茶の湯覚書歳時記

先生によって見解の違いがあることがあります。それぞれ先生の教えにそってください。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

雲錦模様

雲錦模様

満開の桜と紅葉とを配した、
色絵模様のことで 
雲錦の雲は白雲で桜花を、
錦は錦織で紅葉を表現したものなんだそうです。 


■名の由来 
京都の言葉遊び
 「吉野山の桜は雲かとぞ見え、
 竜田川の紅葉は錦の如し」 
からとられたもののようで、
幕末の京焼の陶工
「仁阿弥道八(高橋道八)」が考案したそうです。

■少々詳しく見ると
平安時代前期の、
勅撰和歌集『古今和歌集』の仮名序に 
 「いにしへよりかく伝はるうちにも
 奈良の御時よりぞ広まりにける。 
 かの御代や歌の心を知ろしめしたりけむ。 
 かの御時に、
 正三位柿本人麿なむ歌の聖なりける。 
 これは君も人も身をあはせたりといふなるべし。 
 秋の夕べ竜田川に流るるもみぢをば、
 帝の御目に錦と見たまひ、 
 春のあした吉野の山のさくらは
 人麿が心には雲かとのみなむおぼえける。」 
とあるそうで、 
「竜田川 もみぢ乱れて 流るめり 
 渡らば錦 中や絶えなむ」(古今和歌集 読人知らず) 
と 
「桜花 さきにけらしな あしひきの 
 山のかひより 見ゆる 白雲」(古今和歌集 紀貫之) 
が該当してくるみたいです。 

吉野山の桜の雲、竜田川の紅葉の錦。 
「春・秋」「山・川」「花・木」
「桜色・紅葉色」「雲・錦」の対比が綺麗です。 

イメージ 1
色絵桜紅葉文大鉢(雲錦手) 仁阿弥道八  京都国立博物館
底に「道八」の刻銘あり
高 15.2 cm 底径 16.5 cm

仁阿弥道八は奥田頴川の門下で、幕末の京焼の名工の一人とされる。
「吉野山の桜は雲かとぞ見え、竜田川の紅葉は錦の如し」の意を踏まえ、
桜と紅葉を描いた色絵を雲錦手と呼んでいるが、これは道八が得意とした意匠である。




濃茶のお茶、湯の量

濃茶のお茶、湯の量

水屋での点て出し、
1人4g

3人分12g
1服柄杓利用:1杓目8分目、2杓目5分目(半分)

4人分16g
1服柄杓利用:1杓目8分目、2杓目8分目

30/12/6 宗以

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事