かいさんのサイクリング紀行・日記

KSC熊本サイクリングクラブでサイクリングを楽しんでいます♪

山歩録

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全31ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

西合志南小学校卒業式

平成27年3月25日(水)晴

小学校の卒業式に出席してきました。</font></b><br>
  一人一人名前を呼ばれ大きな声で「ハイ!」と応えて、
   姿勢も凛々しく卒業証書を受け取る姿に感動します!

イメージ 1










イメージ 2

イメージ 3











何時もお立ち寄りありがとうございます。
詳しくは「熊本シニアサイクリングクラブ」をご覧ください!

この記事に

開く コメント(0)

立田山ウォーキング!

平成27年2月3日(火)快晴!
日曜日に引き続き快晴!

久しぶりに立田山ウォーキングを思い立ち、午前9時40分相方と二人で出かける。

          噴煙を上げる阿蘇山!
イメージ 1

コゲラ、ヤマガラなど野鳥が飛び交っているが

デジカメでは追いかけての写真取は難しい(ーー;)
1枚も撮れないまま帰路に着く!

本日の歩行データー
歩行距離:11.08km
歩行時間:2時間40分
「熊本シニアサイクリングクラブ」 も宜しく!

この記事に

開く コメント(0)

平成27年1月24日(土)晴

昨年暮れは何かと忙しく新年になってからはパソコントラブルでバタバタとし、2,3日前からは風邪気味で活動が出来なかったが、久しぶりに相方と立田山公園近くまでウォーキングに出かけた。










北高前の新築工事をしていたところはすでに完成し、、畑地帯の一角には大規模なソーラー発電設備が出来ていて、長く歩いていなかったのだな〜と思いつつ、




今日は「世継宮」まで短い距離で終了した。













午後からは熊大病院へ近く退院する予定の親族を見舞にでかけ1日は終了!
「熊本シニアサイクリングクラブ」も宜しく!

この記事に

開く コメント(0)

2日目(19日)は天気もよさそうです!
 
ここまで来て二度と経験することもないかもしれない「日田経由の兵戸峠」を超えよう!やるのは今でしょ!」の声に押され、田上さんはセフティーを重んじ女性二人のことを案じ、一緒に往路と同じコースで帰ることになり、持木さん、石田さん、田中さん、太田さんと私の無謀な「やるのは今でしょ!組」は5人での帰路となりました。
決まったら早く出発しよう!とホテル前で記念写真を撮って
イメージ 1
予定より10分早い8時50分、タイヤの空気圧も相方のも含め事前にしっかりと調べてOK!
出発早々50m移動したであろうか、前輪がパンク状態に!しっかりと確認したはずなのになぜ?!と疑問が湧くが仕方がない!と、だが、ちょっと待て!昨日田上さんからバルブの締め付け過ぎの講義を聞いたばかりだ!ひょっとしたらと、チューブを取り換える前に一先ずポンプで圧を加えてみようと、持木さんがポンプ役をかってでて空気を入れ始めると、何と正常に圧が戻ったではないか!漏れる様子もなく、太田さんが最後尾について様子を見ながら行ってもらい、一先ずこれで出発してみることにした!ヒヤヒヤしながらもなんとか持っている様子。このまま1時間ばかり漕いで日田市内に入り、20km程漕いだところで210号線と別れ、国道212号線交差点の物産店に立ち寄り休憩!
タイヤもここまで来て何ともなければ大丈夫!と不安材料がなくなりホッとする。
10時15分、国道212号線に入り、じわじわと上りが続くはずだが、まだ平道と同じようなペースで漕ぎあがる!
 
10時40分、27km地点の「道の駅おおやま」に立ち寄る。
11時30分、35km地点でスタートしてから標高差200m位だろうか「松原ダム」に到着。
イメージ 3
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松原ダムを過ぎ県道に入るころから登りもきつくなり始め、ペースも落ちる。
12時30分から13時10分、47km地点で国道387号線「道の駅かみつえ」で昼食タイムを取り休憩!
 
上津江フィッシングパークに向かう。ここまでで一番の急坂がこの区間ではなかっただろうか。途中で持木さんが自転車から降り歩き始めた!
14時、「筑後川源流の碑」がある「上津江フィッシングパーク」に到着!
イメージ 4
表示案内の地図には源流の碑があちこちにみられるが、地図に載っていない熊本県内の黒川温泉の「恋人の聖地」にも立派な「源流の碑」があったが、どこが本当の源流だろうか?
 
ここから「兵戸峠」はもそこだ!頑張ろう!と持木さんがいない!どこに行ったのだろうかと太田さんが探しに出かけたが見当たらない。ひょっとして先に出かけたのでは…と、戸峠を目指して漕ぎあがると、遠くに自転車が見えてきた!持木さんの話では「皆さんに遅れて迷惑をかけるといけないから」と、早く出発したそうです。 
以前何度か兵戸峠は越えたことがあるが、熊本県側からの登り勾配が大きいようだ。大分県側からはだらだら坂が長い分、楽なよう気がした。しかし、どんな坂でも楽なところはなく堪えるね!
14時20分、トンネルを抜け熊本県に入り、遂に「兵戸峠」を通過し、後は約8kmのダウンヒルを楽しむばかりだ。
車両も極端に少なく、道もよし!ルンルン気分で一気に下り下りる。
水の駅から左へと向かい一路「旭志方面」を目指す。トンネルを潜り、少し上り坂を登りきると、
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
さび付いたような大橋を渡り、途中で田上さんから「いつもの植木温泉で休憩中!」の電話がかかり、我々が遅れていることが判明した。
旭志で持木さんと別れ、残り4人は向かい風に悩ませられながら合志川沿いを泗水まで行き、後は国道387号線をそれぞれわが家に向けて一目散に漕ぎを早める。
わが家についたのが16時20分で相方より30分程遅れての帰宅となった。
本日のルート図
 
イメージ 7
                    復路は青色の線
本日の標高図
 イメージ 8
 
 
本日の走行データー
走行距離:95.47km 
走行時間:5時間57分  
平均速度:16km/h 
 
2日間のトータルデーター
総合計距離:194.13km
総走行時間:11時間33分
 
 
参加された皆さん、天候にも恵まれ楽しい新年会も無事終了することが出来ましたね!
田上さんのお蔭で、我々5人組は日田経由「兵戸峠越え」安心して出来、特に70歳を超えた私たちにとっては「今しかない!今でしょう!」の声に押され、貴重な体験を実施できたことに感謝です!
皆さんご協力ありがとうございました!

この記事に

開く コメント(0)

飯田山(益城町)

平成27年1月10日(土)晴(雲多し)

午前中に「飯田山へ登ろう」と家族4人マイカーで出かけた!
途中、「浮島神社」に立ち寄り、公園内を散策!

池には多くの水鳥(カイツブリ、カモ、バンなど)が浮いている。

イメージ 1
池の向こうに見えるのが「飯田山」
畑には「ジョウビタキ」も…!
イメージ 2

神社では「自転車お守り(700円)」をゲット!これで1年を安全に!とお参りしてご利益があるかどうかは本人次第…!
常楽寺入口の池の傍にある駐車場は満車状態で辛うじて軽自動車が1台入る程度のスペースに駐車して歩き始める。
イメージ 3

飯田山は昨年来た場所でルートははっきりとしているので、相方と娘は私よりも後からゆっくりと歩く様子なので、前を行く息子の後を追って速足で歩き、数人のグループを追い越し「嫁ご坂」を登り、「常楽寺」駐車場で相方と娘を待つが、待てど待てど姿は見えず!
お寺の境内などで時間を潰す!
池にはカエルの卵がイッパイ!春遠からじ!
イメージ 4

娘とはケータイで連絡を取り合っていたが、1時間後に連絡を取ったところ、どうやらここの分岐点で間違えたようで「はちまき回遊山道」の案内に沿ってルートを取ったが、

途中から道は途絶え、周回を断念し引き返し、
「今どこだ?」に娘は「男坂を通過中!」
「ナニ!我々が待つ「常楽寺」は通らず行けたのか?!

我々は急ぎ常楽寺山門から
イメージ 5

常楽寺本堂
イメージ 6

劇坂の男坂」を汗掻き掻き山頂を目指し、山頂で待つ山陽へ到着!
イメージ 7

12時過ぎに昼食タイム!
[
イメージ 8


山頂では10人くらいのコーラスグループが奇麗な歌声で合唱を楽しんでいます。
イメージ 9


聞くと益城町からのグループ。名刺を頂いた方は熊本県内を中心に登山を楽しんでいるとのことで、登山を楽しむ、元気溌剌のグループでした!


午後2時50分に帰宅!

歩行データー
歩行距離 4.2km
歩行時間 1時間20分
歩行数  10000歩(朝のウォーキング含)

この記事に

開く コメント(0)

全31ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事