農民芸術学校ブログ

剣を犂に! 武器を楽器に! 鍬で大地を耕し、ヴァイオリンで心を耕す、世界平和のための学校を創りたい

農民藝術学校

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

NHKEテレ1 2019年2月9日(土)午後11時00分〜 午前0時00分 
ETV特集「宮沢賢治 銀河への旅〜慟哭(どうこく)の愛と祈り〜」 
https://www.dailymotion.com/video/x724wh8
宮沢賢治には、生涯をかけて愛した男性がいた。「銀河鉄道の夜」などの作品に思わぬ背景があった。残された手紙やノートを読み解き、新たな宮沢賢治像を浮き彫りにする。 

テレビは見逃していましたが、動画で全部観られました。すばらしい力作です。宮沢賢治と盛岡高等農林(現在の岩手大学)の同じ寮で暮らした山梨出身の保坂嘉内という人物が、宮沢賢治の無二の親友であったことは知っていましたが、親友というよりは恋愛の対象であったということがよく分かりました。宮沢賢治の謎の部分が少し解けました。賢治の代表作「銀河鉄道の夜」にも、多くの謎の部分がありましたが、ジョバンニがケンタウルスであり賢治であり、カムパネルラが土星であり嘉内であり、嘉内との「恋」に破れ、ケンタウルス座と土星が水平線近くで出会うのを久慈海岸に見に行った1月6日の夜が、ケンタウル祭の日であったということが、この動画から推察されます。

この動画の最初の方で、保坂嘉内が信奉していたトルストイの「百姓たれ」という思想に賢治も強く影響を受けたことを紹介していますが、嘉内が甲府中学出身ということで、ピンと来て調べてみましたが、彼が甲府中学に入学した当時の校長は、やはり札幌農学校1期生(東京帝大より1年早く日本で最初の大学生となった16名)の大島正健でした。1年ほどしか日本にいなかったクラーク博士より直接薫陶を受けたのは1期生のみで、この1期生はクラークに強い感化を受けて全員クリスチャンとなり、大島はこのクラーク精神を甲府中学(現在の甲府一高、私の妹の母校!)の学生に熱心に伝えました。大島を通じてクラーク精神を受け継いだ政治家に、戦後すぐ首相となり病気のため2か月ほどで退陣した石橋湛山がいますが、保坂嘉内も大島正健を通じてクラーク精神を間違いなく受け継いでいたであろうと確信します。
以前にも書きましたが、クラーク精神というものを簡単にまとめると、次の2つの柱になります。賢治の思想にも、嘉内を通じてクラーク精神が引き継がれていると感じます。石橋湛山は自民党初の首相でしたが、今の自民党の政治家には、この精神のかけらもありません・・・
1.高邁なる志 lofty ambition
 私利私欲でなく、正義と博愛の精神に基づいた理想の追求。弱者の側に立つ利他主義。
2.紳士たれ Be gentleman
 自主・独立の精神をもった個の確立。自制、自律、責任を持った行動、質素、清貧をよしとする。国際的な視野で、多様性を重んじる寛容の精神。

開く コメント(45)[NEW]

 うーん、やらなくてはいけないことが多過ぎる。今日やらなくても済むことは明日やればいいといって、明日になればまた明後日に延ばし、そうこうしているうちに何か月も何年も、果ては10年以上そのままにしていることもいっぱいある。もう50歳も超えてこんなことをやっていては駄目だと思いつつ、だんだんと体力も気力も衰えてきて、ますますやり残すことが増えるばかりだ。全く自慢じゃないが自分の部屋の片づけだって何年もしていないし、家の窓ふきは家を建ててから一度もやっていない(窓ふきの道具は買ってある)。

 読もうと思って買ってある本が部屋に100冊以上いくつもの山になって積み重なっていて、同時に5冊くらい読みかけてはいるのだけど、時間がなくて全然先に進まない。一階の書棚にも読まずに並べてある本が何百冊あるだろうか。一応目を通してある蔵書は中学生の頃に買ったものも捨てられずに取ってあって全部で何千冊かあると思うけど、作り付けの棚に奥まで三重に本を重ねているので奥の方に何の本があったかもう全く分からない。それでも読みたい本があると、買わずにはいられないし、読み終わっても手放せない。大体自分が買いたいと思うような本は、すぐ絶版になってしまうような本が多いから、買いたいと思った時に買わないと、何年かしたら買えなくなってしまうこともあるので、ついつい買ってしまう。安藤昌益全集など、読みたい時に図書館で借りればいいようなものだけど、分割で10万円以上払って買って、結局ほとんど読まずに書棚の奥の方に隠れている。

 念願の農民芸術学校を作ったら、まず図書館を建てなくてはいけないなどと思っている。今年3月に東京町田の農村伝道神学校に行って、一番興味があったのは何か所かに分かれていた図書室だったけれど、10年ほど前に山形県小国町の基督教独立学園高校を訪問した時、食べ物をほとんど自給していて製パン部があったり酪農部があったり講堂にパイプオルガンがあったりするのにも魅かれたけど、一番感動したのは図書館の充実ぶり。無教会派の聖書研究が熱心なのは知ってはいたけど、まさかここまでとは思わなかった。東京の内村鑑三記念今井館にどれだけの蔵書があるのか知らないが、1学年30名ほどの小さな私立高校の図書室が何階建にもなっていて床から天井まで本で埋め尽くされているのに圧倒された。今はインターネットで何でも検索できる時代になったが、肝心なことは、まだまだ本を読まなければ分からない。

 今時間があったら、本を読みたいのと、作曲したいのと、チェロを練習したいのと、ヤギを飼ってチーズを作りたいのと、豚を飼ってベーコンを作りたいのと、カヌーをしたいのと(簡易ヨットにまでなるカナディアンタイプを持ってるのだけど穴があいたまま30年近く放置・・・穴を塞ぐリペアキットは数年前に買ったのに直さず)、山に登りたいのと・・・

 そんなに全部できるわけないので、本だけで結構満足してしまう。中学の時に買いあさった本というのが、冒険サバイバル関係の本。高校になるとアメリカ開拓時代のハウツーを聞き書きで収集したFOXFIREなんかもわざわざ本国から取り寄せて買い揃えた。全然やってもいないのに、釣りとか狩猟とかの本も沢山ある。ワイン会社に勤めていた時にはアメリカ出張のついでに日本では禁止されているボウハンティングの本なんか買って、コンパウンドボウと狩猟用の矢尻とかまで買ってきてしまった。ついぞ使うことはないのだが。家づくり関係の本も(ログビルディングを中心に)結構持っているが、とても時間がなくてできず仕舞、それでも余市に来てしばらくは家具くらいは作ったりする余裕があった。今はそれもないのがちょっと悲しい。インターネットに時間を取られているのが一番いけないのは分かっているのだけれど・・・

 
あとやってみたいのが、機織り(もちろん繊維作りから、特に天蚕に興味あり、草木染めもやって)、陶芸(粘土も自分で掘り、釉薬も植物を灰にするところからやって)、漆を栽培しての漆器作り、等々とにかく手仕事の物作り。昨年3月に訪問したブラジルのユバ共同体農場では、オーケストラをやるのに、弦楽器をブラジルの木で作るところから始め(弓はブラジルウッドでなければできない)、陶器も作り(立派な登り窯が森の中にある)、もちろん家具も作るし家も自分たちで建てる。米も大豆も作って、味噌、醤油、豆腐、納豆も自給していることに感動しました。もちろん豚も一頭まるごと全部利用して、脂から石鹸も作っています。カンピョウをパパイアから作るというブラジルならではの技もありました。短い滞在期間でしたがホウキの作り方を教えてもらいホウキモロコシの種ももらってきました。農民芸術学校ができれば、こういう自給の技にどんどん挑戦して行きたい。

開く コメント(0)

林洋子賢治語り芸・クラムボンの会 余市公演イメージ 1
アイリッシュ・ハープと語りによる
宮沢賢治の世界
「やまなし」作曲:千秋次郎
「よだかの星」音楽:カルミナ・ブラーナより
       主題歌作詞:林洋子
作:宮沢 賢治
演出:一代目 林 洋子
語り:二代目 巖谷 陽次郎
アイリッシュ・ハープ:小林 秀吏

6月24 日(金) 19:00開演(18:30開場) *託児あります。
会場:日本キリスト教団余市教会
    (余市町黒川町1丁目17番地、宇宙記念館向かい)
前売り/ 大人1,500円(当日1,800円)
    小・中・高校生 500円(当日700円)

主催/ クラムボンの会余市公演実行委員会
お問合せ 090-1382-7237 牧野
後 援/ 余市町教育委員会.仁木町教育委員会.赤井川村教育委員会.余市文化協会.余市こども劇場

【チケット取扱所】
徳島屋旅館(JR余市駅前)、日本キリスト教団余市教会
余市テラス、喫茶 茶々(仁木駅前通り)、
ながぬま農園カフェ リン・フォレスト(赤井川村)
イメージ 2

開く コメント(0)

Music Trade Japan 掲載記事

ミュージックトレード(楽器店向け業界専門誌)2016年6月号掲載
イメージ 1

イメージ 2


開く コメント(0)

宮澤賢治とラスキン

 宮澤賢治(1896-1933)が花巻農学校(および岩手国民高等学校)を辞して作った羅須地人協会(そこに集った若き農民たちは農民芸術学校と呼んでいた)の「羅須」とは何を意味するかということに関して、諸説あるわけであるが、イギリスの美術評論家ジョン・ラスキン(1819-1900)の名前の一部を取ったものではないかという有力な説がある。ラスキンの芸術観は、ウィリアム・モリスのアーツ・アンド・クラフト運動やユートピア思想に直接の影響を与え、日本では柳宗悦の民芸運動や白樺派の作家たちの活動、世界ではトルストイやガンディーなど、世界中の反権力的な自給運動・平和運動につながって行くことになる。宮澤賢治もその一人であって、彼の作った羅須地人協会は、実際には2年余りで活動を停止してしまうことになるが、彼の播いた種はその生徒たち、また彼の作品に出合った多くの人々に大きな影響を与え、現代でもなお私もその影響を受けた一人であるけれども、彼の原点にはラスキンがあったのだ。

 私は冬の間、鉄道で除雪のアルバイトをしているが、雪が降らない時は詰所で待機していればよく、その間には十分な読書時間があり、一番最近はこのラスキンについての評伝(クエンティン・ベル著、出淵敬子訳、昌文社 1989)を読んだ。ただ、この翻訳が直訳調で余りに読みにくく非常に難儀したものの、ラスキンの人となりは、それなりにつかめた。そして、ラスキンと宮澤賢治とに余りにも多くの共通点があることに驚いた。

 まず、その多才ぶりである。ラスキンの本職は、評論家ということになろうが、自らも絵をたしなみ、美術・建築の評論から始まってはいるもの、さらに文芸評論や社会評論へと進み、彼独自の宗教的信念から来るところの社会主義思想を展開し、現在の欧州における社会民主主義的政策の多くは、すでに彼の論陣の中で表明されている。また、成功には至らなかったが聖ジョージ・ギルドという農業共同体・一種のユートピア建設も試みている。また、敬虔な宗教的倫理観をもつ一方で、既存の伝統的宗教組織の堕落ぶりには大いに失望している。また、その著作は言葉の魔術師と呼ばれるほど詩才に富んでおり、また各地で行った彼の講演は、多くの人を惹きつけ魅力にあふれユーモアに富んだものだったと言う。また、社会科学だけでなく自然科学、特に地質・鉱物・生物にも造詣が深く、地質学者、ナチュラリストとしての顔も持っていた。

 一方、宮澤賢治の本職は農学校の教師(盛岡高専=現岩手大農学部での専門は土壌肥料学)であったが、やはり幼少の頃より鉱物や生物に非常な興味を示し、また絵も描き楽器も演奏し、浮世絵やクラシック・レコードを収集した。また本職の傍らで、多数の詩や童話を残し、敬虔な仏教徒であったが、実家の宗教である浄土真宗の堕落を嘆いて日蓮宗系の国柱会に所属して熱心な活動をするものの、キリスト教(カトリックや無教会派など)にも関心を持ち、教会にも出入りしてクリスチャンの親友とも深い交流を持った。また社会主義運動にもシンパシーを持ち、その活動に寄付をしたりしている。そして、彼の著作には他のどんな作家にもなかった巧みな言葉遣いがあり、彼の授業が生徒たちには非常に人気の高い魅力に富んだものであったということも、全くラスキンそっくりと言えるだろう。

 また、多才で頭脳明晰、興味の対象が非常に似ているというだけではなく、この二人のおかれた境遇、そして行動のとり方というものも、非常に似ているのである。つまり、二人とも、非常に裕福な資産家に生まれているということ、そして、そのことを彼ら自身が引け目に感じており、彼らはその資産を使って芸術品の収集に充てたりもするが、貧しいが将来ある者たちに惜しみなく喜んで与えてしまうのであった。また、既存の組織を嫌い、私財を投げ打ってユートピアのようなものを作ろうともしたのである。

 ラスキンにせよ宮澤賢治にせよ、一言で言えば非常に理想主義的な思想家であったわけで、決して現世的にうまく立ち回れた人間ではない。良きにせよ悪しきにせよ、お坊ちゃまだったからこそ、理想を曲げない生き方ができたというところもあるだろう。そして、性急に建設しようとしたそのユートピアも、現実にはそぐわず挫折することになる。しかし、彼らの理想は今でも決して色褪せたものではないし、すべての人が幸せに生きることのできるユートピアは、実現不可能と一笑に付すべきものではなく、実現目指して不断に追及する目標として存在し続けるであろう。

開く コメント(7)

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事