全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2015.4月 JL513

後から思うといつも伊藤園でパフェ食べ忘れて悔しがるのですが、やはりこの日も到着したらすぐに国内線ターミナルへ移動してDPラウンジへ。

ねじねじ松の前には作家ものの大谷焼きと誰だかが活けた蘭の花。

イメージ 1

海外乗り継ぎなので優先的に国内線ファーストを予約できるのにうっかり忘れていて空席待ちに

イメージ 3

Sの11番、朝から通し番号だからどうなるかは運命次第。
いつもの激しいソイジョイ争奪戦を眺めていたらラウンジ嬢がカゴを持って1本勧めてくれました。
ソイジョイ、特にバナナ味はそんなに好きじゃないんですけれどせっかくだからもらう。

イメージ 2

パンもおにぎりも出ない空白の時間帯のDPラウンジ。
ダイヤ、プレミアと冠する意味はないような気がする。

自分で取ってくるおつまみには豆が入っていました。

イメージ 4

千歳行きJL513は幸い無事にFにアップ。

イメージ 5

しかも運良く昼飯便はごはん食(≧∇≦)

イメージ 6

メインは往路と入れ替わって味竜田揚げと鳥真丈。添えてあるのは梅干しじゃなくてさくらんぼ。

イメージ 7

副菜はポテサラ、西京焼き、幽庵焼き、と並んでJALさんお得意の飛竜頭。

「がんもどき」じゃダメなんですかね?

イメージ 8

飛行機は気流の悪いところを通ってしまいサービスは早々に中断し食後のコーヒーは紙コップで。

イメージ 10

お詫びのつもりか赤い箱が積み上げられ、クラスJのスペシャルドリンクもお土産にもらって

イメージ 9

これで4月のシンガポールはおしまい。
次の旅は専務(仮)といずこかへ旅立つのでした(謎)

2015.4月 JL038

どうも眼の調子が悪くなったらしいので、SATSプレミアラウンジで眼に良いブルーベリーのムースを少しばかり食べて

イメージ 8

シャワーも浴びてさっぱり

イメージ 9

乗りこんだJL038はSS6だけれどこの機材はSKY WIFI設置なし。

イメージ 1

水平飛行になるとすぐに機内は暗くなりしばし睡眠。

イメージ 2

リクエストには前と同じく「寝ていても叩き起こしてスナックと和食ね!」

イメージ 4

スナックはグリッシーニとシンガポール風蒲鉾とチキンソーセージ。
お酒のアテには良いけれど朝から食べる物ではなかった。

イメージ 3

和食のメインは毎回残念な「鮭の西京焼き」という名前の煮物。

イメージ 5

このビジネスクラスの「鮭の西京焼き」よりFRAエコの鮭の塩焼きのほうがずっと美味しかったぞ!

イメージ 6

食後は「熱い」紅茶を飲んで

イメージ 7

相変わらず寒くてたまらないSS6で羽田に到着です。

北海道づくり!

イメージ 1


イメージ 2


普段から麒麟を飲まないので違いが判りません、とほほ…。
ホテルで朝食食べて、用事済ませて、チェックアウトして、そのままクロークに時間まで荷物を預けて

何もすることがなくなったシンガポールの月曜日の午後。

本当はジャンボでチリクラブなんか食べてみたいですがひとりでは行きにくいし、週末の城東肉会のダメージも引きずっていたので遅い昼ごはんはまたしてもマックスウェルへ。

イメージ 1

いつも天天ばかりなのでたまには違うチキンライスを食べましょうと

並びの阿仔海南鶏飯へ。

イメージ 2

いつものマンゴージュースと典型的なチキンライスセット。

イメージ 3

これはこれで美味しいチキンライスだったのですが
食後に何か甘い物でもと、マックスウェル内をうろうろしていたらアイスカチャン屋発見。

イメージ 4

見るからに毒々しそうなメニューの中から一番普通に見えた芒果紅豆氷2シンガポールドルに決定。

イメージ 5

で、出てきた芒果紅豆氷、見本の写真より相当毒々しい。

イメージ 6

芒果と銘打っているくせにマンゴーはほんのちょびっとで後は変な茶色や蛍光色のピンクやグリーン。

イメージ 7

掘り進んでいくと奥には紅豆こと、あずきがひっそり

イメージ 8

甘草のゼリーも忍んでいました。身体に良いのか悪いのか?

イメージ 9

味はそんなに悪くないのですがとにかく色味が悪い…。

イメージ 10

気温30度超えでどんどん溶けていくともう何を食べているのかわからない状態。

イメージ 11

すみません、台北のカキ氷よりずっと少ない量ですがビジュアルで登頂失敗しました。

次にここに来る時はもっと毒々しいのを眼を瞑って一気に食べようと思います。←また行く気満々。
前述したように泊まったMホテルからマックスウェルフードコートまでは歩いて15分くらい。

イメージ 1

ひとりの時はフードコートで食べちゃうのが安上がりで気楽です。

イメージ 2

天天海南鶏飯はいつも大人気。並びのフルーツジュースの屋台でマンゴージュースも用意して

イメージ 3

昼に続き夕ご飯もチキンライス!

イメージ 4

「芽菜」って何だろう?と気になって頼んでみたらもやしのことでした。

イメージ 5

赤唐辛子がお飾り程度に乗っていますがそれほど辛くなく、シャキシャキして美味しいです。

イメージ 6

日曜の夜、案外早じまいするフードコートで最後にバナナのフライ。

イメージ 7

明かりがどんどん消えていく中で不気味なルックスですが、本当にバナナのフライですから!

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事