かいさんのサイクリング紀行・日記

KSC熊本サイクリングクラブでサイクリングを楽しんでいます♪

歩こう会

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

第1回歩こう会役員会

平成27年4月7日(火)晴
歩こう会第1回役員会は委員等27名が出席して昼過ぎまであり、弁当が出されました。
議題は事前に幹部会等で審議されたものを「総会のリハーサル」で最終チェックが行われました。

この記事に

開く コメント(0)

平成27年4月6日(月)雨
今年度歩こう会例会は雨で始まりました。
第468回例会は宮崎県五ヶ瀬高原の「三秀台」と「三ケ所神社」を巡る例会でした。

この記事に

開く コメント(0)

小岱山登山!

歩こう会第467回例会
平成27年3月11日(水)曇晴
今日の天気は昨日の冷え込みに続き寒い曇り空の予報である。例会は県内の近場と会って各集合場所の集合時間も遅く防寒具を身にまとい、忘れ物はないかなどしっかりと準備をして7時30分、わが家を出て集合場所「陣の平バイパス入口」へ向かった。ここに集合するメンバーは欠席者もなく9名が乗り込み、各集合場所に立ち寄り、最終集合場所「野々島公民館」へ到着した。ここでは事前に上村副会長さんのご配慮で「公民館施設(トイレ)を利用できる」ことで参加する人も安心だ。出発前1、2号車のリーダー、サブリーダー、救護班及び1班〜4班の班長と副班長及びドライバーさんが集まりのミーティング、高宮会長から今日の参加者は85名中2名の欠席者があり83名で、今日のスケジュールや注意事項等の説明があり、リーダーの上村副会長さんが「安全第一で行きましょう!」と詳細について説明がありました。我々2号車(42名)は、リーダー(東)、サブリーダー(橋口副会長)、救護班(福田さん)で1号車に続き8時40分出発した。
車中で出発前のミーティングの内容や橋口さんの音頭で「例会の心得」を全員で唱和し安全を誓い合い、1時間程で「小岱山ふるさと自然公園ビジターセンター」へ到着した。
管理人「上原様、上野様」から全員へ「小岱山るーと地図」や「小岱山ふるさと自然公園山開き」の素敵な野草や昆虫類の写真集を頂くなどの歓迎を受け、センター内の展示資料などを見学が出来ました。
広場に集まり、全員で準備体操後、班ごとに整列し人員点呼を行い、10時25分、いよいよ1班を先頭に2班、3班、4班編成で「丸山コース」から登山開始です。私は3班の班長として先導し2班の後に続きます。
イメージ 1
2,300m行くと先行する班の1名が具合が悪くなりリ、一人が付き添いタイヤすることになりました。寒かったということで防寒着を多く着込み、体温が上がり過ぎて具合が悪くなったのか?お互い体調に気配りしながら水分をこまめに取りながら頑張りましょう!
10時58分、丸山分岐点を右折し「丸山展望所」へ11時2分到着。
イメージ 2
素晴らしい眺望を堪能し、「丸山展望所」で3班4名とほかの班5名が体調を考慮して、「ビジターセンター」へ下山することになりました。我々「観音岳組」は11時20分次の目的地「観音岳」へ向かう。途中、丸山展望所で別れたグループから「無事にビジターセンターへ到着した!」との知らせを受け安心する。
観音岳には登りは階段を利用し「うさぎ石」などを見ながら尾根伝いに12時に到着。山頂は広々として眺望も良く、他の登山客も多い。早速点呼を取って各班、各グループ思い思いに分かれて13時まで楽しい昼食タイムです。
イメージ 3
 
ここで各班のグループ写真を撮って、
イメージ 4


「荒尾展望所」へと向かい、13時13分、眺望所では「一同に登ると底が抜けるぞ!」と躊躇しながら交代で眺望を楽しむ!
ここから引き換えし下山開始です!
13時45分、往路の階段を避け、易しい回り道を利用するも、ここが意外と難所で安全には気を使いながらゆっくりと下る。
14時10分、少々時間がかかったが全員無事に下山し、14時45分にバスに乗りこみ、14時46分、あの痛ましい「東日本大震災」で亡くなられた多くの犠牲者と、また4年もたった今でも多くの行方不明者に対し「黙祷」で哀悼の意を表し、冥福を祈った。
15時過ぎに次の目的地「玉名市立歴史博物館」へ立ち寄り、特別展示会「錦絵でみる西南の役」を、数多くの「錦絵」で追いながら学芸員さん解説で貴重なお話を聞くことが出来ました。
「西南の役」と言えば「田原坂の戦い」がクローズアップされがちであるが、ここ玉名の地は西南の役の“関ヶ原”といわれる「高瀬大合戦」の地で知られています。
頂いた資料によれば
「西南の役において、明治10年2月25日から2月27日にかけて経済の要衝高瀬の争奪を巡って両軍の主力が初めて衝突し激しい戦闘が繰り広げられた。官軍の乃木希典少佐g玉名村で負傷し、西郷隆盛の末弟である西郷小兵衛が繁根木川口で戦死し、25万俵の米を収容した高瀬御蔵を始め高瀬の大半は戦災に遭った。
官軍・薩軍にとって高瀬は譲ることのできない要地であったが、両軍の主力同士の戦いは官軍の勝利に終わり、西南の役の勝敗の分かれ目となった。高瀬を失った薩軍は、南関進出の見込みが断たれ、北進の道は完全に挫折。これより田原坂へ退去し、長い長い消耗戦を戦うことになる。」とありました。
学芸員さんは「高瀬大橋」は当時、当然ながら木造で、官軍がこの橋を爆破し、薩軍の進路を断ったことなど、錦絵を解説、古墳時代の遺物などの説明で時間も大幅に過ぎるなど熱心に説明していただきました。帰りには館長様はじめ学芸員さんたちのお見送りを受け帰路につきました。ありがとうございました。
帰りは山鹿市の「JAかもと夢大地」に立ち寄り「買い物」を楽しみ、わが家には18時頃到着しました。
今回は「小岱山」と言うよく知られた比較的容易な登山コースではありましたが、途中でリタイアされた方や、丸山展望所までで引き返される方などがありましたが、その時々で判断され行動されたことで無事に終了することが出来ました。皆さんのご協力ありがとうございました!そしてお疲れさまでした!
                       ルート図
イメージ 5

標高図
イメージ 6

「熊本シニアサイクリングクラブ」では画像を多く公開しています。
http:kaisan2015.com/

この記事に

開く コメント(0)

平成27年5日(木)曇
第466回西合志歩こう会例会は「宗像神社&皐月海岸散策」です。
参加者は当初予定者数は99名でしたが、6名が欠席し、1号車(大型)35名、2号車(小型)18名、3号車大型40名総数93名の大人数だ!
各地から乗り込み、各車最終集合場所は九州自動車道「玉名PA」各車リーダー、サブリーダー、救急班とドライバーさんを共に総括リーダーの高宮会長から諸周知事項の説明があり、1号車を先頭に今日最初の目的地「鎮国寺」へと向かいました。
イメージ 1













明日に続く…

この記事に

開く コメント(0)

平成26年11月30日(日)雨

生憎の雨となったが、西合志歩こう会の事前調査を実施した!

指宿フェニックスホテルを8時30分頃出発し
イメージ 1

「フラワーパークかごしま」で情報を収集する。

玄関前には樹齢400年の見事な「アコウの木」が2本

イメージ 2



JR日本最南端の駅「西大山駅」に!
イメージ 3

ここでは郵便局から出張して記念の郵便切手や郵便はがきを販売していたので、年賀はがき20枚を買い求め、サービスに「小さな貯金箱」を頂く。

外の6名もなにがしかを買求めていた。

ここから長崎鼻までの区間ウォーキングとしたが雨も酷くなり、中止して来るまで「長崎鼻」まで移動する。
イメージ 4

ここから「鍋蓋神社」へ
イメージ 5


ここでは雨の中、鍋蓋を頭に載せ、ある区間を鍋蓋を落とさず歩くとご利益があるとのことでチャレンジするも1回目は失敗し、2度目で成功した(^O^)/

ご利益は如何に?(*^_^*)!



枕崎の白波酒造所を訪問し、試飲などを楽しんだ後、市場のレストラン「ぶえん」へ移動して昼食をとって、



知覧の「武家屋敷」を見学
イメージ 6

予定のコースを観終わって帰路に着く!

鹿児島」ICを通り過ぎて暫らく行くと事故をおこしたばかりの車に遭遇!


イメージ 7

自損事故か?フロント部が大破し、残骸が散乱したまま、ドライバーは外に出て連絡をとっている様子。雨で路面も濡れ速度規制が掛かっていたのだが…!



午後5時20分頃我が家に着いた!

600kmを越えるルートを一人で運転した坂口氏には大変お疲れ様でした!

事前調査も無事終了し、参加された皆さん、お疲れ様でした!

この記事に

開く コメント(0)

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事