農民芸術学校ブログ

剣を犂に! 武器を楽器に! 鍬で大地を耕し、ヴァイオリンで心を耕す、世界平和のための学校を創りたい

全体表示

[ リスト ]

NHKEテレ1 2019年2月9日(土)午後11時00分〜 午前0時00分 
ETV特集「宮沢賢治 銀河への旅〜慟哭(どうこく)の愛と祈り〜」 
https://www.dailymotion.com/video/x724wh8
宮沢賢治には、生涯をかけて愛した男性がいた。「銀河鉄道の夜」などの作品に思わぬ背景があった。残された手紙やノートを読み解き、新たな宮沢賢治像を浮き彫りにする。 

テレビは見逃していましたが、動画で全部観られました。すばらしい力作です。宮沢賢治と盛岡高等農林(現在の岩手大学)の同じ寮で暮らした山梨出身の保坂嘉内という人物が、宮沢賢治の無二の親友であったことは知っていましたが、親友というよりは恋愛の対象であったということがよく分かりました。宮沢賢治の謎の部分が少し解けました。賢治の代表作「銀河鉄道の夜」にも、多くの謎の部分がありましたが、ジョバンニがケンタウルスであり賢治であり、カムパネルラが土星であり嘉内であり、嘉内との「恋」に破れ、ケンタウルス座と土星が水平線近くで出会うのを久慈海岸に見に行った1月6日の夜が、ケンタウル祭の日であったということが、この動画から推察されます。

この動画の最初の方で、保坂嘉内が信奉していたトルストイの「百姓たれ」という思想に賢治も強く影響を受けたことを紹介していますが、嘉内が甲府中学出身ということで、ピンと来て調べてみましたが、彼が甲府中学に入学した当時の校長は、やはり札幌農学校1期生(東京帝大より1年早く日本で最初の大学生となった16名)の大島正健でした。1年ほどしか日本にいなかったクラーク博士より直接薫陶を受けたのは1期生のみで、この1期生はクラークに強い感化を受けて全員クリスチャンとなり、大島はこのクラーク精神を甲府中学(現在の甲府一高、私の妹の母校!)の学生に熱心に伝えました。大島を通じてクラーク精神を受け継いだ政治家に、戦後すぐ首相となり病気のため2か月ほどで退陣した石橋湛山がいますが、保坂嘉内も大島正健を通じてクラーク精神を間違いなく受け継いでいたであろうと確信します。
以前にも書きましたが、クラーク精神というものを簡単にまとめると、次の2つの柱になります。賢治の思想にも、嘉内を通じてクラーク精神が引き継がれていると感じます。石橋湛山は自民党初の首相でしたが、今の自民党の政治家には、この精神のかけらもありません・・・
1.高邁なる志 lofty ambition
 私利私欲でなく、正義と博愛の精神に基づいた理想の追求。弱者の側に立つ利他主義。
2.紳士たれ Be gentleman
 自主・独立の精神をもった個の確立。自制、自律、責任を持った行動、質素、清貧をよしとする。国際的な視野で、多様性を重んじる寛容の精神。

閉じる コメント(27)

顔アイコン

・・・・・・・・
きみのようにさ
吹雪やわずかの仕事のひまで
泣きながら
からだに刻んで行く勉強が
まもなくぐんぐん強い芽を噴いて
どこまでものびるかわからない
それがこれからのあたらしい学問のはじまりなんだ

以上 宮沢賢治の詩集の抜粋

明日返却する ベルギー・ブリッセルを拠点とするバイオリン弾き
堀米ゆず子さんの御本にありますな

ま、こっちゃ僅かの暇どころか pcのお蔭で巨大な暇暇の読書ざんしょお 今は夢声左京秀子エトセトラの御本おっかけ ネットスケベおっかけ・・・・まー、クルクルアジャパーの日々 で、わずかなお仕事・・・きのふホニャララ屋が来た 珍しく名刺のお仕事・・・

2019/3/15(金) 午後 9:58 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

おー、ケーリーさん読むとクラークさんでてくるね
アーモストともつながってますねぇ

2019/3/20(水) 午後 10:50 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

念の為 皆様の大好きなウィキを覗く

クラーク博士
アーモストが なぜか アマーストなっとる
南北戦争出陣で英雄の働きとかはかいてねえな あんころアメちゃん内戦抜けだした頃だからねぇ

2019/3/20(水) 午後 10:56 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

さっそく例の 令和
令和元年五月吉日 とやり申した
叙勲親父のお仕事 社長交代役員変更の三つ折り状のお仕事

あのバッカンノ菅野のツィッターみてっと

ツィッターがのっとられた とがなってる

なんか、熊も想定外晴天の霹靂になっとるんだな・・・

いろいろやってくるのよ ニンゲン様はな

しゅーきょう が救いかってぇといわれると

あたしゃ即答でけんなあ ナンマンダブ

2019/4/3(水) 午後 10:03 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

おんや、ケーリさんの書きもの おもろい表現が・・・

抜粋しませう

東洋では芸術を大事にしているといえば、西洋では理想を大事にしているといってもいいでしょう。また、西洋では法律あるいは規定を大事にしてものを考えるといえば、東洋では人間あるいはその人のポストまたは階級を尊敬して問題を考えるといってもいいでしょう。

あらら、ひょっとしてこらあ 忖度 そんたく でねえのよケーリさん
京都新聞 1948年10月10日 に寄稿か・・・・

2019/4/16(火) 午後 8:41 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

儒教だべえ
ま、チューごくも一帯一路とかかっちょいーことやっとんが
どなんかねぇ 大東亜にいたるあんころも儒教ホニャララの影が濃厚でありんしたがな・・・・・・

2019/4/16(火) 午後 9:46 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

あらら、オレッチ御用達の商店街歩いてると女学生がチラシ配ってる
みると小樽の観光案内のチラシ 中学だねぇ
ひっとしてケーリさんの教会しってるかもと思って、今読んでる本と昔読んだ本一部プリントしておっとり刀で急行 カワイコちゃんとキャビキャビでけるかもの下心付きの刀 先生捕まえて筆談
はぁぁぁ、教会たくさんあるぅと 戦前からある教会はときいてもあんぐりしてる
ならばケーリさん知っとるかというと、これもあんぐり
きーんさんの同僚だといろいろベラベラやったがな
ま、小樽じゃ埋没しとるな
本の表紙プリント2冊分 おなごの先生に渡したがな
これが導火線でブレイクは・・・期待うすだな
ヨコハマミナトミライまわってあすは浅草よって飛行機でお帰りですと
小樽市立菁園中学の御一行でしたのふ

2019/4/22(月) 午前 10:38 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

また 小樽 だ
吉田秀和の古いモーツァルトの文集よんでるが 小樽 ときた
戦前の1936ベルリンオリンピック開催の夏の夜の小樽 街頭から前畑ガンバレ のベルリンからのラジオ中継 それが止むとどこからかバイオリンの響き どこが音源かと探すと小さなビアホールから聞こえる 蓄音器 モツの6番のバイオリン協奏曲・・・もちろん6番は偽作だすがね・・・ あたくしも6番聞いたがどんな曲だったかなぁ
3番のスコアをネットで開いたが、真ん中の楽章はタマタマがこんぐらがって再現できないなぁ・・・しかし 小樽 にゃ驚いた
吉田さんの両親が小樽に住んだて由・・・・

2019/4/22(月) 午後 3:35 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=18554
昨日朝ドラの後見た病院ラジオ
国立の子供病院なんですが オメメウルウルになっちまった
5月5日子供の日にも再放送 あたしゃこの時間は外うろついてるがみれたらみたいのふ

2019/4/30(火) 午前 11:00 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

まぁ、徳川夢声のついでだな
徳川夢声の

夢戦争日記

に突入 始まりは昭和16年12月8日 うーん、その前哨戦の10年初めでもいいんだがねぇ もう陸軍やる気まんまんでしたからなぁ
しかし、12月8日に夢声はいきなり
こっくりさん を書いている

こっくりさん の予言では開戦は12月8日ではなく12月10日なんだがと書いておりまする やはり夢声はおもろいわ

ちなみにゼロ戦撃墜王 故坂井三郎の本にも こっくりさん でてくるんだのふ
坂井さんの こっくりさん は誰が戦死し誰が生き残るかの予言ですがな 坂井さん生き残って戦後もご活躍・・・

しかし、いまは こっくりさん どーなってんのかねぇ 戦後の こっくりさん のお話誰かしっておわれるかのふ

2019/5/7(火) 午後 9:54 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

まぁ、ついでに皆様の大好きなウィキで こっくりさん 検索

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%81%95%E3%82%93

ま、いまいちかねぇ しかし、オレッチノデーガクの学祖の名前がてでやんの 妖怪はいねぇということを証明しようとしたオッサンだがね
なぜか学祖のデーガクに 塩爺の銅像おったってんの 慶応デーガクだったな これも ヨーカイ かねぇ ま、ニンゲンでだもの イロイロあんのだな

2019/5/7(火) 午後 10:03 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

まぁ、そろそろ
アテューだねぇ

しかし 熊が心残りだな なんせ青天の霹靂ですからねえ

なんとかならんかなぁ・・・

2019/5/7(火) 午後 10:25 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

アデューしようと思ったがな
叙勲親父の印刷会社
5年位で昇天かとオレッチも覚悟しとるんだか
なぜか新入り営業マンが入社というか転げこんだ
まぁ、白髪交じりでな ま、50前後だのふ
問題はだな 楽器ケースらしいもんが出没たんだな
どうも新入りのもちもんなんだな 形態からすっと
ホルン
とにらんで新入りに聞くと、
只のカバンといいやがる
ありゃ、楽器だぜ 形態からすつと
古典音楽専用

こりゃあ ストーリーがおもろくなってきやんしたな
ホルンだとしたら 横浜交響楽団の団員かもしんねえしな
写植の同業にもいたぜ ティンパニやっとるおっさんなぜかデーガクン頃からしっとってこれが横響の団員様でな まで生きてるかねぇ
多分昇天しとるなぁ
いま、シューベルトの9番の出だし ホエホエクッキング食いながらみとったぜ ありゃ出だしが雄大な ほるん

2019/6/4(火) 午後 10:13 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

しかし、徳川夢声の戦争日記
他人にみせるもんでねぇ
とかご本人書いてるが
充分他人に見せる下心あんねえ
あれあれと長い記述が頻出
ま、その方が戦争中の細部が彷彿とするからいいがね
一日2
ページから3ページのペース 朝一の特等コース。

2019/6/6(木) 午後 10:13 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

で、ホニャララ屋からもコンタクト有
なんだつうと お仕事 だと
で、なんのお仕事かつうと

ホニャララ屋 介護バスの運ちゃんのバイト
最近のヨホヨボジジイの車狂乱事故にオヨヨとなった介護経営者が
70のホニャララ屋に警察主催のジジイ車狂乱予防講習会に出席させて、その感想文を 俺様に聖書 じゃーない PCに清書さしろつうお仕事 ま、やって差し上げたがな 高くふんだくるわけもいかねぇな
70前の別の介護バスのバイトの時も一回道路標識の衝突してな
オレッチに始末書の清書したがな

ま、ジンセー大変よ

上手くやってるやつもいるらしいがな ウラヤマシー

2019/6/12(水) 午後 9:52 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

ここに居るかと思ったらやっぱり案の定だねぇ。
マッキーさんちで誰とシャベってんの?
オネンブツは自分のブログへ書きなさいよ。w
うちのブログへ来る気はなさそふだねぇ。 削除

2019/6/16(日) 午前 0:43 [ ねこねこ ] 返信する

顔アイコン

おや、ニチレンクルクルパーの
引きこもりの猫か
親御さんもご時世ガラ大変でねーか
ヤフーブログだからのふ 賞味期限目前だぜ
なんだか カンナつうのも猫マニア
でなんだかこちは巫女もどきなっててえれえ神がかりになてんの
バッカンノも追い上げだぜ
ま、皆様錯覚ばっかやっとんな
しかし、トランプ あいつすげえおもろいね どうも中国と戦闘開始らしいな クラーク博士も南北内戦戦争でそうとうやったらしいぜどうも今度は内戦型になりそうな雰囲気・・・・・
てめえの国民かっちょよく食わせるのは大変だからな・・・

2019/6/17(月) 午後 11:02 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

ま、こっちゃみっとみなくかっちょ悪く
いちんち500円の建前
ホニャララ屋は自家用車金食うから放棄
しかし介護バスで70いっちゃってっからなんとも皮肉だな
あいつ、時々良く忘れやがんの
10時に来ると置手紙しとってこねえのがけっこうあんな
書いた瞬間にわすれやがんのかねぇ・・・・
猫もどこでもいーんらどっか仕事めっけな

2019/6/17(月) 午後 11:10 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

イッパイ酒クラッてショーギやってヘロヘロ
文もヘロヘロ さー、オネンネ

2019/6/17(月) 午後 11:13 [ dqf*n78* ] 返信する

顔アイコン

マッキーさんに迷惑だから、酔っぱらいの寝言は
うちのブログへ書きなさい。 削除

2019/6/18(火) 午後 0:40 [ ねこねこ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事