茶の湯覚書歳時記

先生によって見解の違いがあることがあります。それぞれ先生の教えにそってください。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

棚と水指

棚と水指

道具取り合せで、基本となる四畳半切の棚点前 
炉の季節の点茶道具を取り合せたり、配置する場合、
四畳半切、台目切、向切、逆勝手(向切)など、炉の切り方によって取り合せが異なります。 
道具の取り合せでまず考えられるのは、 茶室の基本となる四畳半切の場合です。 
これは八畳、十畳や六畳などにも通用し、 棚物を置くことのできる構えです。
棚を置かない場合には運びとなります。 

●棚 
棚を置く場合、炉の点前では、棚の種類が大棚と小棚に分かれ、
道具の置き合せも 多少異なります。 
棚物は台子に始まるとされていますが、 
紹鴎の頃からこれに代わるものとして、
袋棚や長板などの大棚ものが考案され、
やがて利休時代には、四方棚やその他の小棚と呼ばれる棚物が作られるようになりました。
 現在用いられている小棚の代表的なものに、
丸卓、旅ダンス、高麗卓、桑小卓、三重棚、
やや新しいものに抱清棚や二重棚などがあります。

●棚と水指 
棚による取り合せに変化が大きい道具に まず水指があります。 
昔は、台子に南蛮芋頭水指を置いた例がありますが、
今日、棚に水指を置く場合には、
主として染付や青磁などの磁器系統のもの、
金属、または交趾のような比較的美しいものを好んで使うようになりました。

したがって、備前・信楽などの土物は、
主として運びにして、畳にじかに置く場合に使われるようになりました。
しかし、土物を棚には全く使わない、ということではなく、これはーつの傾向です。 

瀬戸や高取は、棚、運びのいずれにも使われるものです。 

吸江斎(表千家十代)の頃までにはすでに、
備前・信楽などの土物は棚に置くことがほとんどなくなりました。 

ところが、備前緋ダスキ(火襷)の名器の水指を所持する茶人が、
これを棚点前で使用することを望み、
それに応える形で吸江斎が考案し、好まれたのが抱清棚です。 

棚は本来水指をのせるための道具でしたが、抱清棚が初めて、
画期的な地板のない運び水指の棚として生まれたわけです。
以後これに習って、地板なしの溜塗り二重棚 などが好まれたと考えられます。 

台目の小座敷、向切りの茶室は、すべて 水指が運びとなりますから、
今日では土物の水指が好ましいことになります。
例えば南蛮、伊賀、信楽、備前、常滑、丹波、美濃伊賀、唐津、萩、高取、上野その他、
全国各地の国焼物で、磁器以外はほとんど使用することができます。 

また、楽焼、瀬戸、高取などは、本来棚にも運びにも使用できるものです。

塗り物として古いものでは、紹鴎時代の真塗り手桶、木地物では釣瓶や曲水指などが あります。
蒔絵などのある塗り物水指は、 棚に使います。

茶の湯歳時記 炉編 P90〜91


莨盆 表千家 好み

莨盆 表千家 好み

宗旦好みの手付莨盆に、黒塗縁溜塗行李蓋、真塗舟形、縁黒底溜塗舟形、松木地長煙草盆

表千家の好み物の手無煙草盆には、
六世 覚々斎好みに、
一閑潤朱塗で上下に糸巻透しで左右の繰りがない糸巻煙草盆、一閑縁溜内底黒塗行李蓋、

七代 如心斎好
檜黒塗糸巻透、
青漆爪紅糸巻透、
黒一閑粒足
イメージ 3

イメージ 4イメージ 5



十二代 惺斎好み、黒四方、秋田春慶糸巻透、

十三代 即中斎み、一閑鱗透、
十四代 而妙斎好み、溜塗独楽透

宗旦好みの手付莨盆に、一閑木瓜、一閑釣瓶、一閑虫籠、一閑手付丸

表千家の好み物の手付煙草盆には、
七代 如心斎好みに、田楽箱があります。鯨手で、蝋色塗のものと桑木地のものがあり、蝋色塗のものの火入は染付雲草・水玉・冠手など唐物が映るといいます。       

十一代 碌々斎好み、杉木地丸形、
十二代 惺斎好み、松摺漆竹手付、
十三代 即中斎好み、真塗手付糸巻透、
十四代 而妙斎好み、一閑手付糸巻透、手付曲面朱

兼中斎好
桐櫛形莨盆 誠中作
イメージ 1

糸巻透木地莨盆 誠中作
イメージ 2

莨盆はいつから?

莨盆はいつから?

莨盆は、利休の時代には茶席では使われておらず、
江戸時代に入り宗旦・遠州・宗和あたりから好み物の煙草盆が登場し、
江戸後期に莨盆一具が茶事の道具として一般的になったといいます。 

莨盆は、形はさまざまで、大別して手付と手無に分けられます。 
莨盆は、唐物には蒟醤・青貝・漆器・藤組など、和物には唐木・漆器・木地・一閑張・篭などがあります。 
莨盆は、大名好みのものは、飾り金具、塗蒔絵、透し彫り、唐木彫りなどの等手の込んだ細工物が多いのに対し、茶人好みは桐や桑等の木地で形も簡単なものがほとんどです。

手付煙草盆(てつきたばこぼん)は、
箱形の煙草盆に、多くは角形の提手が付いたものです。 
煙草盆の提手は、提げて持つことのできるように背の高い物が多く、
材質は、木、鯨鬚、竹などが用いられ、取付け部分や柄の角の部分に飾り金具を付たものもあります。 
煙草盆の形は、長方形、入隅、木瓜形、田楽箱、筒形、足付などがあり、
胴に透かしの文様が入ったものも多くあります。 

手無煙草盆(てなしたばこぼん)は、
手付煙草盆に対していう言葉で、代表的なものとしては、
行李蓋(こうりぶた)、舟形(ふながた)、櫛形(くしがた)があります。 
行李蓋は、形が柳行李の蓋に似ていることから呼ばれ、
角が丸い長方形で、内側には葉入(隅入)の段差がついていて、松木地、真塗、一閑などの種類があります。 
舟形は、長方形の小深い形で、胡桃足などもあります。 
櫛形は、長方形で、四方の面が、女性が使う櫛の形のように下部が水平で上部にゆるやかな丸みをもつ山形になったものです。 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事