ドリアン長野のランニングな日々

海外旅行記並びにランニングについて発表していきます。

全体表示

[ リスト ]

 管理人元(ハジメ)による皆様への伝達事項。
 私は平成25年(昨年)にフェイスブック上で発表されたドリアン長野のタイランド旅行記をgooブログ上で転載しました。その後にgoo側がフリーメールを今年の3月十日で終わらせる告知をしたのでヤフーブログ上でリターンズを発表する決断を下しました。
 また、この旅行記は未完の大作です。平成26年の夏にフェイスブック上にて伝達されなかったので続編についての紹介は今後は控える予定です。
 これらを理解された上で以下の海外旅行記を読んでいただければ幸いです。

【夏が来れば思い出す】 #114

「タイは若いときに行け」という、いしだ壱成出演のタイ航空のCMが流れたのは90年代だった。あれを観てタイに行った人も多いらしい。今やタイは若いときに行け、中高年になっても行け、定年したら住め、である。今までタイには10回ほど行ったが、バンコクだけでチェンマイもプーケットも行ったことがない。新婚旅行もバンコクにした。妻にもバンコクの素晴らしさを知ってほしかったからである。しかし、そのバンコクで九死に一生を得ることになるとは神ならぬ身には知る由もなかったのである。(続)
タイ国際航空 いしだ壱成 cm

 元(ハジメ)管理人の感想文と皆様への伝達事項
 始まりました。再びドリアン長野の海外旅行記(タイランド)が帰ってきました。平成十年代のように新作を楽しみながら読まれる人も多いと思います。皆様、楽しむ用意をしておいてください。 以上、管理人元(ハジメ)でした。

【夏が来れば思いだす】その2 #115 (新作)

は一応イタリアに行きたいと言ったのだが、バンコクの素晴らしさを力説して説得する。気が変わらないうちにチケットを買いに旅行代理店へ。新婚旅行は12月だったのだが、クリスマス前のシーズンオフのチケットが安い。リーマンパッカーは年始年末、盆休み、ゴールデンウイークくらいしか長期の休みが取れないから仕方がないが、これがよくいう格安チケットか。今までの三分の一の値段だ。そういえば、20年前のインド行きが30万円した。初めての海外旅行だからと考えもせずに購入したが、ツアーでもないのに高すぎるんじゃないか。ああ、嫌なことを思い出してしまった。
とにかく、チケットさえ手に入れれば問題はない。せっかくだから帰りに香港にも寄ることにした。私は妻に厳命した。
毎晩、違うホテルに泊まるので移動しやすいように荷物は最少に。スーツケース不可。なんせこっちは、旅慣れしてんだかんね、夫の頼もしいところを見せてやろうじゃないか、よもや関空離婚はないだろう。と一人不敵な笑みを浮かべるのであった。
 元(ハジメ)管理人の感想文と皆様への伝達事項
平成25年にバンコク(タイランド)と香港を旅してきた長野夫妻の新婚旅行のお話の発表です。今後の展開が楽しみですね。しかし、平成5年のインド旅行で30万円とは高い金額ですね。
過去にそれなりの伝達をしたところ、今月になって現実化するとは想像出来ませんでした。こういった事柄って一般的にはそのままになって自然消滅が多いですよね。
最近でも家族で一緒に外食をしてるから長野家は愛に満たされています。関空離婚はしてません。
色々とあって方針の変更等仕方がない決断もございましたが、過去よりも(最近)増加してる訪問者に感謝します。
もしも、ドリアン長野が本当にイタリアに海外旅行をしていたならばどういった海外旅行記になっていたのでしょうかね? 皆様、ドリアン長野が旅慣れしてるとは言えどもお笑いの部分が存在してるように感じられませんか?
【夏が来れば思い出す】その3

早朝の6時半に家を出て夕方の4時過ぎにバンコクのスワンナプーム空港に着いた。この新空港は去年開港したばかりだ。旧空港のドンムアンに比べると物凄く近代的だ。イミグレーションへと続く通路の壁面はコンクリートの打ちっ放しで、かなりかっちょいい。今までドンムアン空港に到着するたびに、「初めてドンムアン空港に到着した時は恐ろしさに膝が震えた。」という、バンコクのお寺で出家し、在タイ10年に及ぶ山田均という東南アジア学者の言葉を思い出したものだった。そんなある種の緊張感を旧空港は発散していたのだが、新空港はなんだかオシャレでパリにでも来たような気分だ。せしぼん。
元(ハジメ)管理人の感想文と皆様への伝達事項
タイランドのスワンナプーム国際空港は平成18年(2006年)に開港した空港です。今回の海外旅行記は平成19年から平成20年にかけてのお話です。したがって過去形です。これからの海外旅行記はどうなるか楽しみですね。
【夏が来れば思い出す】その4

旧空港からだったら、路線39番のバスで安宿が集まるカオサン通りまで行くのだが、勝手がわからない。とにかく、シャトルバスでトランスポーションセンターまで行く。そこをうろうろしていると、「どうしましたか?」と日本人青年に声をかけられた。彼はバンコクのお寺の修行僧で、日本から両親が来たので空港まで迎えに来たところなのだそうだ。彼に教えてもらった市バスで民主記念塔まで行く。ここからカオサンまでは目と鼻の先なので、歩いて行こうと試みるが迷ってしまった。バスや徒歩が好きなので、タクシーにはなるべく乗りたくない。夜も遅いので仕方なくタクシーを拾ったのだが、大通りを飛ばし、裏通りを抜け、ものすごく遠回りをして目的地に着いたのだった。道路工事や一方通行規制もあって一概には言えないけど、ぼったくりだな。230円だったけど。

(妻の日記から)

「バスに乗りながら、街の看板が大きいと感じた。バスには女性車掌がいて、テキパキとしていた。そして客がどこから乗ってきたかを一人一人覚えている記憶力には驚いた。切符を切る道具や切る様子を写真に撮る。タクシーは思っていたよりきれい。カオサン通りまで徒歩を試みるも迷い、タクシーで行く。一方通行が原因か、すごく遠回りされた気がする。ぜったい、ボッタクリだ。」

 元(ハジメ)管理人の感想文と皆様への伝達事項
 とうとう奥様の海外旅行記も始まりました。やはり、視点が違いますね。日本の場合、バスに乗ると整理券のようなものが発券されますね。そういえば、¥230だったら日本のバスの料金のようですね日本でもタクシーの遠回りは全く無い訳ではないとは思います。だけど、近場で遠回りされると少し嫌ですね。
過去に私も地方からやってきた人(日本人)が道に迷っておられたので道案内をした経験が過去に何度もあります。本当に方向が全く違う場所を歩いていたので閉口しかけました。彼の目的地のJR難波駅と、迷っておられたLABI1なんば近辺は別方向過ぎる。
海外旅行記を読まれるとやはり、在外邦人に助けられる美談(こっちは美談というよりも情けないお話)が多いですが、これもその中の一つです。世の中には日本からタイランドに赴かれる修行僧の方もおられるんですね。全く逆に外国人修行僧も居られるのが現実です。奥様は別なんですがドリアン長野に限ってはお笑いエッセイと考えて肩の力を抜いてお読みください。
 〜皆様へのご連絡〜
 皆様、今までお読みいただきありがとうございました。
 今回を持って、新作のリターンズの紹介は終了とさせていただきます。今後は、ヤフーブログ上では、発表が行えていないgooブログ上のリターンズを発表していきます。又、フェイスブック上の転載の回数も減らしていきます。 今まではほぼ毎回転載をしておりましたが、来年からは減らす方向にします。 繰り返しになりますが、詳細はお伝えしませんが諸事情により、私は転載の回数を減らす決断を下しました。 
 仮にこのタイランド並びに香港旅行記の続きを知りたい方がおられましたら、フェイスブック上でドリアン長野の友達になってください。もしかしたら続きを知る機会があるかもしれません。 
 平成20年代初期にはドリアン長野はインターネット上で海外旅行記を発表する気持ちがだいぶ失せていて、半ば私の趣味でホームページの運営が行われてるような状態でした。 簡単ホームページ時代に「1万人の訪問者がいたらそれで良いかな。」と目標を持っていてそれが達成されました。
 過去に、ドリアン長野はあの新風舎(周知のように平成20年に経営破たんした)から提案があって経費ばかりかマンガの原稿を提供したが水泡に帰した事もございました。

以上です。管理人 元(ハジメ)

この記事に


.


みんなの更新記事