ここから本文です
高崎線userのRailLIFE
倅:オカシイ。妹の方がネタ撮ってる 親父:偶然は怖いだろう??

書庫全体表示


この夏、どこも行かないのも寂しいよな〜、と思い、あれこれ考えたのですが、碓氷峠をバスで越えて軽井沢から篠ノ井、松本で従兄の顔を見て帰ってくるのも日帰りじゃキツい。軽井沢から草津へのバスもどうか、などとさんざん迷ったあげく、かねてから行こうと思っていた「那珂川清流鉄道保存会」に決め、日曜日の朝家を出て電車に乗りました。同鉄道の所在地までは烏山線烏山からバスもありますが、本数が少なく、宇都宮から車を借りて約1時間、帰路にはほかの所にも立ち寄る事が出来、時間的にも効率よく回れました。

写真の枚数が多いので、2回に分けて掲載します。

 さて、現地に着きますと、「八溝会館」なる建物の入り口に……


イメージ 1


いきなしこれかい!


イメージ 2


モノレールの走り装置なんて初めて見たナ!入り口で目立つのが、この腕木式信号機。通過表示付きですね。


イメージ 21


中へ入って、入園料\1,000.-也を払って、展示場の方へ回ったら……


イメージ 3



おお、伊予鉄の「モ30」じゃないの!昔古町車庫で見たけど、ここに来ていたんかい!


イメージ 4


これがその当時(2012.6.15撮影)


イメージ 5


このL型電機もスゴいな……


イメージ 6


「タ」なんて小型貨車も、お目にかかれる時代ではないですね。こういう銀色の車体って、色飛びして敵わんのですよ。足回りは黒いし、ようよう撮って全体のバランスが一番よかったのがこれ。


イメージ 7


貨車の軸受け装置なんて、こんな所でもなけりゃ、ゆっくり見ないもんな。


イメージ 8


これもとんでもない車。除草剤散布車なんて知りませんでしたな。「北」の字、「東京北鉄道管理局」の意味ですが、これも懐かしい。


イメージ 9


夜間作業用なんでしょう。ライト付き。


イメージ 10


とにかくスゴイ物が一杯!

イメージ 11


このDC、乗らずじまいでしたな。


イメージ 12


寝台車も、宿泊施設に使えぬものか……


イメージ 13


尾小屋鉄道のDC122か?とにかく保存状態が悪く、よくぞここまで持って来られたような状態だったそうです。


イメージ 14



こいつの現役時代の写真は、撮っていなかったようです。この13番線の古い方に、尾小屋の写真もあるんですが。


イメージ 15


金沢市内線の電車、ですか。路面電車は疎いもんで。


イメージ 16


蒲原鉄道の「ト」、これも写真撮っていなかったようで。蒲原鉄道は、村松までに短縮されてしまった後に行ったものでして、その頃の写真はあります。


イメージ 17


まだまだあります。


イメージ 18


旧「海軍」ってのもスゴいです。


イメージ 19


機械式DLの運転台。左の立っているレバーは逆転機。(前進/後進)。真ん中の壁から出ているレバーはトランスミッション。手前の小さなレバーがスロットル。


イメージ 20


ちょっと見えづらいんですが、右の床にクラッチペダルが、右壁ぎわはブレーキですな。手ブレーキか。貫通ブレーキ(エアブレーキ)無くてやっておれたのだろうか?
床下って、もとからこんなパアパアで吹き抜けだったのか?


イメージ 22


台湾のSLも。


イメージ 23



イメージ 24


外国産はわかるけど、どこの国の産まれ?そもそもこれ、何語?読めない!

まだまだありまっせ!次回に続きます。

この記事に

  • 顔アイコン

    こんばんは。16枚目・金沢市内線(豊橋鉄道?)の【故障】の表示があまりにも正直ですね♪

    高崎⇔横川の115が秒読みだそうですので、碓氷峠のJRバスと抱き合わせで、狙うなら今だと思います!

    まつしま

    2016/8/30(火) 午後 10:28

    返信する
  • 顔アイコン

    ありがとうございます。では、やってきますか!
    しかし、211系に置き換えるのに随分時間かかりましたよね。あっちこっち、青森あたりまで疎開留置してたみたいですからね。

    [ 五十鈴 拓磨 ]

    2016/8/30(火) 午後 10:53

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事