福島・野武士建築家の夢

奥州野武士建築家HPもよろしく。 http://www.ht-net21.ne.jp/~eca21/

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

床ドン

季節は冬。
2014年流行語の一つに「壁ドン」が選定されたそうですが、我が家では「床ドン」が問題になってます。それはダイニングにおける暖房騒動です。
 
東北での建築では断熱や暖房の検討は欠かすことができない。特に暖房方法の選定は難しく、これを使えばベストというものは見当たらないのだ。どれも一長一短あることから、住まい方により選定することが良いと考えている。
しかしその中でも温水ルームヒーターを使うことが比較的多い。その理由の一つに60程度の低温温風が吹き出すため、温風がすぐ天井面に上昇せず、床面を這うように広がり足元もあたたかい・・ということにある。
 
しかし我が家は違う。我が家は内外RC打ち放しで解放空間となっているため少々寒い。特にダイニングは普通のファンヒーター使用しており足元が寒い。そこで一工夫した。ファンヒーターの温風をテーブル下に向け、上昇気流をテーブルの下で止める手法をとった。これは意外と快適で、特にファンヒーター側はあたたかい。食事後のリラックス時にはテーブルの脚の補強材に足をのせ、ファンヒーターに向かい新聞を読むなどは至福の一時となる。
 しかし元々テーブルの補強材、足を乗せるようには作ってない。一人乗せると二人目は窮屈だったり、直接温風を感じれなかったりする。無理に温風をあてようとすると、家人の足が床にドンと落ちる。これが「床ドン」である。
 
「壁ドン」はロマンチックな雰囲気のようだが、「床ドン」は気まずい雰囲気となり、時には不満が爆発することも・・。便利なだけでは味わえない、コミュニケーション。しかし不毛な戦いはしたくないものです。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

家族の家

 転勤していた息子さんが戻ってきました。キャリアウーマンの奥さんと二人の可愛い娘さんを連れて。家族は古い家を壊し、一緒に住むための家を建てることにしました。初めての同居の家は、中庭で各世帯のプライバシーを保ち、中庭に集う2世帯住宅。家族の思いは「人の集まる家」。14人がテーブルを囲める居間空間が絶対条件になりました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

左下観音堂

 会津鶴ヶ城から10kmほど南に左下観音堂(さくだりかんのんどう)があります。今度、県文化財指定になるとのニュースをみ、それまで知らなかったため行ってきました。会津美里町になります。少し分かり難いところで、周りに人家もありません。
 
 建物も雰囲気もなかなか、一見の価値はあります。眺めも良い。
しかし、ちょっと恐ろしいです。
 先週夕方16:00頃一人で行きました。滞在1時間15分の間に1人しか人はきませんでした。その一人は報道関係の方でした。
 
 彼に「一人でいると熊が出てくるんじゃないかと思いハラハラしました」と言うと、
「そうですねー、下の沼で熊が泳いでるとの目撃情報が良くありますからね」と。
「えっ!・・・・・」
 
 行く場合、熊除けの「鈴」を持って行くべきです。
 
 また、写真のような洞窟もあります。
この夏56歳になりましたが、洞窟内の赤い服を着ているお地蔵様は直視できませんでした。
 
 観音堂に祀ってあるのは無頸観音(くびなしかんのん)です。
 
 お堂前掲示の説明文には・・
「延長(923-930)のころ、越後の人が無罪の罪を受けこの観音堂に逃れきて救いを求めていたが、遂に追っ手に捕えられて打ち首となった。その首を越後に持ち帰り、主人に見せたところ、観音の石首であったという。それから無頸観音と呼ばれるようになったと伝えられている」
と書かれてます。
 
 あまり夕方一人で行くことはお勧めできません。
 
 延文3年(1358年)大修理がされ現在に至ってるとのこと。
なかなかの建物です。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 3・4年位前、家電屋で「一眼レフカメラは何故こんなに価格差が大きいのか」を聞いた。店員さんは「普通の一眼レフはハーフサイズですが、こちらのカメラはフルサイズのため金額が張ります。まあ、フルサイズカメラは報道カメラマンとかプロの方が使うんで、普通の方はこちらのハーフで十分ですよ」などと言う。なんの話かは良く分からなかったが、僕はプロ仕様のカメラと言うことに反応してしまった。
 
 それまでフルサイズなど知るよしもなく、一眼レフカメラは皆同じと思っていた。当時も一眼レフカメラを持っていた。しかし10年ほど使っており画素数も低く、液晶パネルも小さく新しいカメラが欲しかった。
 
 数か月後、ある会合で立派なカメラを持つ人に会った。「良いカメラですねー」などと言うと、彼は「これはフルサイズのカメラで、戦場カメラマンがよく使うカメラなんですよー」と、延々とカメラとレンズ談義を聞くことになった。戦場カメラマンというと良くTVに出ている人を想像した。酒の力もあり「戦場カメラマンになりたい!」と思ってしまった。それはフルサイズの一眼レフが欲しいということなのだが…。
 
 しかし当時は、新しいカメラを購入すると画素数も上がり、パソコンの問題もあり、すぐには難しい。なんと言っても一番の問題は我が家の大蔵省であり、折衝はかなりの苦戦が予想された。そこで現在所有カメラのキャノンにターゲットを絞り、まずはレンズをそろえ、パワーアップを図り、来たるべきフルサイズ一眼レフ時代に備えるべく作戦を練った。その後、僕にとっては・・ちょっと良いレンズを買いそろえた。
 
 レンズはある。あとは本体だけ。時は来たのである。周りの堀を埋め固め、次はいよいよ本丸だぁ!フルサイズの環境は整った。昨年末、ついにフルサイズ本体、あの報道カメラマンが持つという一眼レフ本体をネットで注文。それまで少しづつ買い足したレンズもネットで購入している。思えば長い戦いだった。
 
 ついにその日は来た。カメラ本体が届いたのである。慎重にカメラを説明書を読み、いよいよ専用電池に充電・・。しかし充電されない。電話で問い合わせるも回復せず、交換となってしまった。
 
 一週間後、新しいカメラが来る。いよいよだ。今度は充電も上手くいった。世界最軽量フルサイズ一眼レフとはいえ、さすがにフルサイズ、重みが違う。レンズを装着。少しきつい感じがしたが、無事装着。伴侶を前に立たせ、少しゴマをすりながら、初めてのフルサイズ一眼レフカメラのシャッターを切った。音が違う。すると…。
 
 あれっ!1/8位しか写らない。。
 またメーカーに電話する。すると「EF-Sレンズはフルサイズカメラでは使えません」「・・・・・」「EF-SレンズはAPSカメラ専用ですから・・」などと、外国語と思うようなことを言う。 しばらく呆然とする。今までフルサイズ一眼レフに装着できないレンズを買いためていたのだ。このままではフルサイズカメラを持っていても一枚も写すことができない。
 
 この予想だしなかった状況に唖然とした。そしてまたレンズを購入することになってしまった。大蔵省の怒りは想像通りとなった。
 そのためフルサイズ一眼レフカメラなのに、今だレンズは1本だけ。それを補うため前のカメラも使っている。
 
 しかしこんな基本的なことを見誤った、報道カメラマンのカメラを持つ俺って…どうなんだろう?と思いつつ、 新たなる作戦を考える。
報道カメラマンの道はかなり険しく遠い・・・。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

Don't think.FEEL!

この春から2か月に一度、ある雑誌への投稿記事を書いてます。安易に引き受けましたが、2か月に1,800字は手ごわく、四苦八苦。だいたい設計者はデザインで勝負すべきで、文字や話で勝負しだすとダメになる言われているではないか。感性で勝負すべき。Don't think.FEEL!なのだ。
分かっちゃーいるのですが・・・新しいことに挑戦したいなどと・・・つい・・・。投稿文は事務所所員にダメ出しされ、毎回、書き直すありさま。元来、僕の文は内容が薄い。僕は考えるすぎるタイプだが、書く文章の内容は「考えないで、感じてほしい!」。
こんな意味不明なことを書いているのも、投稿ストレスのため?。そんな日々を送ってます。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事