ここから本文です

書庫全体表示

11月11日はポズナンの「聖マルチンの日」

 

11月11日はポーランドの建国記念日であるほかに、西ポーランドの主要都市ポズナンでは聖マルチンの日として親しまれています。この日にはロガルRogal(クロワッサン型の菓子パン)Rogal świętomarcińskiを食するのがポズナンっ子の伝統となっています。

 このロガルはEU内でも土地の名産品として製造できる地域が定められていて、そのレシピは域外不出だそうで、ポズナン以外では国際見本市やイベントでロガルづくりのライセンスを持ったパティシエが一時的に他都市に行ったときのみ試食できるのだとロガル作り一筋半世紀というホテルメルキュールの老パティシエが教えてくれました。


http://3.bp.blogspot.com/-i24nqe6jHfo/VF9pStMz6KI/AAAAAAAAApk/EVrqq8DH5MI/s1600/DSC09949.jpghttp://2.bp.blogspot.com/-yo_D9djaWXY/VF9iUvWX91I/AAAAAAAAAoo/noso_zrk6sQ/s1600/DSC09950.jpg
50年前から大切に記録してきたロガル作りのためのノート。
師匠のパティシエから学んだことをしっかり書き込んでいます
祖父母の世代から3世代にわたりこのメルキュールの味はずっと変わることなく守られています。


 ライセンスは毎年更新されます。ロガルを作り、審査受けなければ更新なしという厳格なもので、これによってロガルの伝統的製法が守り続けられているのです。

そして、11月11日に焼きあがるロガルはなんと約500トン!じつは、ロガルには重量制限があって1個の重さは150〜250gの間でないといけないのです。それ以外は規格外で正式にロガルと名をつけることはできません。
手に取って見ればわかりますが、クロワッサンとは比較にならないほどずっしりと重みを感じます。
なかに入っているのは白いケシの実やアーモンドなどをベースに作ったペーストです。
 ロガルとはもともとは角を意味する単語。まだポーランドがキリスト教を受け入れていなかった古代スラブ人の時代にさかのぼると、秋祭りで神々に生贄として雄牛や、牛の角の形をした焼き菓子をささげていたそうですが、その後、カトリック教会が聖マルチンにまつわる伝説と結びつけて広めました。上の写真にあるような形のロガルが登場したのは1891年のことでした。

この年の11月11日が近づいたある日、ポズナンの聖マルチン教会で司祭をしていたヤン・レヴィツキは、恵まれない人々に聖マルチンにかかわりのある何かを施しに配りたいと考えました。
 礼拝で司祭の話に共感した菓子職人が協力して作ったのが「聖マルチンのロガル」というわけでした。当時は、地元の富裕層が購入して貧しい人たちに配ったそうですが、その伝統はポズナンの人々の善意に守られ、二度の世界大戦の時代を乗り越えて今日まで受け継がれています。

 11月11日には聖マルチンの名前の日にちなんでパレードもあるこんな楽しいイベントも。
    ➡プログラムを見る(主催者公式サイト)へ


                       Photos Jakub Pindych ポズナン市観光局(PLOT)

ポズナンの聖マルチン通り(ul. św. Marcin) ul.Kościuszki and ul.Ratajczakaの間の北側レーン一帯が会場になります。

旧市街にあるロガルミュージアムではロガルづくりの体験とビデオ&レクチャーでこのお菓子の歴史を学ぶことができます。(英語対応)
公式サイトはこちら
イメージ 3Rogalowe Muzeum Poznania
住所 Stary Rynek 41 (入り口はul.Klasztorna 23から階段をあがります。)




http://rogalowemuzeum.pl/wp-content/uploads/2014/03/mapka1.pngイメージ 2


Photo Jakub Pindych ポズナン市観光局(PLOT)



ポズナンについての観光情報はこちらをご覧ください。

・ポーランド政府観光局公式サイト
(関連ページへ移動します)

ポズナン市観光局公式サイト(関連ページ)

ポズナン市観光局 観光パンフ&マップダウンロード

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事