越前 ひとり山 ある記

石川・岐阜・滋賀・京都と接する福井県境歩きの記録。 左下府県別クリック、更に右上「リスト」クリックで標題(スマホは書庫一覧から)

全体表示

[ リスト ]

岐阜側から登って福井へと降りた、最初の踏破ラインを実質三回に分けての最終回 2.9㎞。
「福井から登って福井へ降りる山行」でつなぐ越美国境。
我ながら、なんて「無駄な縛り」をと悔やむこともあったが、ついに今回で完全踏破達成となった。

野田ヶ大和(のだがたわ)には登山道は無いけれど、標高の割には抜群の展望地らしい。
登るからにはこの時期の快晴を狙いたかった。


イメージ 1
赤/登り(野田ヶ大和〜県境は実際には下り)  青/下り
黄色/今回の越美国境歩き 2.9㎞



イメージ 2
黄砂も気にならない快晴の空の下、北アもクッキリ。


登山口(9:18) ‐(11:09)雪面歩き1160m -(11:44)野田ヶ大和(12:40) ‐(13:03)鮭ヶ洞 -(13:19)林道 ‐(13:34)越美稜線 -(14:50)鉄塔 ‐(15:43)トンネル -(16:00)駐車地



イメージ 3
イメージ 4












九頭竜ダムで逆光のなか薄っすら霧氷。
期待してしまったが、山ではカケラもなかった。(^^ゞ.

まだ三月の初めだが油坂峠に雪は全くない。
一応通行止め看板はあるが、旧道を進入していった岐阜№はそのまま引き返してはこなかった。

この登山口に福井№が一台、すると先行者がいるんだね。



イメージ 5
イメージ 6












登りはじめは予想通り、もう勘弁してくれ状態の籔ヤブ。
心が折れかける前に尾根形状となってヤブは治まってくれた。

まだここらへんでは日本鹿の勢いはそれほどでもないのだろう、このどんぐりの芽も成木になれるのだろうか。



イメージ 7
イメージ 8












この尾根には特に穴ぼこが多い。風向きがシビアなのか、樹木がある程度の高さになると身を支えきれずに根っこごとに倒されてしまうのだろう。

おお、唐突と言っていいくらい突然の雪庇のなごり出現!
これで歩きも楽になるかと思いきや、尾根の曲がり角でまた突然になくなってしまう。


イメージ 9
イメージ 10












中途半端な雪の状態から連続して雪面が続くようになったのは、GPSに聞いてみるとやっと1160mあたり。
あのー、野田ヶ大和って1270mなんですけど・・・。

山頂台地形状でアップダウンも緩いので、もってきたワカンはもう装着せず。
古いスノーシュートレースがあった。


イメージ 11
イメージ 12












あまりの陽光にサングラス装着。

ピンクの恐竜クンがカワイイ山頂標識。


イメージ 13
能郷白山から荒島まで


イメージ 36
そして油坂峠横から能郷白山までの越美国境の山々。



イメージ 14
白山・加越国境
例年ならもっともっと積雪があってこんな籔・・・。


イメージ 15
北アと御嶽


イメージ 16
登ってきた油坂方向、左下は白鳥の街。


イメージ 17
イメージ 18












風もなく、まったりお昼をコーヒーまで満喫。

また古いスノーシュートレースを追っての周回下山。
そー言えば、駐車地の福井№は何だったんだろう?


イメージ 19
イメージ 20












雪が少なくても、よく探してみればそれなりの撮影ポイントはある。



イメージ 25
尾根から白鳥の町並みを見下ろす。
手前の山はこれから歩く予定の越美国境稜線。



イメージ 21
イメージ 22












緩いピークを登り返したら突然の新しいツボ足トレースが出現。
なーるほど、林道使ってコッチをピストンだったんですか。


イメージ 23
イメージ 24












トレースを追ってラクチン林道着地。向こうの山が越美国境、意外と近い。
トレースの主はもう帰るだけだろうけど、実は私はこれからが今日の山行本番。
最後の越美国境歩き。


イメージ 26
イメージ 27












下ってきた山を、越美国境に立って振り返る。

上から見下ろして分かってはいたが、やはり雪の助けは少ないようだ。


イメージ 28
イメージ 29












部分的には雪面歩きも出てくる。

見上げる野田ヶ大和から下ってきた稜線。


イメージ 30
イメージ 31












もっとひどい目に遭うかとも思っていたが、基本下降ということもあり越美国境の中でもかなり歩きやすい部類だろう。
一安心したらまたまたお腹が空いてきた。♪


イメージ 32
イメージ 33












鉄塔広場から野田ヶ大和、いや三角点のある鮭ヶ洞かな?

前回には雪の下で全く気が付かなかった、旧道トンネル上の油坂峠。
整地されてるのは休憩施設が建っていたのだろう。前後の道もほんの少しの手直しで現役復帰も可能レベルだ。

イメージ 34
イメージ 35












旧道トンネル横の急斜面をずりずりと滑り降りる。
そー言えば、ここを登って滝波山へ向かったんだよなー。

ほんの少しの車道歩きで、「福井から登って福井へ降りる」私の越美国境歩きは終わった。




そろそろ越美国境総括作成に取り掛からねば!   (^^ゞ

閉じる コメント(6)

顔アイコン

越前さん、こにゃにちわ。ついに壮大な越美国境稜線の旅が終わったんですね!! おめでとうございます。2年前に若丸山で集合した時に完了だったはずですが、越前さんのこだわりで喉に刺さった小骨を取り除いていったわけですね。マジで感服です。私はあれから全然進んでませんが・・・(^^;)

2019/3/13(水) 午後 0:25 [ yamabiyori ] 返信する

顔アイコン

山日和さん、その節は大変お世話になりました。
あの時の感動とは比べ物になりませんが、おかげさまで喉の骨はすっきりしました。
まあ、「福井から登って福井へ降りる山行」が越美国境だけにするわけにも行かず、終わっていたハズの滋賀県境もまた登り直しとなって大変ではありましが・・・。

県境踏破も京都・岐阜が終了、登り直しも含め残りの石川・滋賀も大詰めとなってきました。
実はワタシは還暦が間近なんですが、完遂はその頃かなと予定しています。

2019/3/14(木) 午後 7:26 echizen 返信する

顔アイコン

やりましたなぁ〜〜!!
当初、「こだわりの山行きやなぁ〜!」思ってましたら、何と完遂!

おめでとうございます🎊

雲一つない快晴で、北アまでくっきり見ながらルンルンの完歩が伝わってきました! 甘党やなぁ〜〜(笑)

遠くの真っ白クリームなめたかっただろう^^。

変わった名前の山、歩かれてる人が居てたんやね^^。

頂上の標識が可愛いわ〜福井って感じで・・・

2019/3/14(木) 午後 10:07 さんきらいさん 返信する

顔アイコン

見事完結ご苦労様でした。達成感ありますね。
うちの山岳会員も年寄りが多くなりましたが
県境踏破に詳しい人もいて勉強会等で説明されると
好評間違いと思います。

ただ会員でないのが惜しい!

2019/3/14(木) 午後 10:57 敏さん 返信する

さんきらいさん、ありがとうございます。雪もギリギリ賞味期限に間に合ったようで、噂通りの大展望がこだわりの越美国境完遂を祝ってくれました。♪

実は私の山行には、甘いものが欠かせないのですよ。

2019/3/15(金) 午後 9:21 echizen 返信する

敏さん、ありがとうございます。
自己満足の世界ですが達成感に浸っています。
あらま、県境踏破に詳しい人に聞いてみたいことがあるんですよ。
目下の悩みは、フェンスの中のゴルフ場とか梨園とかをどーしよかーって
。。。(^_^;)

2019/3/15(金) 午後 9:30 echizen 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事