梨のやまやす

高知県の針木地区で梨を栽培しています。

冬の草刈り

梨畑の草を刈っています。
イメージ 1
来月には肥料を入れ、耕します。

管理機のロータリーに巻き込まないよう、乗用草刈り機で草を細かく切り刻みます。
乗用が入らないところは刈払機で。

重労働です。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

PH

酸性雨や肥料によって土壌も酸性へとじわりじわりなっていきます。

やや酸性土壌を好む梨の木。

土壌中のPHを安定させるために『苦土石灰』を撒いています。

イメージ 1
今日は弟にも手伝ってもらいました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

来年に向けて

新高梨の収穫が終わり、来年に向けて作業を始めています。

梨畑の草を刈り、接ぎ木をしています。

今日接いだ品種は『甘太』。
今年少しだけ収穫したのですが、とにかく人気がありまして。
苗もあるのですが、実がたくさん取れるには10年くらいかかります。

そこで。

今年も新高梨の木に甘太梨の花芽のついた穂木を接いでいます。
イメージ 1
接いだだけ来年甘太梨が収穫できます。
まだまだ気温の高い高知市針木。
あと数日できそうです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

果物屋さんでとても活動的な方がいます。
その方からのお声掛けがあり、妻と参加させていただきました。

『こうち逸品素材マッチング商談会』
栽培方法や品種などに特色のある県産青果物およびそれに付随する加工品の展示商談会を開催し、県内の生産者等と県内外の飲食店等とのマッチングを図り、高知の逸材の販路開拓・拡大を目指します。

私たちを含む23の生産者等が出展。
試食や販促資材などを用意し、来場者を迎えていました。
私は新高梨の出荷があり、準備を果物屋さんにまかせっきりにしてしまいました。(ありがとうございました。)
新高梨が終わってしまい試食等準備できませんでしたが、熱い気持ちで来場者を迎えました。

東京から有名なパティシエ金井史章さんを招いて調理デモンストレーションもあり、たくさんの来場者がありました。
イメージ 3

集まった生産者も大きな志を持った方が多く、とても刺激されました。
いい出会いもありました。
イメージ 1
江本農園さん。

イメージ 2
ファーム輝(かがやき)さん・・・と果物屋さん。

ありがとうございました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

皆さんこんばんは。
ご無沙汰しております。

ご想像通り新高梨の収穫、出荷が大変忙しく、ブログを更新する時間を作れず、メールチェックすることが出来ずいました。
ご迷惑をおかけいたしました。

今年も暑い夏、少ない雨で新高梨の高温障害が少々出ました。
被害が当初の予想より少なかったので収量があり、ありがたかったのですが熟れ過ぎる前に収穫しようと必死でした。
怒涛の一か月でした。

新高梨の収穫、出荷は無事終了いたしました。

ありがとうございました。

なるこ梨の収穫、出荷は来週末を予定しています。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

感謝

いつもいつも、そばで支えてくれてありがとう。
あなたがいなければ今の私はいないでしょう。





家族に支えられ、周りの友人に支えられ、お手伝いさんに支えられ、お客さんに支えられ・・・たくさんの方に支えられ、梨栽培が出来ています。

ありがとうございます。




みんなの賞です。





イメージ 1

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

お待たせしました!?

我が家の主力品種『新高梨』の登場です。


今年も早生梨の収穫、出荷作業からそのまま新高梨の収穫、出荷作業となりました。
イメージ 1
温暖化の影響だと思うのですが、最初っから糖度が高いです。
おいしいのでいいのですが、高すぎると障害果も出ます。

何はともあれ、忙しく働いています。




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

土佐幸福梨

リンゴのような食感が特徴です。

糖度は13度前後。

まだまだ認知度は低いのですが、徐々に人気が出てきています。

土佐幸福梨。
イメージ 1
残りわずかです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事