『姫路のじろりん』のブログ

70歳デビューを目指しています!
おらび(叫び)唄〜わしらは愛媛の男じゃけん〜の巻

 「平成30年7月豪雨」と呼ばれている台風7号は愛媛・広島・岡山に甚大な被害をもたらした。
イメージ 1

サスケは少しでも故郷の役に立ちたいと、被災地に入り、泥出しに汗を流した。
イメージ 2

休憩時間にはギターで歌ってみんなを慰労した。
イメージ 3

 そんな中、傷ついた故郷を想う詩が出来上がり、じろりんを含めミュージシャン仲間に詩を送った。その詩を見て、とても感動したのが同じ愛媛県出身のシンガーソングライター「さかもとふみや」さんだった。
イメージ 4


「この詩に曲をつけても良いですか」とサスケに頼んで、彼が曲を付けたのが、    これ!

『おらび唄〜わしらは愛媛の男じゃけん〜』
(1)
ギターをスコップに持ち代えて
歌を歌う時もある
なんぼ東京におったって
やっぱり愛媛の男じゃけん
長靴はいて歌うがよ
手拭い巻いて歌おうや 汗かいて
(2)
たった一夜の大雨に(集中豪雨)
消えてしまったミカン山
100年かけたミカン山
無残な姿に様変わり
どうすりゃいいんだ瀬戸内海
教えてくれんか宇和の海
(3)
川に向かっておらぶがよ
あの日を返してくれんかと
泥のアルバムめくっても
思い出帰ってこんけれど
埋もれた明日を掘り返そう
希望と言う名のスコップで
(4)
雨に負けるときもある
風に倒れる時もある
たとへ土にも負けたって
僕らの夢は壊せない
わしらは愛媛の男じゃけん
わしらは愛媛の男じゃけん そうじゃろう
(5)
一段一段積み上げた
段々畑のピラミッド
ミカンの王国 お城じゃけん
みんなで作ろや もういっぺん
わしらは愛媛の男じゃけん

わしらは愛媛の男じゃけん

 そして10月。サスケと「さかもとふみや」さんの二人は関西7か所で愛媛復興支援ライブを決行し、多くの義援金が集まった。

イメージ 5

 10月15日。ライブが終わって、サスケがじろりん邸に立ち寄った。久しぶりに呑んで語らい、ミニライブで楽しみました。
 
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

そして、ついにCDが出来ました。
イメージ 9




この記事に

開く コメント(0)

こころの祭・姫路

姫路市文化国際交流財団・主催の「こころの祭・姫路」が市内35か所で開催された。
イメージ 1

御着の天理教姫光分教会では、雅楽演奏と和洋折衷バンドの演奏をしました。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

今回はギターではなく、鞨鼓とパーカッションを担当しました。
イメージ 6


この記事に

開く コメント(0)

岡山県津山市にある「津山総鎮守・徳守神社・秋季恒例大祭」
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
雅楽演奏をしました。
イメージ 5

イメージ 6




この記事に

開く コメント(0)

25日、天理駅前・自然かふぇ「シンフォニア」で歌って来ました。
イメージ 1
オープニングは、くまこの歌。じろりんのテーマ「じろじろじろりん」「酒の河」で始まって、サスケの歌をフューチャー・14曲。リクエストも数限りなく歌って、約5時間。
イメージ 2

先日まで、サスケと関西ライブでジョイントされていたシンガーソングライター「さかもとふみや」さんが突然、現れたので驚きました。
イメージ 3
イメージ 4

無理言って数曲歌って頂きました。お客さんは大満足で「得した〜!」と言っていました。
イメージ 5

イメージ 6


この記事に

開く コメント(0)

姫路の飾磨にある「小規模多機能ホームなごみ」で歌って来ました。
イメージ 1

早めにスタンバイをしていたら、客席にはもうすでに皆さまが揃って「じろりんライブ」を聴く気マンマンで座っておられましたので、早めに始まったので、60分の予定が90分のライブになりました。(譜面を余分に準備していて良かった!)
イメージ 2

イメージ 3


とても、喜んで頂きましたよ・・・。
歌った歌です。
① 北国の春
② じろりんのズンドコ節
③ 秋桜
④ 東京だヨお母さん
⑤ 群青
⑥ 銀座カンカン娘
⑦ 上を向いて歩こう
⑧ 見上げてごらん夜の星を
⑨ 故郷
⑩ 赤い靴
⑪ 七つの子
⑫ 籠の鳥
⑬ 暖かい風
⑭ 青春の城下町・白鷺城に見守られ
⑮ 人生いろいろ
⑯ 星影のワルツ
以上、16曲でした・・・。
イメージ 4


この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事