ここから本文です
越後線運転所
模型で越後線を作りたい人のブログ

書庫全体表示

ころがり抵抗実験

車両をレールに載せるときに軽い力で動くものとそうでないものがあります。
クハ181のメンテナンスの時にクハ115と比較すると重く感じました。
そこでころがり実験です。
イメージ 1
要は直線の線路を3本つなげて片側だけ高くしただけです。
ここに車両を載せて手を離すとどこまで転がるのかを試してみました。

まずはクハ115です。
イメージ 2

続いてクハ181です。
イメージ 3
車両の半分違いますね。
これはメンテ後です。

もう1両、モロ180です。
イメージ 4
これまた半分違います。
この車両はまだメンテしてなく、昨日の写真の車輪と軸受けのものです。

モロ180は台車から集電していないので清掃の必要なしと考えていましたが、これでは動力車の負担も違ってくるでしょうし、やらないといけないようです。
と言うことで181系の編成走行は全車両のメンテ終了後になりました。

この記事に

  • 顔アイコン

    こんにちは(^-^)

    アメリカ型で遊ぶと避けて通れない?のがプラ車輪ですねえ、1本目の貨物列車を仕立てるために、主にオークションで集めた結果、70%がプラ車輪、車軸先端はピボットですが車輪の抵抗は相当なものです(^^;
    最終的には全車金属に交換になると思われますが半端ない数なので時間はかかりそうです(*´ω`)

    車輪踏面の汚れは面倒でも落とさないと走りに如実に現れますね(^-^)整備作業ご苦労様です☆

    [ awkc1993 ]

    2017/2/18(土) 午前 11:15

    返信する
  • 顔アイコン

    > awkc1993さん
    私はプラ車輪なら潤滑剤がつけられると思ったのですがいかがでしょうか?
    集電をしないので油を塗っても危険度は少なく感じました。

    これはルービックキューブの話ですが、プラスチックなので動きが悪いと思ったらすべてばらしてメンテナンスします。
    この時は敷居にスプレーして障子やふすまの動きを良くするワックスを使っています。
    接する面にすべて塗って乾いたところで磨いて組み上げると弱い力ですばやく動かせるようになります。

    [ ech***** ]

    2017/2/19(日) 午前 1:44

    返信する
  • 顔アイコン

    > ech*****さん

    ふむふむ、ワックスを塗って乾かしてです(・∀・)
    一応、車軸の収まる軸受け部分には柔らかいグリースをさして少しでも回転が滑らかになる工夫はしていますが製造された時期も不明なのと、必ずしも真円ではない事とフランジの厚みも不均一なのです。
    大らかと言えば大らかなんですけどね(^^ゞ

    でも試してみまする(・∀・)

    [ awkc1993 ]

    2017/2/21(火) 午後 6:18

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事