越前 ひとり山 ある記

石川・岐阜・滋賀・京都と接する福井県境歩きの記録。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

福井と滋賀の県境、つまり近江・若狭の国境「江若国境」という呼称ってのも「越前」としてはやっぱり馴染みが薄いと言うか〜・・・。


イメージ 1
うんそーだ、やっぱり山頂ではこんなふうに頭上高くのお日様が無くてはね・・・。(^^ゞ



イメージ 2
赤/登り  青/下り  青破線チャリ 
黄色/今回の若狭県境歩き 9.9 キロ

今回もアプローチほとんど無し。♪ 
道の駅(7:45)‐ (9:00)P487‐ (11:09)P628‐ (11:37)P693‐ (13:06)若狭駒ヶ岳(13:51)‐ (14:31)林道着地‐ (14:48)チャリ‐ (15:13)駐車地


イメージ 3
イメージ 4
前回の高島トレイル初回と同じく、道の駅熊川宿に駐車。

えらく年季の入った立派な登山口。
でも、行者堂っていったいドコ?



イメージ 5
イメージ 6
R303の県境標識を真下にした尾根に間違えようもない切通し。
ただ、完全尾根通しの直登!!



イメージ 7
イメージ 8
激急坂の切通し道をだいぶ登ってからふとGPSを見ると・・・あらー、県境はもう一つ向こうの尾根(谷?)かいな。
でもなぜか一本だけ、間違い県境標識が?

深い落ち葉が雪面のようにグリップ力が効いた。



イメージ 9
イメージ 10
急坂はホントの県境尾根と合流した頃から緩み、後方の視界も開けてきた。
実は急登と呼べるのはここだけ、後のアップダウンは駒ヶ岳まで大したことない。

ええっ、12月にスミレの花?
だいぶ弱ってるみたいだけど、今日のお天気なら復活もあるのかな。



イメージ 11
うーん、ホントいい天気だ。
右の巨体は武奈ヶ嶽。
谷を挟んで左奥の小さなピークが三十三間山。
そこまで前後の県境がまだ未踏となる。
今歩いてる尾根もそうだが、高島トレイルの中央分水嶺と県境が一致していない区間だ。



イメージ 12
イメージ 13
シルエットの左の山は、高島トレイルの中間点ニノ谷山。

右下にはダムあたりの集落。



イメージ 14
何故か駒ヶ岳が判らないと思ったら、右端あたりがそうみたいだ。
裏側からの姿とは違い、はっきりしたピークは見えないようだ。



イメージ 15
イメージ 16
鹿に食べられないヤブにはちゃんと道。

漫然と歩いていたら曲がり角を真っ直ぐ進んでしまった。
戻るとこんな標識が。(^_^;)



イメージ 17
イメージ 18
いよいよ高島トレイルに合流。

やはり道としては格段に歩きやすい。



イメージ 19
イメージ 20
きちんとした標識。

もう、バカみたいに広い道幅。
右には整備跡、感謝。




イメージ 21
中央分水嶺に池。
後少し早かったら水面に映る紅葉が良かっただろう。



イメージ 22
イメージ 23
台風の爪痕。
なん十年の太いブナが一瞬にして。


イメージ 24
若狭駒ヶ岳に到着。
三十三間山から右奥の琵琶湖までの大展望。今なら純白の姿であろう白山は見えず。

今日はじめての登山者と少しお話し。
私の下山尾根向こうの千石山から登ってきての周回だそうだ。




イメージ 25
イメージ 26
この標識は前回の闇下の時にも見ている。
あの時は怖くて降りて行こうとはとても考えられなくて、いまでもそれが正解だと思っている。
さて、山頂からの最短ルートの林道着地は、どのくらいの時間なのかな?



イメージ 27
イメージ 28
前回の下山尾根。

かなりの急斜面だが、期待もしてなかった青いテープが導いてくれる。



イメージ 29
イメージ 30
激がつくほどの急坂ではあるが、危険は感じない。
結局そのまますんなり降りられた。

昔の炭焼き跡。




イメージ 31
この尾根は仕事が早すぎかも、山頂から林道着地の時間は前回と比べて衝撃的ですらある。



イメージ 32
イメージ 33


ちゃんと柵に囲まれているので、お土産には出来ない。(^_^;)

ほんのわずかの林道歩きで、待っててくれたチャリへ。



イメージ 34
イメージ 35

ダム本体はほぼ完成したようだ。

快適ダウンヒル、座ってるだけであっという間に到着〜。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事