カタデザイン

森の建築を目指して!カタデザインの スケッチ+メモです

全体表示

[ リスト ]

081011 工事現場で

事務所の近くの道路工事現場で、遺跡の発掘調査をしています。

イメージ 1

−アルバイトみたいな人たちが慣れた手つきで発掘していました−


自分の現場が遺跡の区域内あると、試掘をしなくてはならないため工期が延びてしまうのですが、人の現場で出た遺跡には、余裕をもって古代のロマンを感じることができます。

「なんか丸くなっているけど、竪穴式かな?でも竪穴式だったら大発見だぞ!そんなわけないな、じゃああの丸いのは何だろう?」など考え考え、しばらく眺めてしまいました。

後日そこを通ると、もう調査が終わったらしく、もう遺跡は埋められていました。たいした遺跡ではなかったみたいです。

遺跡が出るということは、昔から人が住んでいたということです。最近は「そこはないだろう!」というような、昔の人は住まなかったような場所を宅地開発した分譲地がありますが、逆に遺跡の出るような場所は、昔の人のお墨付きを頂いた良い場所だということなのです。

遺跡が出て工期が延びてしまい、建主がイライラしている時、僕はそう話す事にしています。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事