き合う必要もない。まずは、勝敗、結果より、どう闘ったかにある。選手自身が、「なにくそ」という気持ちを見せられるか。逆に、0-1の敗戦や引き分けだとしたら、勝ちに等しいと考えてよい。

そして、今大会は、関塚さんの代表監督としての予習期間と捉えればいいであろう。来年の6月には、五輪予選が始まる。つまり、そこで負けないようにするのが仕事である。中国とは予選本番で再戦の可能性もある。今回は、先日の記事にも書いてるように、時間が無い中、ベストを組めず、その時点で召集できる選手でしか戦えない状況である。今後も、あらゆる不都合を吸収しながら、チームを作っていかねばならない。その入門的な部分として携えるしかない。

また、大会中のチーム作りも、緒戦の中国戦で強烈なパンチを貰い、キルギス、マレーシアで立て直して、調整できればというところ。そういう意味で、緒戦で、どれだけ傷を浅くする事が出来るかがポイントだ。決勝まで中国と当たることはない。決勝トーナメントの緒戦の4戦目で、チームが、そこそこ出来上がっていれば、良いというイメージで問題ないであろう。(まあ、そこまで行くとは思わないが)

正直、召集される選手は、降格もなく、ある程度、順位の確定してしまっているクラブから、選出してもよさそうなものだが、寄せ集めの悪い部分が、緒戦に一気に出てしまうことになるだろう。おそらく、この試合は、翌日のスポーツとは関係ない部分でも、ニュースになるはず。フォーカスされるのは、反日とそれにむざむざと屈したU-21日本の情けなさである。


余談だが、U-19アジアユースに続き、U-16アジアユースでも、北朝鮮が優勝した。このアジア大会でも北朝鮮が優勝するとなると、U-16、U-19、U-23すべてでの優勝となり、アジアユース3冠のトリプレタになるが、それも注目の的である。尚、U-16アジアユースの決勝だが、スタジアムはフル代表以上の観客で埋まり、ゲーム終盤、荒れに荒れた。主審が空気を読まず、ウズベキスタンに退場者を2人も出すと、観客が暴れだし、主審はロスタイム10分を取らずに強行に試合終了という結末だった。あいかわらず、アマチュアリズムで杓子定規な主審が引き金となって、ゲームを壊した典型だった。つねに正義が通るとは限らない。そうあっては欲しいが。


【ここの古参・常連さんでない、通りすがりの方へ】
*記事は、素人の書いたマイノリティなメモレベルです。
*11/7時点の記事であり、最新情報と違う場合がございます。
*遠い過去記事まで読んだものとして、端折っている部分がございます。
*記事内容にある予想スコア、未来予測を当てる意図はござません。仮説設定です。
*日本に勝って欲しい個人的な感情は、排除して書いてます。
*当たりはずれを趣旨とした予想ブログではございません。
     
   
     

閉じる コメント(8)

顔アイコン

記事内容にある予想スコア、未来予測を当てる意図はござません。仮説設定です。
当たりはずれを趣旨とした予想ブログではございません。
って書いてんじゃん。
みんな好き勝手言うならこのブログ見なきゃいいのに。

2010/11/9(火) 午前 0:26 [ yu0*11*8 ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。

日本が良かったというより、何か中国が淡白な感じがしましたね。
個人的には中国とは相性が良いと感じていたので、勝つような気がしてましたが3−0は意外でした。
中国はベストに近かったようですのでかなりショックでしょう。

油断は出来ませんが、日本としては先が見えてきたと言うことで、真価が問われるのは準々決勝ということになるでしょうか。

2010/11/9(火) 午前 3:02 [ iwasihu ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。

日中戦、意外な結果でしたね。
ほぼぶっつけ本番&2軍メンバーの日本と準備万端&ホームの中国で3-0というスコアは予想できなかった。
日本も決して出来が良いという感じではないんだけれど中国があそこまで弱いとはさすがに思わなかったです。
まあこういうことが起こるのがサッカーの楽しみのひとつではありますが。

中国は宇宙開発ばかりで正直得点の匂いがしなかったですね。一応シュートが枠に飛んでいた日本とは決定力では差があった印象です。
明日マレーシアに勝って3戦目でターンオーバーというのがベストでしょうか?いい意味で勘違いしてそのまま勢いに乗っていって欲しいです。

連携も試合をこなせば多少は改善していくのかな。あと、関塚さんはさすがという感じでしたね。

2010/11/9(火) 午前 11:00 [ ひで ] 返信する

顔アイコン

「惨敗確実」といった根拠を聞きたがっている人がいるようですが、すぐ下にある11月6日の記事をご覧になってないからですかね。

予想通りにいかないのがサッカーです。
結果オーライで喜んでていいのか、U21の選手の殆どを良く知らない私にはわかりませんが、問題点が先制点を取れたことによってたまたま出てこなかっただけかもしれません。

南アW杯の結果は思ったほど悪くはなかったけれど、指摘されていた問題点が解決されてあの結果がでたわけではない、ということと同じです。
オリンピックまで引き続き見て行きたいと思います。

2010/11/9(火) 午後 2:09 [ tea*_bo*n ] 返信する

顔アイコン

yu0*11*8さん、こんばんは

おっしゃる通り。読まなければいいだけです。

2010/11/9(火) 午後 11:43 duk**eq2004 返信する

顔アイコン

oiw**a2003さん、こんばんは

中国は自滅はしてないのですが、どこか高値一杯という印象でした。
おっしゃるように、相性は悪くないようですね。

とりあえず、ROUND16まで、残りGL2試合を余裕をもって臨めるのは大きいです。
決勝Tは、組み合わせ次第ですね。

2010/11/9(火) 午後 11:44 duk**eq2004 返信する

顔アイコン

ひでさん、こんばんは

中国は、寄り天でしたね。
日本は、フル代表フォーマットを使い、うまく凌ぎました。

>まあこういうことが起こるのがサッカーの楽しみのひとつではありますが。

同感です。

>明日マレーシアに勝って3戦目でターンオーバーというのがベストでしょうか?いい意味で勘違いしてそのまま勢いに乗っていって欲しいです。

おっしゃる通りだと思います。

関塚さんも、久々の指揮で、血が騒いだかな。

2010/11/9(火) 午後 11:44 duk**eq2004 返信する

顔アイコン

tea*_bo*nさん、こんばんは

>問題点が先制点を取れたことによってたまたま出てこなかっただけかもしれません。

それが一番怖い種ですね。五輪予選本番でそうならないことを祈るだけです。

>オリンピックまで引き続き見て行きたいと思います。

そうですね。長い目で見て行きましょう。

2010/11/9(火) 午後 11:45 duk**eq2004 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事