ここから本文です

書庫全体表示

 みなさん、こんばんは。
 今日は宮崎県日南市で戦時中に生まれた「魚うどん(ぎょうどん)」の御紹介です。
 太平洋戦争の最中、道路が寸断され、小麦粉等が入ってこない状況で、出荷できない水揚げされた魚介で様々な加工品を作ったそうです。その中で主にトビウオのすり身を使い、麺状にして生まれたのが始まりだと言われています。
 本日御紹介するのは宮崎県日南市南郷町老舗ホテルの「ホテル丸万」プロデュースの「魚うどん(ぎょうどん)」です。伝統的な蒲鉾製造技術を応用した魚うどんは、トビウオは使わず、「鱧(はも)、えそ、たら、イトヨリ」を使用し、グルテンフリーで製造しました。
 小麦アレルギーの方も美味しくお召し上がりになれます。煮込むほどに出汁がでて、デンプンでつないだ麺は、もっちりとして歯ごたえ、食感も良好です。うどんに比べて腹持ちがいいのも特長です。鍋物の具材としても最適ですし、受験生の夜食やカロリー制限食にもおすすめです。
丸万 魚うどん
丸万 魚うどん
魚すり身のグルテンフリーのもっちり麺、やみつきになる美味しさです。
魚うどん1

 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事