失われた仏教最古の叡智

歴史の中に埋没し、忘れ去られてしまった仏教の最初期の時代に説かれていた「ブッダの究極の理法」の根幹について、その真相を語る。

全体表示

[ リスト ]

 
  仏教の経典には、仏教の核心に触れる箇所において、「アーサヴァ(asava)を滅する」という語が随所に散見するのであるが、古代インドの言語のエキスパートでもある山崎守一博士は、「アーサヴァの滅」の原意に関して、とても興味深いことを言っている。(「アーサヴァを滅する」という部分は、中村元氏が、「煩悩を滅ぼし尽くして」、あるいは「煩悩の汚れを滅し尽くして」と訳している箇所である。以下『沙門ブッダの成立〜原始仏教とジャイナ教』P.157〜160より引用)
 
 ブッダの教えは後世、様々な形で論理的に体系化されていくが、ブッダがネーランジャラー湖畔で何に目覚めたのかは、はっきりとわかっていないのが実情である。古い経典は随処において、「アーサヴァを滅ぼ尽くして、最後の身体をもっている」と説き、さらに、「アーサヴァを滅ぼ尽くした阿羅漢」という表現が見られる。
 
 最古の経典の一つと見なされる『ダンマパダ』において、
 
  『覚りを得るための方法に正しく心を修め、執著なく愛著を捨てることを喜び、【アーサヴァを滅ぼ尽くして】、彼ら輝く人たちはこの世において涅槃を得ている。』(Dhp.89) 
 
 とあり、さらに、『スッタニパータ』では、
 
  『精神を統一し、激流を渡り、最上の知見によって理法を知り、【アーサヴァを滅ぼ尽くして】、最後の身体を持っている如来、かれは、献菓を受けるに値する。』(Sn.471)
 
 と説かれている。
 
 激流とは輪廻の激流であり、最上の知見とは「全智者の智慧」であり、最後の身体を持つとは、もはや輪廻転生によってこの世に新たな肉体を受けることがないことを意味する。つまり、他の経典においては、最後の身体を持つことを、「再びこの世に戻らない」とも表現されているように、こては輪廻転生から解き放たれたことを意味し、当然のこととして、生まれることもなければ老いることもない。
 
 ところで、「アーサヴァを滅ぼ尽くして」の語源は、「キーナーサヴァ」(khinasava)であり、キーナ(khina 滅尽)とアーサヴァ(asava)との複合語である。アーサヴァの本来の意味は「漏れ込んでくる」ことであるにもかかわらず、仏教では、正反対の「漏出」と考えられ、通常、漏れ出る汚れ=煩悩と解釈されてきた。
 
 しなかしながら、仏教の姉妹宗教と言われるジャイナ教では、語源通りに霊魂に漏れ込んでくることを意味する。この語アーサヴァは、輪廻の大海という文脈の中で用いられ、【輪廻から解放されることを妨げるもの】である。なぜなら、船に漏れ込んでくる水は、かき出さないと船が沈んで対岸では到達できないからである。
 
 仏教においても古い詩節では、船に漏れ込んでくる水の意味を留めている。アーサヴァのない人こそ激流を渡った人であるとも言われ、『スッタニパータ』では次のようにも言う。
 
 『今日、われわれによってそれ(太陽)は見られた。よく世が明け、よく立ち昇り、その中に〔輪廻の〕激流を渡り、アーサヴァのない等覚者(よく目覚めた者)を、われわれは見た。』(Sn.178)
 
 『世間を知って、最高の目的を見、激流と海を横切って、繁縛のない、アーサヴァのないそのような人、彼を賢者たちは牟尼と知る。』(Sn.219)
 
 『かれは泥の中に横たわり、もがきながら、洲から洲へと漂流してきました。そしてその時、私は、〔輪廻の〕激流を渡った、アーサヴァのない等覚者(よく目覚めた者)を見、あした。』(Sn.1145)
 
 これらの詩節に見られる「輪廻の激流や海を渡って」という表現からもわかるように、「アーサヴァを滅ぼ尽くす」とは、「煩悩(=漏れ出る汚れ)を滅ぼし尽くす」のような、従来、仏教でなされてきた解釈よりも、ジャイナ教で行なわれてきた「輪廻をもたらす原因(が入り込むこと)を滅ぼし尽くす」という解釈の方が、より文脈がはっきりしていると言えよう。こう見てくると、大阪大学教授の榎本文雄の指摘に基づけば、アーサヴァは、最初期の仏教でもジャイナ教同様、「漏れ出てくる煩悩」というよりは、「漏れ込んで来る水」に喩えられる輪廻の原因としての煩悩・愛欲と考えられていたことが理解できる。(引用 終わり)
 
 ちなみに、山崎守一氏は、ジャイナ教の研究者でもあり、中村氏と同様に、ジャイナ教を理解すれば、仏教の理解がより深まり、仏教 を理解すれば、ジャイナ教の理解がより深まるのだと言っている。
 
 さらに、山崎氏は、『スッタ・ニパータ』は、言語学的に難解な箇所があるけれども、『スッタ・ニパータ』や『ダンマパダ』などと、多くのパラレル(並行句)を有している、ジャイナ教の古い経典を参考にすれば、それらの解読の大きな手助けとなるだろう、というようなことも言っていた。
 
 
 
 

閉じる コメント(67)

「ブッダが臨終に際して遺したことが、『ディーガ・ニカーヤ』に伝えられている。

さあ、比丘たちよ、今あなた方に話そう。「諸々の事象は衰滅していくものである。怠ることなく努め励みなさい。」と。

註釈家ブッダゴーサはこの言葉について、45年という長い年月にわたって説かれた教えを、ブッダ自身が「怠ることなかれ」というただ一つのフレーズに要約したもの、と解釈している。そうすると、仏教の最も大切な教えは、無常を覚ること、修行に精進することのの二つに尽きることになる。」

2013/1/9(水) 午前 10:30 [ dyh ]

ブッダゴーサが、そのように解釈していることは、意外でしたが、スッタ・ニパータやダンマパダなどの古い経典には、「常に気をつけて」「怠ることなかれ」と繰り返して説かれるから、その真意は別にしても、それは、仏教においての核心を表していることは間違いないないだろうと思います。

2013/1/9(水) 午前 10:39 [ dyh ]

それと、さらに重要なことは、それを無理にすれば、それ自体が苦痛となり、苦しみとなれば意味がないから、自然にそうできるようになることが求められるのだと思っています。

2013/1/9(水) 午前 10:50 [ dyh ]

大パリニッバーナー経を読み返してみるて、釈迦が語っている相手は、恐らく悟っている人ではない。そう考えると、釈迦の臨終の言葉は、上級者に対して語られたのではないという可能も想定されるのだろうと思いました。

いずれにしても、それは、悟ってみなければ分からないことなのかなと思いました。

2013/1/9(水) 午後 7:36 [ dyh ]

原始仏典をよむ?に次の説明がありました。

『ところが原始仏典には、悟りを開いた後の釈尊にも姿を現して、釈尊に語り掛ける。ということは、釈尊の心の中に、悟りを開いた釈尊であっても、悪魔が出てきているということですね。問題はその意味を少し考えていかなくちゃいかんと思うんですけどね。』

経典に現れる悪魔の正体は、自らの内なる煩悩であり、だから、悟った後は、大乗経典においては悪魔が現れない、ということのようです。

ちなみに、スマ長老は、悟る前の悪魔は煩悩だが、悟った後に現れて釈迦の邪魔をする悪魔は、実は、欲界の天の統括者、つまり欲界の神である、その神は、仏教が広まるのが都合が悪いからである、人が悟るとその神に頼らなくなるからである、と説明していました。

テーラワーダの伝承はそうなっているのでしょう。

しかし、学者は、それを現実的に解釈する、ということでしょうね。

2013/1/10(木) 午前 10:36 [ mag**iok ]

『端的に言いますと、欲望というものは人間に本能的なものなんですね。本能的なものですから、本能はやかり本能で、人間生きている限り出てくるわけですね。ところが釈尊は、そういう欲望を抑制することを教えていたわけなんです。ですから抑制することがほんとに熟して、もうスッと抑制はしているわけですけれども、しかし本能的なものですから出てくる。その辺のことを原始仏典は正直に出しているわけですね。』

2013/1/10(木) 午前 10:40 [ mag**iok ]

『つまり「釈尊は欲望を滅した」とこう言うんですけども、欲望を滅した、即ちゼロにしたら、後で欲望が出てくる筈がないんで。やはり「欲望を滅した」という意味は、欲望そのものがゼロになったということではなくて、「欲望の働きが外に出なくなった」というふうに見るべきだと思います。また現在学会でも、そういう解釈が受け入れられている、と思うんですね。』

2013/1/10(木) 午前 10:51 [ mag**iok ]

『つまり本能的な欲望がございまして、これは人間生きている以上、どうしても出てくる根源的な欲望、術語では「渇愛」、原語で「タンハー」というんですけども、それはしょうがないですね。それが出てきて、その欲望が具体的な対象と結び付いた時に、「あれがほしい、これがほしい」という、私どものいう欲望として出てくる。ですから本能的なものが出てきても、その対象をつかまえる過程で、「いや、そんなことはしちゃいかんのだよ」と抑制をする。結局欲望は欲望として働き出ないわけですから、それを「欲望の滅」といっているんですね。だから言葉使いがちょっと微妙なんで、「煩悩とか欲望を滅した。欲望がゼロになった」と言いますと、ちょっと人間離れしちゃうんですね。そういうことではないと思うんですね。』

まさしく、現実的な解釈ですよね。

2013/1/10(木) 午前 10:55 [ mag**iok ]

以前話題になった中村氏の解釈と同じだと思います。

2013/1/10(木) 午前 11:04 [ mag**iok ]

>話は本題に戻しますが、奈良氏によれば、奈良氏の解説を、敢えて一言で要約するなら、こういうことになると思います。

>人間の根源的な欲は完全に滅することはできない。しかし、修行によって、常にそれに気をつけて、それらを回避することによって、ニルヴァーナに到達することができる。その絶え間ない行為そのものが仏道なのである、と。

奈良氏の解釈はまさにそうだと思います。

2013/1/10(木) 午前 11:44 [ mag**iok ]

今日の朝に、ちょうど「原始仏典をよむ?悪魔のささやき」を読み終えたところでした。

magさんが先に引用して頂いた箇所は、まさに奈良氏が言わんとしているところの核心だと思いました。
(誤字があったので、訂正しています。)

2013/1/10(木) 午後 5:23 [ dyh ]

そして、内容的にはmagさんが言われるように、中村氏の説と同じだと思いました。

しかし、これは、実際に悟った人に直接聞くか、あるいは、自らが悟る以外には絶対的な解答は得られないのだろうとも思いました。

2013/1/10(木) 午後 5:26 [ dyh ]

現時点の私個人的な印象から言えば、中村-奈良説が6割、スマ長老の解説が4割といった感じです。

とりあえずは、よく気をつけて怠らない、ということを実行しながら、修行が進めば、また新たなる発見があるのかな、とも思っています。

2013/1/10(木) 午後 5:39 [ dyh ]

同感です。

テーラワーダの伝承も、学者の解釈も、それぞれ心情的に理解できますね。

奈良氏の今回の解説は、以前話題にした中村氏のテレビ解説より分かりやすい感じがしますね。

2013/1/10(木) 午後 5:46 [ mag**iok ]

本当に分かりやすいと思いました。

それよりもまして、様々なテーマに言及しているそのサイトを紹介して頂いたmagさんには心から感謝しています。

あと、その是非によって、修行法が大きく変更されるわけではないので、そこはあまり気にせずにおくのがいいのかなと思いました。

2013/1/10(木) 午後 6:27 [ dyh ]

同感です。

同シリーズの?に次の記載がありました。これも参考になると思いました。

『愛(渇愛)―取(執着)―有(迷いの存在)―生(迷いの存在の発生)―老死

「割愛」という言葉があるんですね。これは「喉の渇き」という意味なんですが、簡単に言いますと、喉の渇いた時に、無性に水が飲みたい。それと同じような一つの欲望。私どもよく「根源的欲望」なんていうんですね。「本能」と言ってもいいかも知れません。何かを求めて求めて止まない一つの本能的なもの。ところがその本能があって、それが今度は、「あの子が欲しい」とか、「お酒呑みたい」とか、「お饅頭がどうだ」とか、という、直接に対象と結び付いてきて、普通の欲望として出てきます。ですから私どもが欲望というのを、ここでは本能的な心の働きと、それから対象を具体的に掴まえて、具体的に働きだしてきた欲望と、その割愛と、「取」取というのは、対象をとっつかまえることです。二つにわけて説明したとみていいですね。』

2013/1/10(木) 午後 7:07 [ mag**iok ]

『そうしますと、当然無いものをねだり、限りなくねだっているわけでありますから、そこに常に不安と欲求不満に悩む人生ができてきます。そういうのを「有(う)」というんですね。「生存」とか「存在」というんですけども、決して普通の意味の存在ではございません。常に無いものをねだり、限りなくねだって、うろちょろしている私どもの迷いの生存を「有」と言いますし、そうした人間性を踏まえて、それをおぎゃっと生まれてきたから、その結果、その老死という「苦」というものが出てくるんだと。実はこれは後代になって、「十二縁起」などという言葉で説明されるようになる。』

テーラワーダでどう説明されているか私はまだよく知らないのですが。

きのこさんなら知っているかなあ‥。

2013/1/10(木) 午後 7:16 [ mag**iok ]

屋根を良くふいてあれば、雨水は浸透しない。
屋根を良くふくにはどうすれば良いか。
その仕事が道理に適っていれば、屋根は完全にふけます。

ここの管理人さんの屋根は、良くふけていないので、外から水滴(敵)
が侵入して来るようですね。\(^o^)/

屋根をふくとも、ふかないとも断定しない世界の話では、雨漏りのしない屋根はふけませんよ。

雨がもりて、木が腐り、キノコが生えて来たようですね。\(^o^)/
そんな毒キノコを食べると、カメは食中毒に成る。
あぁもう我慢が出来ない、ちょっとトイレに行ってきます。(@_@)

2013/1/10(木) 午後 9:17 [ カメさん ]

顔アイコン

こんにちは。

>テーラワーダでどう説明されているか私はまだよく知らないのですが。

ここら辺の項目について、数冊パラパラと本を読み直してみたのですけど、あまりに繊細で今の私には難しくて(~_~;)
すみません、とりあえず今の時点では私にはギブアップで〜m(_ _)m

仏教を知りたいと思う人(私もそうです。)が、その知ったことが縁となり、現実が変わり、実際の生き方が幸せなものに成っていく・と、うれしいですね。

それではみなさま、失礼します。

2013/1/11(金) 午後 4:40 [ きのこ ]

きのこさん、ありがとうございます。

スマ長老の説法の中に関連することが出てきたときに私の方からも引用したいと思います。

2013/1/11(金) 午後 4:57 [ mag**iok ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事