全体表示

[ リスト ]

先日、道後温泉に新たな温泉施設「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」が誕生し、愛媛県では64年ぶりとなる国民体育大会「えひめ国体」も9月30日に開幕致しました。
愛媛県のホテルが不足する程他県より多くの方に愛媛にお越しいただいております。
飛鳥乃湯泉を楽しみにお越しの方。国体競技に参加される方、応援に行かれる方。来県された理由は様々だと思いますが、お時間があるなら是非『松山道後秋祭り』の迫力を楽しんでいただきたいです。
松山の秋まつりでは、神輿をぶつけ合う喧嘩神輿、通称「鉢合わせ」が行われることでも有名です。
イメージ 1
松山秋祭りは3日間行われます。
鉢合わせは最終日である10月7日の早朝6:00〜7:30頃に行われます。
神輿は午前5:30に伊佐爾波神社と湯神社から宮出しされ、会場である道後温泉駅前に向かいます。
はっぴ姿の男達に担がれて8町8体の神輿が勢揃いすると、会場のボルテージは一気に上昇。
45度に傾けられた神輿はドーンという音とともに激しくぶつかり合い、「もてこい、もてこい」の掛け声で街中は熱気に包まれます。
神輿と神輿がぶつかり合う様は迫力満点で圧巻の一言!
とても荒々しいように見えますが五穀豊穣、商売繁盛、家内安全を願う祭りです。
この機会に神輿を押し合う迫力満点の『道後の鉢合わせ』を是非ご堪能下さい。


『飛鳥乃湯泉』
 道後温泉本館と同じ、全国でも珍しい、加温も加水もしていない源泉かけ流しの「美人の湯」。コンセプトは、日本最古といわれる温泉にふさわしい、596年聖徳太子の来湯や661年斉明天皇の行幸などの物語や伝説が残る、飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋です。 内観は、「太古の道後」をテーマに、道後温泉にまつわる伝説や物語などを「愛媛の伝統工芸」と「最先端のアート」をコラボレーションした作品で演出してます。
イメージ 2



第72回国民体育大会』−「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体
愛媛では64年ぶり、単独開催は初の国体。
開会式は、天皇皇后両陛下も出席されて、松山市の愛媛県総合運動公園陸上競技場で行われ、全国47の都道府県から集まった選手団およそ4100人が入場行進しました。
10日までの11日間の日程で、特別競技の高校野球を含め36の競技が行われます。

サークルで関連記事を探してみよう!

この記事に


.


みんなの更新記事