農民芸術学校ブログ

剣を犂に! 武器を楽器に! 鍬で大地を耕し、ヴァイオリンで心を耕す、世界平和のための学校を創りたい

全体表示

[ リスト ]

フジサンケイグループが、第20回地球環境大賞で、福島第一原発で世界を震撼させる放射能事故を起こした東京電力をグランプリに、福島第一原発を作った東芝を日本経団連会長賞にしていた。皮肉にしては、でき過ぎている。フジサンケイニュースでは、4月5日に予定していた授賞式を、東日本大震災の影響で延期と報道。
何をバカなことを言っているのか。そうじゃないだろうが。「授賞は間違いでした。賞は剥奪します。」と言わなきゃならないだろう。さすが、原発を推進してきた右派メディアだけのことはある。笑い話にもならない。頓珍漢にも、ほどがある。メディアの責任というものを、一体どう考えているのか。

それにしても、これまで原発を推進してきた御用学者たちが、許せない。手のひらを返したように、原発の危険性を述べたりしている者もいるが、こういう奴らをこれ以上のさばらしてはいけない。金になることしかやらない連中であり、金のためなら平気でウソをつく連中だからだ。
福島第一原発事故直後からTVに出ずっぱりだった東工大の澤田哲生(赤メガネ)、二度とTVに顔を見せられないだろうが、出てきたら許さん。放射能が漏れることはないと自信満々に言っていた直後に一号機が水素爆発で建屋破損して、大量の放射能がばらまかれた。原子炉の爆発という最悪の事態を防ぐため、ベント管で圧力を下げていたのだから、爆発以前に放射能を外部に漏らしていたことも事実。
それなのに水素爆発の事態に至ってしまったのは、菅首相が東電の言うことを聞かずにヘリコプターで飛んで行ったため、この作業を遅らせてしまったためだとも指摘されている。ヘリコプターで菅首相に同行した斑目春樹・内閣府原子力安全委員会委員長は、「原発は大丈夫です。水素爆発することはありません。」と首相に進言。首相が官邸に戻り、「爆発することはないそうだ。」と報告した直後に、1号機が水素爆発。班目委員長の信用が失墜したことは言うまでもないが、それだけで済まされる問題ではない。放射能を多量にばらまいた責任はどこにあるのだ。官邸は、この爆発から数時間、この件について何の発表もなかった。パニクっていたのだろう。完全に官邸の機能が麻痺してしまっていたとしか言いようがない。

大体、官邸は、事故直後すぐにアメリカが原子炉の冷却材を送ると申し出た時に、それを断っている。アメリカの原子炉と日本のものとはタイプが違うから断ったのだと報道されていたが、福島第一原発の一号機は完全にアメリカのGEの設計通りに作ったということさえ知らないのだろうか? アメリカの冷却剤というのは廃炉を意味したので、原子炉をまだ使うつもりでいた日本がそれを断ったというのが真相らしいが、人命よりも原子炉の方を大切にする、そんなとんでもない最初の判断ミスで、チェルノブイリ級(もしかしたらそれ以上)の放射能をばらまく大事故になったのだとしたら、これは想定外の地震や津波のせいなんかではなく、完全な人災である。

 東工大の澤田の話に戻るが、彼は水素爆発後に、もうこれ以上事態が悪化することはないと自信満々に言っていたが、その後も冷却はうまくいかず事態はさらに悪化。それでも完全なメルトダウンまで至っていないからレベル5のスリーマイルより大きな事故ではなくレベル4の事故だと強弁(京大原子炉研究所の小出氏は、この時点でレベル7だと言っている)。最悪でもチェルノブイリのようなことになることはあり得ないので、そこまで心配する必要はないと繰り返していた。放出された放射能の濃度も、レントゲンや国際線に乗った時より低いから大丈夫などと説明する始末。
 冷却システムが復旧せず原子炉に海水を流し込むことになっても、福島原発を加圧水型モデルを使って説明し、汚染された海水が外部に漏れることはないと言っていたが、福島原発は加圧水型ではなく、冷却に使った海水が放射能まみれで海にも土にもダダ漏れ。海水による冷却で何とか炉の温度が下がってくると、1〜3号機は完全に安定状態に入ったのでもう大丈夫と言っていたが、直後に号機も号機も大暴れ。1ヶ月たっても、原子炉内部の燃料が溶け出した高濃度の放射能に汚染された水が外に漏れ続け、安定して冷やすこともままなければ、放射能漏れを止めることもできていない。ついに国もレベル5としていたのをチェルノブイリ事故と同じレベル7の事故であると発表せざるを得なくなった。今頃どういうことか。
国は、避難指示に関してもぐずぐず先延ばしでやっているが、30km以内は自主避難だとか、それ以上も計画的避難範囲だとか、責任逃れの訳の分からないことをやって、国民の生命よりも自分の政治生命のことを考えている始末。もう誰も国の言うことなど信じるわけがない。

 それにしても、想定外の事故が起きた時に、手の施しようのない原発って、一体何なのか。それどころか、正常に運転されていても、どんどんたまる放射性廃棄物の処理方法は、まだ何も決まっていないし、原子炉の廃炉についても、全く考慮されずに造られているのである。正常に運転して寿命を終えた原子炉の廃炉でも30年、事故を起こした福島原発では100年かかるかもしれないと言われている。造るより壊す方がはるかに大変って、おかしくないか。またプルサーマル発電の使用仕様済核燃料は500年電気で冷やし続けなくてはいけないという話もある。こんなものが、科学技術と呼べるであろうか。

 原発なしに、電気がまかなえるのかという議論があり、脱原発を進めるためには、それを主張すべきという意見があるが、私はその考えに大反対だ。私は、脱原発なんていう呑気なことでなく、完全に反原発を主張する。原発は、それ自体あってはならないテクノロジーだ。経済的にも、環境的にも、社会的にも、存在すること自体がアウトである。事故を起こさずとも、定期点検などで日常的に被曝労働者を生み出しているし、通常運転での微量放射能も半径160kmで乳癌や白血病などの原因となっていることが間違いなさそうだ。原発なしでもやっていけるから、原発をなくすんじゃない。原発なしは大前提にして、どうやってエネルギーを作り使うかを考え直すべき。

 原発は、資源もなくエネルギーの自給できない日本には必要だと説明されてきた。しかしこれは何一つ根拠などないウソ。確かに、石油やウランは日本でわずかしか採れない。でも本当は、日本ほど資源とエネルギーに恵まれている国はない。それはもちろん、自然エネルギーが満ち溢れているからである。太陽、水、生物多様性、世界でもこれだけ恵まれた土地は珍しい。石油やウランより、こっちの方が実はずっとすばらしい資源だ。再生可能で無尽蔵なエネルギーであり、利用可能な眠っているエネルギーの量は半端なものではない。また、地震はマイナスだが、その分地熱というエネルギーもたくさんあり、これだけでも日本が本気になって開発すれば相当なものになる。水力も大きなダムをやめてマイクロ水力発電にすれば、大きな自然破壊をせずにもっとエネルギーを生み出せる。

原発を推進してきた電気事業連合会は、自然エネルギーは原子力に代わるエネルギーにはなり得ないとし、原子力のメリットばかりを強調する。原子力2010コンセンサスというパンフレットによれば、原発1基100万KW(建物0.012平粁、敷地0.6平粁、建設費2800億円)と同じだけの電力を作るのに、風力発電では、敷地214平粁(350 倍)、建設費8700億円(3倍)、太陽光発電では、敷地58粁(100倍)、建設費3.9兆円(14倍)がかかるから、現実的でないというのだ。こういう都合のいい数字にだまされちゃいけない。こういう比較をするのが間違っている。1回のレントゲンが0.1ミリシーベルトで、これが1年間の自然放 射能より少ないくて安全だとか、原発事故で測定した放射能がマイクロシーベルトの値で、レントゲンよりはるかに少ないから安全だというTVで御用学者が説明しているウソ八百と同じ。全く質の違うものを、数字の大きさだけで比較する非科学的なことを、いかにも科学的に説明しているように装う連中にだまされてはいけない。こういう説明は、数字のトリックに過ぎない。
風力発電や太陽光発電は、数十万円あれば各家庭でも設置できる。原発のような広大な土地を使って環境を汚すこともなく、家の庭や屋根の上で十分発電できるのである。確かに現在では、発電設備と蓄電池なども各家庭ごとに導入して、電気代の元をとるには数十年かかってしまうが、原発のために莫大な国家予算を投入していることを思えば、それをやめて自然エネルギーや省エネルギー研究と普及に予算を投入すれば、ずっとコストも安くなるはずである。
 廃棄物の処理まで含めれば途方もなく不経済であり、一端事故が起これば余りにも危険なものでもあり、まともに考えれば、発電方法として何のメリットもない原子力が、なぜここまで世界中に広まり、日本でもこのように沢山作られてきたのか。それは、発電が真の目的ではなく、軍事が真の目的で、それを隠すために仕方なく発電をしているだけであることは、はっきりしている。そうでなければ、とても説明がつかないからだ。
 福島第一原発の一号機を設計したデール・ブラインンボー氏は、これが欠陥原子炉であることに後で気づいてGEにも運転停止を申し入れたが、聞き入れられずGEを辞めたとのことである。彼は、この原子炉を作ったことを後悔しているし、100%安全な原発など造れるはずがないと語っている(週刊現代4.16号)。福島第一原発の格納容器を設計していた後藤氏も、会社を辞めて現在はその危険性を指摘しているが、東京電力は耳を貸さない。
 日本に原発を売り込んだGEは、これが危険な原発であり、耐震性もないことに気づいていたはずである。それなのにその対策をとろうとしなかったということは、実は最初から事故を想定していたのだと言われても仕方がない。金儲けができれば、人命など大したことはないと考えていたのだろう。あるいは、もっと恐ろしい陰謀があったのかもしれない。日米の資本家(電力会社や原発産業)とその代弁者である政治家が結託して、フクシマの住民を見殺しにしたということだろう。この事故の責任者を徹底的に追及しなければならない。

この記事に

閉じる コメント(22)

顔アイコン

いや反原発ではなくて脱原発だ!理由はもう書いた! 削除

2011/4/14(木) 午後 6:55 [ 菅野 ] 返信する

顔アイコン

夕方のニュースで、マキノさんちらっと映ってましたよ

2011/4/14(木) 午後 9:30 [ mik*ma*ajoh ] 返信する

顔アイコン

彼は反原発でも極端な方。これで東電や首相官邸に爆弾仕掛けたら本末転倒だね。 削除

2011/4/14(木) 午後 11:17 [ 菅野 ] 返信する

顔アイコン

東電社長「柏崎刈羽3号機、年内に…」地元反発ttp://www.yomiuri.co.jp/index.htm
現実的にミッキーさんの仕事でまずやるべきはこちらの方です。 削除

2011/4/14(木) 午後 11:47 [ 菅野 ] 返信する

顔アイコン

とにかく避難は政府に任せましょう。政府が間違ったら彼らは借家住まいになるまで損害倍法を請求しましょう。そこまでしないと責任を個人で持たないで税金の国庫で支払いますからね。 削除

2011/4/15(金) 午後 6:04 [ 菅野 ] 返信する

顔アイコン

残念ながら、政府は信用できないので、自主避難するしかありません。借金だらけの国に賠償求めても無駄ですし、10年後に癌で死んでも命は返してくれませんよ。

2011/4/15(金) 午後 6:38 えこマッキー 返信する

顔アイコン

飯館村の自主避難も東電が保障すべきだね。自分だったら即裁判で即決させますね。できないだったらその裁判自体も裁判にかけます。 削除

2011/4/16(土) 午前 3:37 [ 菅野 ] 返信する

顔アイコン

同感共感です!原発は存在自体が悪ですから、代替エネルギーがどうとか、コストがどうとか、全く考える必要が無いと思います。

2011/4/19(火) 午前 1:14 [ 菊の助 ] 返信する

顔アイコン

手のひら返しの科学者は信用ならないが、手のひら返した技術者(原発の設計者など)は逆に信用できる。原発を信じて力を尽くしてきた技術者たちが、完璧な技術などないことに気づいて、会社をやめてその危険性を指摘し始めている。彼らの言葉にこそ耳を傾け、一刻も早く原発を止めなければならない。

2011/4/19(火) 午前 3:19 えこマッキー 返信する

顔アイコン

でも原発は40年前はマッキーさんじゃないけれども究極の理想エネルギーといわれていたんですよ。理想とは何時もそうです。嘘つきの始まりなのです。そんなの絶対ありえません。まず北海道から原発を止めるといいでしょう。農業だけで食えるのならやってみるといいですね。輸出できるかが見ものですよ。 削除

2011/4/19(火) 午前 5:56 [ 菅野 ] 返信する

顔アイコン

ありゃりゃ、マッキーさんじゃないけどってどういう意味? 40年前に原子力を理想だと言ってきた人だって、ごく一部ですね。私は子どものころから、それを理想と思ったことは一度もありませんよ。原爆の恐ろしさだけは聞かされていましたから、原発など安全でないことは最初から分かっていましたね。すぐに他人の言うことを信じる人は、救われませんね。菅野氏も、いい加減にマスメディアの書いていることばかり読むのやめなさい。意味ないですよ。皆同じ穴のムジナです。

本当のことは、マスメディアには書いてありませんよ。天皇のことも、原発のことも、被差別部落のことも、釜ヶ崎や山谷のことも、パレスチナやアフガニスタンのことも、大事なことはマスコミは一切報道なんかしませんね。

2011/4/19(火) 午前 7:40 えこマッキー 返信する

顔アイコン

そんなことしても戦争ばっかりしてたら水路もクソもないのよ。結局は日本やドイツの援助が爆弾によって壊されているんだね。 削除

2011/4/19(火) 午後 4:29 [ 菅野 ] 返信する

顔アイコン

日本政府は水道インフラ整備を中心に6億3000万ドルものパレスチナ支援を行っているけど、イスラエル軍によって毎日のように破壊されているみたいですよ。マスコミは報道しませんね。

2011/4/19(火) 午後 5:46 [ 中寺 善 ] 返信する

顔アイコン

とにかくそういうのにも税金を使うわけでやっても無駄! 削除

2011/4/19(火) 午後 7:17 [ 菅野 ] 返信する

顔アイコン

ナカデラ君の御本業どーなのょぉ。1989なんざ、カワイイぜ。しかも、これからは金持ち税金救済はもうやれんからな。これからはコームイン様とかもヤバヤバ業種になるかな。退職金雀の涙とかな。 削除

2011/4/20(水) 午後 0:39 [ 真坊 ] 返信する

顔アイコン

あのう、お金持ちおるのかね。借金がステータスとか思ってる金持ちならウジヤウジャおるぜ。銀行が洗脳しちまったからな、1989経験しても国が税金で助けてくれたから、こりずに、まんだ借金がステータスと思ってる金持ちおるなぁ。おれっちも住宅ローンで猫飯だね。あと2年頑張れがボロ事務所はめでたくおれっちの・・・しかし、なんだかなぁ。しかし現金でもってりゃ楽チンだったなぁ。銀行は儲けたわけだな。 削除

2011/4/20(水) 午後 2:43 [ 真坊 ] 返信する

顔アイコン

官僚や公務員というものは税金という人の金を使うわけだから無責任になって当然。どこに国も同じ。貴方も同じ立場ならそうなる。アメリカの民間が強いところはそういう欠点を柔軟に補うのだね。だから金持ちはどんどん寄付する。 削除

2011/4/20(水) 午後 5:18 [ 菅野 ] 返信する

顔アイコン

アメリカ式ね。でも金持ちが寄付してくれないと話しにならない。日本人はアニマルだから妾集めて儲けっぱなし。やはり強力な政府が必要。 削除

2011/4/20(水) 午後 6:25 [ 菅野 ] 返信する

顔アイコン

金で世論を誘導し「原発安全神話」を反対論、不安の指摘をあざ笑って押し切った。此処には正論の立つ瀬がなかった。
ルールが正論に基き立てられる様、金で世論を買う事への反省が必要です。多きい政府、小さい政府の前に、「原発安全神話」の嘘の流布に加担した、学者、東電、広告代理店TV 政治家、官僚が、嘘が高くつくことを思い知る仕組みが必要です。また其処には、太鼓持ちの電波芸者お零れ頂戴組、他人事都民の深い深い反省が必要です。その為に、「原発安全神話」流布懺悔基金の旗振り役の、反省者の多額金銭吐き出しが期待されます。

2011/4/20(水) 午後 9:01 [ 櫻(N) ] 返信する

顔アイコン

懺悔をしてもらうのは、東電から金貰って、「原発安全神話」を振り撒いた原発村(組)灯台の先生達でしょう。星の監督も関西では、原発の前に立って「あんぜん」と連呼したらしい。

2011/4/21(木) 午後 2:28 [ 櫻(N) ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事