ここから本文です
以前までコミック感想などを書いていましたがこちらでは徒然な日々を書いていこうかなぁと。

書庫全体表示

イメージ 1
 
 
人間社会同様に冥界も仕事にあぶれる悪魔で溢れていた!超下層階級の悪魔イズミも仕事にありつけず空腹で死にそうになっていたところ裏ルートで人間界に入ってターゲットを始末するという怪しい仕事を請け負います。半ば無理やり人間界に落ちてきたイズミでしたがダメすぎてターゲットで退魔士の晴明に養ってもらうことになるのでした。晴明の仕事仲介者からもイズミに対して様子を見るよう言われたりとダメ悪魔とはいえ人間界に来た理由が何かありそうです。
 
飢えていたせいか食欲旺盛なイズミが可愛いです(笑)ダメながらも健気に晴明に尽くそうとするところもいいですね。晴明の叔父さんから預かった幼女ラナも加わって何とも羨ましい境遇です。ただ、晴明は過去の記憶がなく父親が退魔士だったということですがそれ以外の記憶はなくて家族という言葉に少し寂しそうな顔を見せるのでした。
 
叔父さんの力でイズミは晴明の遠い親戚ということで同じ学校に編入します。そこには寺の息子、紫紋とエクソシストのクレアがいていわゆる商売敵でした。クレアは晴明にベタ惚れで後ろにくっついてるイズミを気に食わないようですけど。紫紋はイズミ達を襲った悪魔と繋がっていて晴明を倒そうとしているみたいですね。表にはまったく出さずに仲のいい友達を装ってます。
 
ドジっ子、腹ペコ悪魔なイズミですが他の悪魔に狙われたり、剣で貫かれても生きていたりと何か謎がありそうですね。とりあえずイズミがダメ可愛いです(笑)

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事