より良い世界になるために

世の中で起こっていることについて自分の意見で説明したいと思います

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

命って

   

今日本や世界ではたくさんの人が犠牲になっています。

自然災害などは仕方ないかもしれません。

予測が難しいものですから。

しかし実際それで死んでいる人だけではないと自分は思うのです。

環境破壊や先進国の食べ物の集中とか

本当にいきたくても生きれない人がたくさんいるこの世の中で

どんなにいじめにあったからって自殺はしてはいけないと思います。

その子の助けなるために行政ができることは何でしょうか。

もちろん入るべきではないところもあります。

ただ一番むかつくのは親が子供を間接的に殺す行為をする。

動物は親が子を世話しない動物も多いので、

問題ないのかなと思ってしまいますが、

人間である以上知識を身につけるまでは親の管理

がないといけない。

だってそれがないと人間の能力つかないだから。

親は子供は保護するものなのに

親が殺すなんて。

かわいそうを超えて

なんで、

児童養護施設に預けることをしなかったのって

思ってしまうのは自分だけでしょうか。

もちろん親は最後は命がけで子を守るものだと思います。

だって人間はそうしないといけないものです。

自分は絶対あっているかどうかわかりません。

しかしこれだけはいえる。

人間は社会に利益を与えるために生きていると思いますので

ゲーム理論って

今回はゲーム理論について考えてみたいと思います。



このゲーム理論って聞いても難しいと思いますので、

一番代表的な囚人のジレンマで説明します。



ゲーム理論とは、一方の様子が知らない場合どう行動するかを考える学問です。



囚人のジレンマ



まずは条件から書きます。

囚人のAが自白して、Bが自白しない場合は、A10年で、Bが1年

囚人が両方とも自白しない場合は、      両方とも10年

囚人が両方自白した場合は、          両方とも5年

Bだけ自白したら                  A1年 B10年

という条件があるとします。

もちろん両方とも条件は知らせていません。



この場合は、両方自白するほうが得策です。

両方合わせたら一番期間として短くなるのです。

しかし自分だけが助かりたいと思ったら

両方とも最高刑を受けなくてはいけない。

しかし一方しか裏切らなかったら相手方は最高刑を受けることになる。

この考えた方は商品の販売でも同じことが言えます。

相手方の仕入れがわからない場合

多く仕入れると残るかもしれないし、

少なすぎると欠品するかもしれない。

なので利益を大きいのは真ん中だけど

相手情報を知らない以上

多く仕入れしかなくなる。



映画やドラマでたくみにこの考え方を使っているのがらいあーゲームです。

特に今回の映画は、

ゲーム理論のそのままです。

裏切り者が出ればその人は助かる。    

コピー代の儲け

最近企業の利益の減ってきているため、経費削減策がとられている。

そのひとつに

無料コピー機の使用です。

企業側のコピーサービスを無料する代わりに裏側に広告をつけて

無料にするというサービスが注目されている。

これの最大の利点は、コピーが無料になるので企業側として

余分の経費をしはわなくてもよくなった。

もちろん外です資料はこれではコピーできないけど。

内部資料ならこれで十分です。

そのよって経費が浮くならと多くの企業が参加にしている。

現在のそのサービスを行っている。

シャープドキュメント21ヨシダによると

現在4800社と契約している。

もちろんすべての社内用ではなく、

社内用の10パーセントのみですが、

でもそれも地理と積もれば山となるということもあり、

経費削減効果は大きい思います。



もちろんこのサービスは企業だけではなく大学など教育機関でも

行われています。

もちろん別の会社が運営していますが、

この事業を始めたのは、

当時大学生の起業家たちが始めた事業です。

これは、学年などの必要事項を打ち込んだ後

コピーすればその学年にあった広告がついてコピーされます。

タダコピという名前で大学にある。

その会社運営しているのは、オーシャナイズという名前です。

企業側にメリットはあります。

CMとかじゃ間接的に宣伝するが、

これは必要そうな人に対して直接宣伝することできる。

その上コピーの枚数にあわせて宣伝費を払えばいいだけで、

経済性も高い

ただある程度大きな大学じゃないできないので

でも日本全国広がるのはその遠い時代ではないでしょうね。

沢尻さんの復帰会見

沢尻さんの復帰会見と質問の仕方が面白いので、

すこし紹介します。

そしてその会見で質問する場合は

ホームページからしないいけないそうです。

しかしそのホームページする場合は、

マスコミ各社は彼女でした要求にサインする必要がある。

噂やマイナス情報やと話していないことや事実を変えたりとか普段の様子は公開してはいけない。

でもそんなことしたら新聞ではなく、

広告ですよね。

どこ新聞社もサインはしないでしょうね。

それは当然のことだと思います。

しかもサインして問題だといえば訂正必要があるんでしょう。

そんなリスクのあること誰がしますか

普天間基地の移設問題

今回はこの問題について考えてみることにします。



まず普天間基地の移設問題は、

普天間基地が待ちのど真ん中にあって危ないという話から始まったもので、

日本とアメリカの契約では、

沖縄の海のほうに作る予定しているが、

それがジュゴンの海であるので、下手に埋めたるのがいいのかという意見が出てるし、

沖縄県民に負担が大きな過ぎるまでの問題もあります。

そのため移設先を日米双方検討したが、

この場所が一番いいと思われているが、

国民新党は沖縄の名護市の中に作ればいいという考え方でしょうけど。

それならほとんど今状況は変わりません。

基地は確かに集中したほうが安全面でもいいと思います。

そのため前原沖縄担当大臣は、

沖縄県内で受け入れた町に補助金や生活レベル向上のための

地域振興策をとるそうです。

しかし実際どこも受け入れたいと思わないでしょうけどね。

佐賀空港なんかいいじゃないという意見も出ていますが、

朝鮮に近すぎるじゃないかと

除外されたが、場所や土地の多さだけならここもいいような気もしますが、

これでは沖縄の地理的最重要地ではないので使い勝手悪くなる。

最終的に奄美で決定されるのではないか

自分なりには思います。

それの推薦するには、

まず民主党の国民や県民との約束に

最低県外に移設するというのがあります。

それでアメリカ側も譲歩できる範囲として限界は奄美大島

ぐらいではないかと思います。

日本もアメリカとって最大の結論ではないかと自分は思います。

ただ奄美もアメリカの占領地だったので一概にいいといえませんが、

ほかはアメリカの譲歩の可能性はほぼないといえるので

そこしかないと自分は思います。



以上で終わります。

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事