越前 ひとり山 ある記

石川・岐阜・滋賀・京都と接する福井県境歩きの記録。 左下府県別クリック、更に右上「リスト」クリックで標題(スマホは書庫一覧から)

全体表示

[ リスト ]

私の福井県境歩きもいよいよ最終局面!
残すところ加越国境二か所と高島トレイル二か所。
先週、加越国境の長いほうを途中エスケープ。距離は縮めたが残り箇所数は変えられず。

そして・・・今日もまた高島トレイルの長いほうを・・・。(^^ゞ
残すところ四か所は変わらず、残念。

イメージ 1
赤/登り  青/下り  (破線はチャリ)
太黄色 今日の県境歩き 8.4㎞

細い黄色はこれまでの完了分。
三十三間山鞍部から大御影山までと、三国山の向こう半分が高島トレイルとして残った二か所。




赤坂山登山口(7:36)-(8:37)大御影山登山口(8:56)-(10:25)大御影山(10:45)-(12:45)大谷山(12:55)-(14:11)赤坂山(15:01)-(15:57)駐車地
県境踏破距離 / 行動距離          行動時間 
      8.4㎞ / 20.0㎞       7:36-15:57(8時間33分)



よ〜し、今日は昨秋闇下になってしまった若狭駒ヶ岳と同じくらいの距離。
早起きするぞ〜と固く心に誓ったはずなのに・・・。

ま、まあ、今はあの頃より格段に日が長いし、全〜然大丈夫!
努めて平静を装い、沢登りでも何度も通った赤坂山登山口へと車を走らせる。
と、「えっと、確かこの林道を左だったよな」
が、荒れた道をいくら登れど覚えのない景色。
やっと車のナビに目をやると・・・ありゃあ・・・曲がるの一本早かった。

時間のロスよりも、何度も通った道を間違えたほうがショックが大きい。
き、今日は無理はしないでおこう。


イメージ 2
イメージ 3
赤坂山登山口へ車を置いてチャリ。

この分岐の先に急坂が見えたのでチャリをここへデポ。
本当はここを右に進んで前回終了点までの予定だったのを、「無理のない」程度に大御影山へショートカット。


イメージ 4
イメージ 5
おおっ、こっ、これは〜♪
 
立派な看板には安心感。
が、渡渉していくら探せど道が無い〜!!
完全なケモノ道が何本か?見えるが、どう見ても登山道と呼べるような代物ではない。


イメージ 6
イメージ 7
まあ、鹿クン達がヤブを消してくれてるし、そもそも一般ハイカーとは違うので?適当に急斜面を登り始める。
そのうち登山道と合流するはずだ。 


イメージ 8
イメージ 9



芽吹きの季節


イメージ 10
イメージ 11

なかなか立派な樹も多い。


イメージ 12
イメージ 13

二月の三十三間山を見て、まさか四月まで雪があるとは思えなかったけどなー。
で、この尾根には最後まで登山道らしきものは無かったと思う。

ん? 美浜トレイル?
えらく短い間隔でこの標柱。設置には大変な労力だったろう。
釣られて少し歩いてしまったが、大谷山との鞍部を走る林道から登ってくる道なのだろうか。


イメージ 14
ここで大休止。

山頂手前の反射板横雪渓に新しい足跡。
おお〜、人だ・・・などと「いつも」のように珍しがったが、流石の高島トレイルはそんなもんでは無かった。


イメージ 15
二月の三十三間山からとは反対側となる三重嶽の巨体。
 

イメージ 16
イメージ 17
やはり登山道となった途端に歩きやすくなった。
そして高島トレイルはやはり人気のコースだと実感。



イメージ 18
イメージ 21


木が倒されると標柱やお花も巻き添えとなる。


イメージ 19
イメージ 20

大御影山からの長い下りを終え、大谷山との標高差を見てちょっと安心。 
逆コースだったらめげるトコロだろうな。


イメージ 22
遂に赤坂山を視認。
(正面ピーク右奥のとんがりが三国山、赤坂山はその手前)

この大谷山あたりからは、大展望のなかの気持ちよいトレイル。



イメージ 23
イメージ 24
山頂には単独者。
なんでもすぐ下の麓の住人で、お昼を食べに登ってきたとか。
そんな山登りもあるんですね。

霞で琵琶湖の奥は無理だが、マキノ高原やメタセコイア並木は良く分かる。


イメージ 25
イメージ 26

道行く人たち。
イメージ 27
イメージ 28

  

イメージ 29
赤坂山。

思ったよりも早い時間に到着。
一発逆転満塁ホームラン、ってことであの三国山を登って向こう側のトイレまで降りて帰ってくると、県境歩きもあと残り三ケ所となるんだけど・・・どお?
む、無理〜。今日はここで帰りましょう。

後ろで福井弁パーティ、おねーさん方、単独者、etc・・・。
入れ代わり立ち代わりの中、ほけーっともぐもぐしながら幸せな時間が流れていく。

冥王の禿からこちらへ向かってきた団体さん、次から次へと女性ばかり五十人はいただろうか?
こりゃあ、たまりません。
撤収!

イメージ 30
一番奥の稜線右端に大御影山の反射板。
今日の 8.4㎞ が一望。

イメージ 31
イメージ 32



何度も通った道だけど、切り通しばっかりの不思議な道。


イメージ 33
イメージ 34


ふ〜、こんな時間で終えたのは久しぶりかも?

閉じる コメント(8)

顔アイコン

ほんとに、陽が暮れてないわ^^
大谷山、赤坂山・・あの登山者の多い所を一般の登山者とは違う越前さんが、歩いていたとは・・@@

グニャ〜っとなったブナの木・・地方によって、ブナもこんなに違うなんてね

2019/4/23(火) 午後 5:13 [ yali3180 ] 返信する

顔アイコン

能登又谷〜大御影山のルートは積雪期に下ったことがありますが、こんな看板はなかったです。登山道が出来ているなんていう話も、聞いたことがないし。
美浜トレイルは松屋からノロ尾経由で大御影山に登るルートで、こちらは近年美浜町によって整備されたようです。

2019/4/23(火) 午後 9:33 [ 臆崖道 ] 返信する

顔アイコン

yaliさん、もう既に四時前には車に戻っていた「一般登山者」のワタシに、な、なんてコトをおっしゃるんですか? (笑)
でもホント、挨拶が大変なほどの人、また人・・・。
雪の重さに耐え烈風にさらされる、ブナにとっては決してラクな土地ではないのかも知れません。

2019/4/23(火) 午後 9:35 echizen 返信する

顔アイコン

あらま、臆崖道さんお久しぶりです。
もしかして看板立ててから、その後に登山道作ろうかなんてコトではないでしょうね?
まあ、そもそもあそこから登る必然性がほとんどないのではと・・・。
いや、積雪期に臆崖道さんが下った実績があるか(笑)・・・にしても、なんで福井側へ?

紹介ありがとうございます。今度の大御影山はそっちのルートにします。♪

2019/4/23(火) 午後 9:50 echizen 返信する

顔アイコン

ノロ尾から時計回りに周回しただけです。
https://blogs.yahoo.co.jp/zencoop101/52812906.html

美浜町には昨年も降りていき、松屋からいつの間にかできていたコミュニティバスに乗車しましたし、今年も新庄からショーブタニに登りました。ウツロ谷も含めてしばしば利用する場所です。

2019/4/23(火) 午後 10:47 [ 臆崖道 ] 返信する

顔アイコン

そー言えば臆崖道さん、奈良でしたよね。まだ高島トレイルとしての大御影山のほうが近いのに。(^^ゞ

そして、そうですよね。私も谷からの大御影山を検討してみたくなりました。

2019/4/24(水) 午後 11:21 echizen 返信する

顔アイコン

三国から赤坂山ルートは、一般の人達の人気コース私も歩いたわ^^

50人はイタダケナイネ。

84舛癲 へっ〜〜〜恐ろしや、、、
そんなお方がよくぞお付き合い有難うございました🙇

2019/5/2(木) 午後 9:43 さんきらいさん 返信する

顔アイコン

さんきらいさん、高島トレイルのネームバリュー恐ろしやです。次から次の人・人・人で、最後には五十人からの団体さん。(^^ゞ

さんきらいさん、桁ひとつ違ってますよ。84キロって高島トレイル全部じゃないですか〜。(^^ゞ
8.4劼覆蕾進發らいかな?

2019/5/2(木) 午後 10:36 echizen 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事