定年親父の部屋 パート2

このページでは定年オヤジが遊び呆ける日々の退屈なお話を気ままに書いています

自転車の事とか

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昨日の忘れてしまったハッチバック用のサイクルキャリアの件です(^_^)/。

今、突然思い立って工房にそれを確かめに行って来ましたが、結局部屋に持って来ちゃいました(^^ゞ

イメージ 1
具体的に使い方をご説明するには実際の車のハッチバックに取り付けないと解り難いとは思いますが、この時間ですし雨も有って居るので、部屋の中でそれをやるにはこの平面バッフルがとっても都合が良いと(^^ゞ。
で、付けてみました(^_^)/。
中央の大きな矢印部分に前後のタイヤを外した自転車のフレーム部分を引っかけて載せます。

イメージ 2
これを買ったのは今を去る事30年前位昔ですから、スポンジ部分は硬化しちゃって居ましたが、100均製では考えられない程、自転車を載せてそれを固定する為のゴムひもは未だに殆ど劣化して居なくて元気に伸縮して呉れました(^_^)/。

流石にノルウェー製?か何処か北欧製だったハズです(^_^)/。


イメージ 3
ハッチバックのドアの上下にフックを引っかけてナイロンベルトを締め付けるだけでキャリア本体は固定できます。








イメージ 4
で、不要時にはこうして平らに畳んで仕舞えます。

これを使って居て当時の車のハッチバックに凹みとか傷を付けた記憶は全く有りません・・・が、既にそのボディー保護の為のクッション材のスポンジが硬化しているので何か柔らかい当て物をした方が安心化と思います(^^♪。


暇を見てお届けか近くにお越しの際に途中でお渡しか、もう使いませんので差し上げますのでご都合の宜しい時に(^_^)/。

【追加画像
イメージ 5
ちょっと余所様から無断で画像をお借りして仕舞いましたが、こんな感じです。

我が家ではこれを使って居た時は小さい車ばかりでしたが、「うに」さんのあの大きな車でしたが前後のタイヤを外さなくても大丈夫見たいですネエ(^^♪。

開く コメント(8)[NEW]

開く トラックバック(0)

先日ペガサス2号機で走り出した時、リアプレーキのワイヤーの調整がズレて居た事に気が付きました。

でももう家から数十メートル走って来ちゃったので、戻るのは面倒なのでADJで合わせてそのまま走って来ました。

それを先ほど「パジャマさん」のブログを拝見して居て思い出したので合わせに行きました。


イメージ 1
走りながら合わせたADJを最低に戻すとこんなに緩かった(-_-;)。

これじゃ不味いです。








イメージ 2
でも、「パジャマさん」のと同じタイプでワイヤー長を合わせにくいチドリです(-_-;)。

ワイヤーの長さをピッタリに切らないとダメなんです。






イメージ 3
でも好い加減に切りました(^^ゞ。

大体8mmって感じでしょうか?。

ここらが苦節50数年、自転車に乗り続けているキャリアが物を言う処でして(^^ゞ。





イメージ 4
結果は完璧・ピッタリです(^_^)/。

ワイヤーのカットした長さはピッタリでしたが、とんでも無い事が起きちゃって・・・(-_-;)。

自転車を立て掛けていた台の角がフレームのヘッドチューブの上側のラグ部に当たって居た為に・・・




イメージ 5
そのラグのメッキがズレた?
(@_@;)。

メッキが錆びるでは無くて、メッキがズレる・・・?。

ホントにズレました(^^ゞ。

アルミシートを張っただけのニセメッキですから簡単に剝がれちゃいます(^^ゞ。

と言うか、上のヘッド小物から漏れて来たオイルでアルミシートの粘着が駄目になって居た様です。






イメージ 6
仕方が無いのでメッキのやり直しです(^^♪。

ニセメッキは危険な薬剤も下地処理も何にも要らないので直ぐ出来ます(^^ゞ。






イメージ 7
先ずは元々のニセメッキは全て剥がして、オイル等の汚れは綺麗に拭き取って置きます。










イメージ 8
メッキの材料はこんな幅広の粘着付きのアルミシートです。

キッチン用アルミシートとしてホームセンター等で売られて居る物と変わりません。






イメージ 9
メッキ用の道具はカッターと割りばし等を斜めにカットした物が有ればOKです。









イメージ 10
貼りたい部分の大きさに合わせて切ったアルミシートの裏紙は剥がさずに貼りたい部分に合わせて上から押し付けて、ラグの大体の形を写し取ります。







イメージ 11
ラグの大形が写し取れました。

要らない部分が有ると貼るのに面倒なので、要らない部分を適当に切り取って仕舞う為です。







イメージ 12
適当で良いんです。











イメージ 13
それを裏紙を剥がしてからラグ部分に貼り付けます。

貼った上から先を斜めにカットした割りばしで「ゴシゴシ」と貼りたい部分だけ上から擦り付けます。






イメージ 14
多少のシワが有っても上からその割りばしとか爪でしごけば皺は消えて仕舞います。

最悪消えなかった場合は我慢して諦めます(^^ゞ。






イメージ 15
貼りたい部分と不要部分の境目にカッターで切り込みを入れますが、
此処が一番難しい部分です。

刃先を入れ過ぎると塗装が傷みますし、少なすぎると不要部分を剥がす時に残したい部分が一緒に剝がれたり切れちゃったりします。
良く切れるカッターの刃先でやります。


イメージ 16
不要部分が剥がせたらほぼ完成です(^_^)/。










イメージ 17
しかし、元々がアルミシートですから殆ど艶がありませんので、研磨剤を付けた布等で少し磨けば直ぐに光ります・・・ある程度はネ(^^ゞ。








イメージ 18
序に以前剝がれたままになって居たシートステイのフタにも貼って置きます(^^♪。









イメージ 19
ハイ完成です。











イメージ 20
余り近くで見られない様にすれば一見ホントのメッキの様に見えます(^^ゞ。


















イメージ 21
シートステイの蓋も良い感じでしょ?(^^♪。

本物のメッキは錆びない様にするのが大変ですが、このニセメッキは剝がれたらまた貼れば良いだけなので(^^♪。

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

一度気になるとどうも通って仕舞う困った処が有る様で・・・(^^ゞ。

今日も江戸川土手近くの一帯に再び自転車−で行ってみたくなりまして・・。

イメージ 1
私はこのタチアオイに変な間違った刷り込みが有る様で、これを見るとホントは梅雨なのにどうも真夏のイメージが(^^ゞ。

其れも何故か夏休みに子供たちを連れて行った糸魚川の風景が浮かんでしまいます(^^ゞ。













イメージ 2

















イメージ 3
一時でもは車の多い道路に出たく無くて畦道を拾って走ります。










イメージ 4
車の来ない処をのんびり走るのってホントに心がくつろぎます(^^♪。










イメージ 5
昨日アビーで来た時から気になって居た弓道場です。

でも中は伺う事は出来ませんでした。







イメージ 6
其の弓道場の裏手には観音寺と言う禅寺?が・・・。

ここら辺は結構古い物が多いんですネエ。







イメージ 7
此処からはもう直ぐ側が江戸川の土手でして、















イメージ 8
土手に出たところにはサイクリスト達用の休憩所が有って、自販機、トイレ、自転車の空気入れ等々が設置されて居ます。








イメージ 9
トイレは何時も綺麗にお掃除が行き届いていて居る様で清潔でした(^_^)/。









イメージ 10
どてからおりて、今度は昨日アビーで行ったと同じ処を今日もクルクルと走り回って来ました(^^ゞ。

でもヤッパリ自転車の方が小回りが効いて便利でした(^^ゞ。















イメージ 11
此処も昨日アビーで走った道です(^^ゞ。



















イメージ 12
突然グラウンドの様な物が有ったので何かと思ったら、「大正大学埼玉校舎」そうです。

でも人っ子一人居ないって??。







イメージ 13
其の先に「金野井用水路」が有るのですが、グーグルの地図で見ると全く違う「二郷半用水」と言う名前になって居るのは何故でしょう?。

そしてそこに沿って走って居る道路の名前が傑作で
「笑顔で収穫らくらく農道」
と言う道路が有るんです(^^ゞ。


イメージ 14
誰がこんな名前を考えたんでしょう?(^^ゞ。









イメージ 15
其の金野井用水の側のお宅の駐車場にこんな素敵なトラックが止められて居ました(^_^)/。

キューバへ行かないと見られない様にピッカピカでした(^^♪。






イメージ 16
そして突然時代劇の撮影でも出来そうな塀が出てきたり・・・。

ホントにここら辺は面白い処ですネエ(^^♪。







イメージ 17
で、再び江戸川の土手に上がってみたら、突然こんな物が河原の・・・昨日アビーで走ったあの砂利道をピョンピョンと走って来て、突然首の後ろを後ろ足で掻いて居ます(^^ゞ。

私からの距離にして100m以上離れているので望遠目一杯で余り綺麗に撮れませんでしたが・・・


イメージ 18
再び走り出しましたが・・・此れって

イタチの様な?テンの様・・・??。

走り方が全く違うので犬や狸で無い事は確かですが・・・。







今日もキジが出て来て、サイクリングロードを横切って行ったのを見ましたが、丁度この動物の写真を撮って居る最中だったのでそちらを撮って居る余裕は有りませんでした(^^ゞ。

しかし、帰り道に再び大落古利根川の土手を走って居たら、川側から田圃に向って雛を連れたメスのキジが横切って行ったのを見たので、近くへ行って草薮を覗いてみたら、なんと私から1m少しの処にその雌のキジが居て目と目とが合って仕舞いました(^^ゞ。

ヒナが一生懸命田圃へ降りて行くのを見守って居た様でした(^^♪。

イメージ 19
この蝶はベニシジミ?。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

江戸川土手まで

夕べからどうも頭が痛い(-_-;)。

夢の中でも在職中にコンピュータのクロック調整をしていて、何故か解りませんが
「このクロックをこっちに合わせると頭が痛くなり、こっちに合わせると痛くならない」
なんて言う意味の解んない夢を見ていて、起きたらヤッパリホントに頭が痛くて(^^ゞ
夢ってホントに意味解んなくて面白いですよネエ(^^♪。

イメージ 1
頭は時々痛くなる程度でしたが、借りてきた本が一週間で5冊読み切って仕舞ったので再び図書館へ行ってまた池井戸氏の読んで居ない本を見つけたので借りて来ました。






昼食後殆ど頭の痛い事も忘れかけていたのでお天気の良い内に少し走ってこようかと工房へ行ったら・・・・

イメージ 2
今日も熊蜂が2匹で来ていて・・・
最近は何時も2匹で来て居ます。

また写真を撮って居たら、そこへ
「私も入れてよ(^^♪」
とアゲハチョウが飛んできました
(^_^)/。

毎日アゲハと、トンボと、熊蜂と、スズメと、ムクドリと、憎たらしい野良猫が来て居ます(^^ゞ。

イメージ 3
そして、やっと芝生にネジバナが咲き始めましたが、今年はちょっと少ない様です。















イメージ 4




























イメージ 5
何時もの道を走って江戸川の土手まで来ました。

此処へ来るのに家から約15kmです。








イメージ 6
お天気は夕方から少し下り坂の様です。

風が南風ですから、帰りは追い風を期待して居ます(^^ゞ。

筑波山が見えているのですが、どうしても「うに」さんを思い出して仕舞います(^^ゞ。



イメージ 7
今日は久しぶりにペガサス2号機で走って来ました。

ヤッパリペガサス1号機より走りが軽いです(^^♪。タイヤのせいですけどネ(^^ゞ。

でもメーターの電池が切れちゃって居たのでデータが取れませんでした。


イメージ 8
土手に着いた瞬間にまた「ケンケーン」とキジが啼きました。

最近自転車で走ると決まってキジに出会って居ます(^^♪。







イメージ 9
この時期何処を走ってもアジサイが綺麗に咲いて居ますネェ(^^♪。










イメージ 10
そう言えば頭が痛かったのは何時の間にか治っちゃってます(^^♪。、














イメージ 11
精々40km弱程度しか走って居ないと思いますがもう汗びっしょりでクタクタです(-_-;)。

出来たらビールを飲みたい処ですが我慢して抹茶アイスです(^^ゞ。

さあ、音楽を聴きながら読書しつつお昼寝タイムに突入です(^^♪。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

先日TVを見て居たら、今度全国の競馬場を紹介する・・・・とか言って居たので、ギャンブルには全く興味が無い私は直ぐにチャンネルを変えようとしたら、ナント「春日部にも競馬場が有った」と言う言葉にひきつけられて最後まで見て仕舞いました(^^ゞ。

イメージ 1
すぐにネットで調べてみたら今の小渕交差点と言う16号線と4号線が交わる付近に有ったのだと。

現在は米久と言うお米関係?の工場になって居るのですが、以前は雪印の工場でした。

イメージ 2
それが以前食品偽装か何かで雪印の経営が傾いた時に売られて仕舞い、それ以来米久になって居る処ですが、粕壁競馬場はその殆どが現在のその米久の工場敷地だったらしいのです。




この工場の左の道は私が良くサイクリングで走って居る処なのですが、今日は改めてペガサス1号機を引っ張り出して周りを走ってみようと出掛けました。
途中の春日部駅東口前を通過中に、春日部の観光案内所の様な「春日部情報発信館ぷらっとかすかべ」と言う処が有るので寄ってみました。

何か粕壁競馬場に関する資料が無いか聞いて見たんですが、ご存じなくて、しかし直ぐに春日部教育委員会に電話で問い合わせてくださいました。
ですが、結局春日部市史等には何も書かれて居ない事が解り、埼玉県史に少しだけ出ているだけだそうでした。
現地には遺構等も何も無いらしい。
ネット上で調べて

競馬場粕壁競馬場は現在の小渕の辺りにあった。軍用馬鍛錬のためのもの。春日部駅に引き込まれていた貨物線で運ばれてきた馬は、春日部の街中を歩いて競馬場まで移動したそうだ。戦後それは浦和に移転した。
と言う事が解って居ましたので、遺構が無いと解っても実際に現地を見に行こうと走り出したのでした。

米久の工場の周囲をグル〜っと回ってみましたが、新しい家が立ち並んでいるだけで当然何も有りません。
古くから有った様な農家が数件有るのですが、入って行って聞いてみる勇気も無いし(^^ゞ。
それでも米久の工場入口の守衛さんに工場内に何か遺構の様な物が残っているのかとお聞きしましたが、競馬場が有った事さえご存じなく、其れらしいものは無いそうでした。

イメージ 3
帰り道に古利根川沿いを走って居たらヨシキリが喧しく啼いて居ます。

ヨシキリって声は良く聴くのですが人には中々姿を見せないのですが今日は(^_^)/。



イメージ 4
盛んに啼いて居ます(^^♪。











イメージ 5
ウッ、目が合って睨まれちまったぜ(^^ゞ。

名前を正確に言うと頭の毛が逆立って居るので、此れはオオヨシキリの方ですネ(^^♪。








開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事