より良い世界になるために

世の中で起こっていることについて自分の意見で説明したいと思います

全体表示

[ リスト ]

ニューヨークの男性が今週、320回目の献血を行う。これによって、米国内には、40ガロン (およそ151リットル)の血液を献血した人がふたりいることになる。

ニューヨーク州マサーピーカのアル・フィッシャーさん (75) は火曜日に献血を予定している。彼が献血をはじめたのは58年前だ。

ニューヨーク血液センターの職員によれば、フィッシャーさんより多くの血液を提供してきた人はモーリス・ウッドさん (83)だけだという。ウッドさんはセントルイスの元鉄道検査官だ。

印刷オペレーターのフィッシャーさんは年におよそ6回のペースで献血を行ってきた。ウッドさんとは友好的なライバル関係にあり、最後に話したのは2〜3ヶ月前だとフィッシャーさんは語っている。

ロングアイランド血液サービスのハーヴェイ・シャフラー理事は、フィッシャーさんは1000人近くの人々を救ってきたと述べた。

http://www.excite.co.jp/News/odd/E1252469265124.html


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事