ここから本文です
徒然な日々を書いていこうかなぁと。

書庫全体表示

イメージ 1
 
 
タカオ、ヒュウガに引き続きハルナ、キリシマも蒔絵や刑部博士と接触したことで新たな感情が芽生えました。一部の暴走した陸軍がダメージを受けたハルナ達を撃破しようと刑部邸を襲撃しますがそれでも霧の艦隊には歯が立ちませんでした。さらにデザインチャイルドである蒔絵を霧の艦隊に確保される可能性があるとして蒔絵の殺害を企てます。
 
霧の艦隊はやろうとすれば日本を壊滅においやることもできたみたいですね。ハルナとリンクしていたマヤが刑部博士が殺されたことで激情したハルナと連動して主要都市への殲滅行動を取ろうとしました。発射直前に何者かの声で解除されましたが。あれがアドミラルリティ・コードなんですかね。その辺はまだ謎に包まれてますが少しずつ霧の艦隊の正体が明らかになりつつありますね。霧の艦隊も一枚岩ではなく千早翔像を不信に思ってます。ハルナとキリシマは1度旗艦のコンゴウの所に戻るようですが札幌の北官区に保護された蒔絵に絶対会いに行くと行ってましたし群像達と合流したりするんでしょうか。
 
タカオは相変わらず群像ラブですがまったく思いを告げられず目を合わせるのも恥ずかしいほどの乙女モードですね(笑)イオナはタカオやヒュウガと話す時と群像達と話す時だとちょっと話し方が違いますね。人間との経験値ではイオナは古参に入るようです。
 
今回は群像達の出番はあまりありませんでしたが群像達が潜んでいる硫黄島に日本の陸軍が迫りつつあります。次回はそれと鉢合わせするのかやり過ごすかという展開ですかね。マヤはようやく任務がもらえて嬉しそうでしたね(笑)前回でも書きましたがメンタルモデル達が段々と経験を積んでかわいくなってます。マヤやハルナもいいけどやっぱりタカオかな(笑)

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事