農民芸術学校ブログ

剣を犂に! 武器を楽器に! 鍬で大地を耕し、ヴァイオリンで心を耕す、世界平和のための学校を創りたい

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全223ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

NHKEテレ1 2019年2月9日(土)午後11時00分〜 午前0時00分 
ETV特集「宮沢賢治 銀河への旅〜慟哭(どうこく)の愛と祈り〜」 
https://www.dailymotion.com/video/x724wh8
宮沢賢治には、生涯をかけて愛した男性がいた。「銀河鉄道の夜」などの作品に思わぬ背景があった。残された手紙やノートを読み解き、新たな宮沢賢治像を浮き彫りにする。 

テレビは見逃していましたが、動画で全部観られました。すばらしい力作です。宮沢賢治と盛岡高等農林(現在の岩手大学)の同じ寮で暮らした山梨出身の保坂嘉内という人物が、宮沢賢治の無二の親友であったことは知っていましたが、親友というよりは恋愛の対象であったということがよく分かりました。宮沢賢治の謎の部分が少し解けました。賢治の代表作「銀河鉄道の夜」にも、多くの謎の部分がありましたが、ジョバンニがケンタウルスであり賢治であり、カムパネルラが土星であり嘉内であり、嘉内との「恋」に破れ、ケンタウルス座と土星が水平線近くで出会うのを久慈海岸に見に行った1月6日の夜が、ケンタウル祭の日であったということが、この動画から推察されます。

この動画の最初の方で、保坂嘉内が信奉していたトルストイの「百姓たれ」という思想に賢治も強く影響を受けたことを紹介していますが、嘉内が甲府中学出身ということで、ピンと来て調べてみましたが、彼が甲府中学に入学した当時の校長は、やはり札幌農学校1期生(東京帝大より1年早く日本で最初の大学生となった16名)の大島正健でした。1年ほどしか日本にいなかったクラーク博士より直接薫陶を受けたのは1期生のみで、この1期生はクラークに強い感化を受けて全員クリスチャンとなり、大島はこのクラーク精神を甲府中学(現在の甲府一高、私の妹の母校!)の学生に熱心に伝えました。大島を通じてクラーク精神を受け継いだ政治家に、戦後すぐ首相となり病気のため2か月ほどで退陣した石橋湛山がいますが、保坂嘉内も大島正健を通じてクラーク精神を間違いなく受け継いでいたであろうと確信します。
以前にも書きましたが、クラーク精神というものを簡単にまとめると、次の2つの柱になります。賢治の思想にも、嘉内を通じてクラーク精神が引き継がれていると感じます。石橋湛山は自民党初の首相でしたが、今の自民党の政治家には、この精神のかけらもありません・・・
1.高邁なる志 lofty ambition
 私利私欲でなく、正義と博愛の精神に基づいた理想の追求。弱者の側に立つ利他主義。
2.紳士たれ Be gentleman
 自主・独立の精神をもった個の確立。自制、自律、責任を持った行動、質素、清貧をよしとする。国際的な視野で、多様性を重んじる寛容の精神。

開く コメント(37)[NEW]

イメージ 1

イメージ 2


開く コメント(0)

私はいかなる人間か?

私は、いい加減な人間だ。大概のことは許せる。というよりも、こうしなければならない、という決まりとか縛りというものが、大嫌いである。典型的な天邪鬼と言ってよいだろう。こうしろと言われればやりたくないし、こうしてはいけないと言われればやりたくなる。これは私自身の生まれつきの性格であって、変えようとしても変えられない。子どもの時から、皆が集まって熱狂的になっていたら、そこには絶対に入りたいと思わずに、逃げて一人ぼっちになることを好んだ。そういう変な子どもだったし、それは今でも変わらない。

 子どもの頃に、たまたまキリスト教に出会ってクリスチャンになったが、それはイエスという人間が、自分によく似た性格だと感じたからなのかもしれない。キリスト教そのものを信じたわけではない。よくよく思い返してみても、イエスが神だなどと思ったことは一度もないし、聖書に書いてあることが神の言葉であるなどと思ったこともない。ただ、イエスという人間がとても好きになったし、自分もそんなイエスのように生きることができればいいと思ったから、クリスチャンになったのである。

 イエスのように生きるということはどういうことか。それは、この世において弱者である人々のことを愛し、そのためにこの世と闘うということである。イエスは最初バプテスマのヨハネの弟子であったが、彼のように荒野で仙人のように生きる道は選ばなかった。罪人として蔑まれた人たちと交わり、酒飲みで大食いと揶揄されもした。しかし権力には決して屈することなく、絶対に妥協しなかったので、最後には権力者の怒りを買い、熱狂する民衆からも見放され、十字架につけられ殺された。イエスのそういう生き方に、私は心底から共感できるのだ。

 権力とは何か。権力とは、原子力発電所を稼働させ、沖縄に米軍基地を作り、天皇を敬わせようとするものである。私は、そういうすべてのことに反対するし、庶民のささやかな暮らしを脅かすものすべてに、No!と言う。そして、Noとはっきり言うことができるように、私はサラリーマンにはならず、自分の必要とするものはできるだけ自給するという生き方を選んだ。もっともなかなか理想通りになど行かないし、自給できていないことの方がまだまだはるかに多いけれども、目指すところはウィルダネスに生きる完全自由人である。

開く コメント(0)

地震発生から丸3日経ちますが、まだ宅配業者が集荷業務を中止したままで、当園でも収穫した農産物を発送できない状態が続いています。
 今回の地震に伴う大停電は、北海道の経済に多大なる損失をもたらしたと思われますが、その責任はひとえに、地震多発地域にあった道内最大の厚真火発の緊急停止を一切想定していなかった北海道電力にあります。
 たった一つの発電所が止まっただけで、全ての発電所が同時に停止し、本州からの緊急送電も受けられなくなるというお粗末さに、誰もが驚き呆れました。そして空港が閉鎖されたので飛行機も飛ばず、本州と違い未だに余り電化されていない鉄道も全て運休し、信号機が消えたためにバス会社も運行を停止、ガソリンスタンドも停電で休業しました。完全に物流がストップしたので、コンビニやスーパーも生鮮食品・冷凍食品などの棚は空っぽのまま。電力が復旧してもなお、生産活動ができないところがたくさんあります。こんな馬鹿げたことは、あってはならないでしょう。
 泊原発が止まっていたからこんなことになったので、動いていればよかったという人がいますが、そんなことはありません。もはや原発再稼働など、100%させてはならないし、未だに一日も早い再稼働を目指すなどという馬鹿げたことを言っている北電には、いい加減にしろと言いたい。必要もないのに国策でいやいや造らされた原発で、再稼働しないと元をとれないと考えているのかもしれないが、とんでもない考え違いです。今回の大停電により、泊原発は福島第一原発事故以降初めて、外部電源喪失をした原発となりました。稼働していない原子炉も燃料棒がある限り冷却が必要であり、外部電源を失うと大変な惨事を招くことは福一の事故でよく分かったはずです。そんなことは普通の人はあの事故の前には知りませんでしたが、今では多くの人が知っています。それなのに今回、北電は全道でのブラックアウトというあってはならない状態を招いたのであり、これはもう北電に原発を任せるなどということは、一切恐ろしくてできないということです。
 ここ余市は、泊原発から30㎞圏内ですから本当に心配でならないのですが、万一事故が起きたら放射能は同心円状に拡がるわけではなく、風に乗って流れるわけですから、通常西から東に風が流れることが多いことを考えると、北海道の多くの人口が集中する札幌周辺が最も被害を受けることになるでしょう。北電には、一刻も早く泊原発の廃炉に向けたプログラムを策定し、全国に先駆けて脱原発を実現する良識ある行動を望みます。

開く コメント(1)

一瞬にして数十万人を焼き殺した原爆がアメリカの爆撃機によってヒロシマに落とされて73年目の今日。ヒロシマと3日後のナガサキに続いては、近年のイラク戦争での劣化ウラン弾のようなものを別として、核兵器が実際の戦闘で使われることは幸いにしてなかった。しかし、それは大国が独占して小国に言うことをきかせる便利な道具として温存されてきた。だからこそ、北朝鮮やイラクなどがそれを何とか自力で作ろうなどとするわけである。
 それにしても、世界で唯一、実戦において原爆が使われた日本で、日米政財界の利害が一致して原子力の平和利用などといって原発が推進されて次々に作られたのは、誠に悲しむべきことでしかなかった。原発が原子力の平和利用だというのは、全くのまやかしでしかない。発電の結果、数十万年も人類が管理し続けなくてはならない危険きわまりない高レベル放射性廃棄物がどんどん生まれ、その処理の方法も処分の場所も全く目途がたたないままに、原発を作り続けてきたことがそもそもおかしい。そして、チェルノブイリのような過酷事故は何重にも安全策を施した日本では絶対に起こらないと根拠のない宣伝を繰り返し、この地震・火山列島に原発を次々と続けてきた結果、起こるべくして起きたフクシマの事故。そんな大惨事を経てもなお、原発を維持し作り続けようとする原子力マフィアたち。
 彼らはもちろん、たかが発電目的で原発のように管理も大変でコストもかかるようなものを維持しようとしているのではない。地球温暖化防止だとか、近いうちに枯渇する化石燃料に代わるエネルギー資源として必要などという説明が、真っ赤な嘘であったことも、はっきりしている。核燃料サイクルで永遠にエネルギーを生み出せるなどとは笑止千万のウソにしか過ぎなかった。国の言うことなど、決して最初から信用すべきではない。
 彼らがそれを維持しようとしているのは、それが、ヒロシマ、ナガサキを一瞬にして焼き尽くした強力な兵器を作るために必要な装置であることを理解しているからに過ぎない。暴力によって人を脅し、暴力によって人に言うことをきかせるために、辺境の地に金をばらまいて原発を建設し、実際には電力がどんなに余っていても、安全に運転させようとしたら天文学的なコストがかかってしまうことがはっきりしていようと、それを維持し続けようとするのは、それがいつでも核兵器製造に転用できるものであるからに過ぎないのである。
 沖縄に米軍基地を集中させ、辺野古に新たな基地さえ作ろうとしているのも同じ理屈だ。日本の安全を守るためなどと言うのは、真っ赤なウソでしかない。あんな海兵隊のような人殺し部隊の基地が、日本の防衛に役立っているなどということが、あろうはずもない。言うことをきかぬものに暴力で言うことをきかせ、支配・被支配の関係を固定化させる、そのための装置に過ぎない。
 私は、自由でありたい。人間による人間に対する、どんな支配にも反対する。だから、原発にも、軍事基地にも、絶対反対である。そして、天皇制にも反対する。これこそ、人間を生まれによって差別するものに外ならない。これがなくなった時にこそ、日本は平和で美しい国になると信じている。

開く コメント(0)

全223ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事