農民芸術学校ブログ

剣を犂に! 武器を楽器に! 鍬で大地を耕し、ヴァイオリンで心を耕す、世界平和のための学校を創りたい

農民藝術学校

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
内村鑑三の無教会派キリスト教の流れを汲む学校が日本に3つある、山形県小国町のキリスト教独立学園高校、島根県江津市のキリスト教愛信高校、そして三重県伊賀市の愛農学園農業高校である。いずれも1学年30人程度の小さな全寮制高校であり、前2者は普通科であるが、広い農園を持ち水田部・園芸部・酪農部などがあり食料はほぼ自給、製パン部もあり薪でパンを焼き、炊事も生徒が交代で行うという徹底ぶり。愛農高校は、日本で唯一有機農業が必修であり、一般市民向けの就農支援講座もある。
 
 さて、私は2005年3月に、農民芸術学校の参考にイメージ 3するため山形県小国町の独立学園高校と小国フォルケホイスコーレを訪問した。当時まだブログを始めていなかったので、7年ぶりに訪問記を書いてみる。
  小国フォルケホイスコーレは、元独立学園高校の教師だった武祐一郎さんが始めたフルースクールで、武さんは桐朋音大作曲科に学んだ後、埼玉の自由の森学園高校創設に加わり音楽教師を務めた後、愛農学園高校、岐阜で障害者と共にハム・ソーセージを作っているゴーバルという共同体を経て、独立学園高校で音楽教師を務め、その後ノルウェーにある唯一の音楽専門フォルケ・ホイスコーレで2年間スタッフとして暮らした経歴の持ち主。奥さんも、宮城県にあるニューライフカレッジというフリースクールのスタッフだった方。
  まず、1日目は小国フォルケホイスコーレでお世話になり、ちょうど地域の子どもたちを集めたコンサートで、伴奏を武さんにお願いしてヴァイオリン独奏もさせていただき、歌の伴奏にオブリガートをつけたりして楽しい時を過ごし1泊。この時点で生徒は2名だけ。独立学園も、80年前に高校になる以前、創設者の鈴木弼美が農家の納屋で学校を始めた時の生徒は2名だったらしい。
イメージ 1イメージ 2 
 2日目は、独立学園をじっくり見学。ここは、内村鑑三が西欧文明に毒されていない地として、本物のキリスト教を伝えたいと選んだ場所であり、内村の弟子で東大物理学科を卒業した鈴木弼美が開拓伝道に入り、デンマークのフォルケ・ホイスコーレを高く評価していた内村の影響によってこの学校が作られた。内村の唱えた絶対平和主義を太平洋戦争中も貫いた鈴木は、敗戦直前の約1年間、治安維持法違反で獄中にいたが、戦後間もなく山形県知事の尽力により文部省認可の新制高校として再スタートした。「読むべきものは聖書、学ぶべきものは天然、なすべきことは労働」という内村鑑三の言葉に基づき、受験教育を一切否定し、食事はほとんど自給し、炊事も交代で協力する。ハム・ソーセージなども作り、パンも薪の窯で焼く。質素でノーブルなものを求め、寮生活においては、マンガ雑誌、携帯電話、コンピューターゲーム、エレキギター等は禁止。授業は通常の普通科過程の科目の他に、聖書学や平和学、森林学などがあり、合唱など音楽にも力を入れる。韓国のプルム農業高校とは姉妹校でハングルも学ぶ。2・11は休日とせず、建国記念の日に反対し天皇制などについて学ぶ日としている。  


 教頭の鈴木先生(新年度から校長とイメージ 4のこと)と懇談後、パイプオルガンのある講堂などを見せてもらい、教頭先生の担当する3年生の選択科目キリスト教研究の授業に参加。生徒に自己紹介をしてもらったが、授業に参加していた12名ほどの生徒の約半分が農家出身、北海道出身者も2名、道内の大学に進学が決まっている者もいた。卒業生の大半は推薦などで大学に進学している。
 

 そ の後、授業のイメージ 5なかった後藤先生(新年度から教頭)に牛小屋、男子寮、図書館(キリスト教、特に無教会派関係の書籍は膨大で、3階建ての書庫にびっしり貴重な文献が揃う)、50年記念館などを案内してもらい、日本におけるキリスト教による農業共同体などの話をする。山形では東根市関山で内山の弟子らがブドウ園を経営、関東の大輪にはフッタライトの農業共同体、北海道の長沼にはメノナイトの農業共同体があるという話(メノビレッジのことでしょう)。フッタライトもメノナイトも現在アメリカで中世そのままの自給生活をしているアーミッシュと近い宗派で、兵役免除される歴史的平和教会といわれる絶対的平和主義の宗派、日本の無教会派も歴史的平和教会と言えるだろう。その無教会派から超右翼の「キリストの幕屋」が誕生しているのは皮肉であるが。そういえばカトリックもトラピスト修道会などが農業で暮らしているが、生涯独身でなければならないので共同体とは呼べない。

イメージ 6イメージ 7

 昼 食は、食堂に集って生徒、先生皆で一緒にいただき、助川校長とも話をする。校長は、私と同じ北大農学部農学科の果樹蔬菜園芸学講座の大先輩。内村鑑三は北大農学部の前身である札幌農学校の2期生だから、これも何かの因縁だろう。食事の席で、北見から来ている2年生の千葉さん(お母さんが「えこふぁーむ」のお得意様)のヴァイオリンを借りて、「ユーモレスク」を演奏し、自己紹介もさせてもらう。
 
イメージ 8 独立学園を見学後は、JRを乗り継いで東京杉並区の妹宅を訪問、妹が通っている日本聖公会の阿佐ヶ谷聖ペテロ教会も訪問し、牧師であり私が学生時代に5年間暮らした札幌の聖ミカエル青年寮で一番仲が良かった先輩の高橋顕さんと再会、翌日やはりミカエル寮で後輩だった岡村光君がスタッフとして勤めている江東区にある特設老人ホームの深川愛の園を妹と訪問して、妹にピアノ伴奏をしてもらい、ヴァイオリンコンサートを行った。イメージ 9
 


 

開く コメント(41)

「農民芸術学校」蔵書

最近facebookの使い方がだんだん分かってきて、ブログの方はご無沙汰になりがちなのだが、まだまだfacebookに登録されていないネットユーザーの方も少なくはないので、facebookの私のページに投稿したものを、こちらにも紹介しておこう。facebookでは、ブログのように一つの記事にたくさんの写真をはめ込むことはできないのだが、写真アルバムというものを作成して、それぞれの写真に解説をつけることができる。

以下は、アルバム「農民芸術学校」蔵書 のコピペ。

義父が蔵書を整理するというので、大半は公立図書館に寄付することにしたそうだが、農民芸術学校の図書になりそうなものをお願いしたら、貴重な本がたくさん送られてきた。

イメージ 1どんな本が必要かというので、アイヌの文化についても勉強したいと言ったら、アイヌ政策史、アイヌ語地名解や、北海道近世史などの名著がずらり。


イメージ 2








もちろん、農業関係もということで、農業史、農学史、農業博物誌など、かなりマニアックな本たちが勢ぞろい。


イメージ 3この辺は、義父の専門に近い、植物観察図鑑など。以前に送っていただいたものは、この何倍もある。

イメージ 4










これは義父の著書。「北海道の山」は私が北大に入る前に買った本で、「北海道の自然保護」は私が北大に入ってすぐに買った本。まさかこの著書の娘と結婚することになるとは思ってもみなかった(全くの偶然に過ぎないのですよ!)

義父は、国立公園レインジャーの日本第一号です。

イメージ 5

これは、義父の書いた本の中でも、一風変わったものだが、へたな推理小説よりもはるかに面白い。まさに事実は小説より奇なり。真実をとことん知ろうとする義父の執念がすごいと思う。私は、富太郎と親戚でも何でもない。うちにも牧野植物図鑑が何冊もありますが、全くの偶然です。

イメージ 6










→現在の自宅の書棚、ここは農業関係・食品関係・自給技術関係、かなり奥行きのある作り付けの書棚で大型本も前後2列、小型本は前後3列重ねているので、奥の本は全然取り出せない。義父からいただいた本は、もうとても収めきれない。


イメージ 7






←ここはキリスト教関係(特に解放の神学、エコロジー神学
など)と下の方は北海道の歴史(特に民衆史)関係。


イメージ 8










→ここは、アウトドア関係、エコロジー関係など、小学6年
生の頃「冒険手帳」という本を買ってから、サバイバル関係の本を集めるようになり、アメリカからは開拓時代の生活を高校生が聞き書きした「Foxfire」という本を何巻も直接取り寄せたりした。








というわけだが、本をただ積んでおいても何の価値もないわけで、多くの人が利用できるようにしたいのであるが、そのためには図書館を建てなければならないと思った次第。そこで思い出したのは、2005年に訪問した山形県の基督教独立学園高校の図書館。この高校は、もう80年ほどの歴史があり、全学年で80名に満たない全寮制普通高校であるが、田んぼもあり、牛を飼い、パンも生徒が焼いて自給生活をしている。そして、講堂にはパイプオルガンもあるという、農民芸術学校のモデルにもなりそうな学校。この学校は、内村鑑三の流れを汲む無教会派(日本独特のキリスト教宗派)の学校で、無教会派はアカデミックな聖書研究でも知られている。東京にも今井館というところに聖書研究関係の膨大な蔵書があるが、この独立学園高校の図書館にも、この山奥の小さな学校になぜと思うほどの膨大な蔵書があり、図書館は増築に増築を重ねていくつもの建物にぎっしりと貴重な本があったのには本当にびっくりしたものだ。まだブログを始める前の訪問だったので、もう過去の話だけれど改めて写真入りでこのブログでも紹介したい。

札幌農学校の第2期生であった内村鑑三は、クラーク博士の影響でクリスチャンになり、アメリカの大学にも留学するが、西欧の帝国主義的なキリスト教を嫌い、聖書とともに自然の中に神を見る。日本の中でもっとも不便な山奥に理想的な学校を作りたいと考えていて、それを山形県の小国町で実現したのが東京帝国大学で物理学を学んだ彼の弟子である鈴木弼美。
内村の思想も時代により変遷をしているが、最終的に行き着いたところは、絶対的非戦思想と権力の否定、また農業による自給ということにも高い価値を認めていて、私が尊敬する人物の一人である。無教会派というのは建物や儀式に価値を認めていないからで、牧師という職業も認めないので、普通は教会をもたずに○○集会という形で集まっているが、札幌には「札幌独立教会」という内村鑑三以来の無教会派の教会がある。

開く コメント(7)

世話人会の皆様は、忙しい方ばかりなので、なかなか全員揃うチャンスがなく延び延びになっていたのですが、8名のうち何とか5名が集まれるというので、7月8日(日)正午より、「余市テラス」にて自然食ランチをいただきながら、会議を開催いたしました。そこで、8月26日(日)に一日体験授業&コンサートを行うことを、決めました。これは、学校設立に向けてのアピールと同時に、将来の学校施設建設のためにNPO法人または農業生産法人の設立が不可欠であり、法人化の事務作業のためにも資金を集める必要があるだろうとのことで、会費をとって行うことにしました。詳しいことが決まり次第、また皆様にご案内いたします。

イメージ 1Cafe B&B「余市テラス」本日のスペシャルランチ 豆腐のトマトソースあえの雑穀玄米ご飯がメイン。
イメージ 2









この日は「余市テラス」のオーナーであり世話人メンバーでもある伊藤規久子さん自身は、札幌での「コミュニティ・レストラン」講演会で講師を務めて不在だったのですが、世話人メンバーM君のパートナーS子さんが、代わりに調理と給仕をしてくれました。前回も、S子さんの料理をいただきながら会議を行いました。いつもおいしい料理を、本当にありがとうございます。

イメージ 3イメージ 4












会議のあと、世話人会に久々に出席してくれた赤井川塾の中村雅志さん・明子さん一家と、「えこふぁーむ」でイチゴ狩りとサクランボ狩りを楽しみました。

イメージ 5建設中のドームハウスの前で、記念撮影。

イメージ 6イメージ 7








6歳の仁君は、床下にまっすぐ立てます。
イメージ 8





S子おねえさんは、子どもたちに大人気。


イメージ 9




北海道には、梅雨がないので、今が一番快適な季節です。看板の前のバラがきれいに咲きました。看板の右にあるサンショウの樹が、ずいぶん大きくなりました。

開く コメント(9)

イメージ 1イメージ 2





















本日も、昨日に引き続き雲一つない快晴。ドームハウスの組み上げは一気に進み骨組みが完成。私は、朝からなぜかひっきりなしにお客さんが来たので、ほとんど作業を手伝えませんでしたが、最上部のフレームのボルト締めと、上棟記念の文字を入れるところだけやらせてもらいました。フレームの組上げが終わってからブドウジュースで乾杯し、採りたてのイチゴ(キタエクボ)とサクランボ(佐藤錦の初物)をおやつに休憩しました。

今日いらしたお客さんは、まず昨日に続いて北海道エコビレッジプロジェクト余市ハル農場の笠小春さん
http://haru-yoichi.seesaa.net/
札幌のメンバー宅に届けるための野菜を、うちと未来君から仕入れに来ました。農民オケメンバーでもあります。

イメージ 3次に来たのが、音楽仲間の瀧谷まゆみさんとあかりちゃん親子、安河内真樹さんとさわちゃん親子です。お二人と一緒に初めてトリオでコンサートをやった後に、どちらも待望の第一子が相次いで生まれて以来の仲良しで、イチゴ摘みに来ました。

イメージ 4



そして次は、北海道しりべし自由市場(寿都町)のコウショさん夫妻でした。お二人はニセコで知り合ったそうで、ドームハウスにも興味津々です。
http://www.shiribeshi-marche.com/
えこふぁーむのぶどう果汁をネットやマルシェで販売してくれることになり、そのうち上のHPで紹介されると思います。

最後のお客さんは、札幌の○△美幸さん。学生時代から30年以上の付き合いがあります。以前は幼稚園の先生をやっていて、ご主人とも同じだけの付き合いがあります。でも、美幸さんとはちょっと疎遠になっていたのですが、最近facebookをやっていることが分かりお友達になり、無農薬のイチゴやベリー、野菜を酵素飲料にしたいとのことで、20年前この農場を開いたばかりの時に家族でブドウ狩に来てくださって以来の来訪でした。

イメージ 5智香(ワイフ)は、午後薬局の仕事から帰ってブドウジュースのラベル貼りの後、台所にこもってハネ物イチゴでジャムを煮てくれました。今盛んに採れているハスカップもブレンドして、我が農園のホームメイドジャムで一番人気の色・味・香り3拍子揃った最高のジャムになります。

開く コメント(21)

5.自給の思想、自給的共同体(コミューン、エコビレッジ)
 5−1.農本思想、ユートピア思想
安藤昌益 『自然真営道』〜1753刊本 直耕、自然世
ヘンリー・デイヴィッド・ソロー『ウォールデン〜森の生活』1854
ロバート・オーウェン ニューハーモニー村(アメリカ インディアナ州)18251828
           ロッチデール先駆者協同組合 1844
シャルル・フーリエ『家庭・農業アソシアシオン論』1833  ファランジュ(協同体)
マハトマ・ガンディー アーシュラマ共同農園(南アフリカ 19131915
チャルカ(糸車)とインド独立(スワラージ)運動(19151948
二宮金治郎尊徳)〜1856 報徳思想=農村復興政策・・・勤労、分度、推譲
        開墾奨励で所得増、ヒエ栽培奨励で飢饉から逃れる
田中正造 足尾鉱毒(栃木県谷中村)で議員辞職・天皇直訴1901 野に叫ぶ清貧
江渡狄嶺 百姓愛道場 1911〜(東京都世田谷区)『百姓道』アナキズム
石川三四郎 『近世土民哲学』1933 キリスト教アナキズム
内村鑑三 興農学園 19291943(1933〜久連国民高等学校)→基督教独立学園高校(山形県小国町)
権藤成卿 『農村自救論』1932 農本主義
橘孝三郎 兄弟村農場(1916)、愛卿会(1919)、皇道主義、超国家主義
加藤完治 日本国民高等学校 1935〜(→日本農業実践学園)満蒙開拓青少年義勇軍
石原莞爾 満州国協和会1932 五属協和による王道楽土 国柱会(日蓮系)
賀川豊彦 『一粒の麦』1931 日本農民組合 1922〜 日本農民福音学校19271942 
黒澤酉蔵  北海道製酪販売組合1925〜(→雪印)、酪農学園1933〜(短大1950〜、大学1960〜)
小谷純一 愛農会、愛農学園1945〜(愛農根本道場→愛農学園農業高校1963〜)
中島 正 『自然卵養鶏法』1980 『みのむし革命〜独立農民の書』1986
『都市を滅ぼせ〜人類を救う最後の選択』1994
     『農家が教える 自給農業のはじめ方』(農文協)2007
 明峰哲夫 『ぼく達は、なぜ街で耕すか〜都市と食とエコロジ−』1990、『自給自足12ヶ月』1996
 
5−2.宗教的コミューン、エコビレッジ
 アーミッシュ教団・・・ドイツ→アメリカ ペンシルバニア州、カナダ オンタリオ州など、再洗礼派、
   電気、自動車などを使わない自給生活、馬車、風車、水車、ドイツ古語 約20万人
 オールド・ファッション・メノナイト教団・・・アメリカ、カナダ、パラグアイ(メノニータ)
 ドゥホボール教団・・・トルストイによりロシアから北米カナダへ移住 非暴力
 アマナ・コミュニティー・・・ドイツ→アメリカアイオワ州1855〜 アーミッシュよりも開放的
 カトリック修道会(修道院) 「すべて労働は祈りにつながる」農業、酪農、食品製造など
 ヤマギシ会(ヤマギシズム社会実顕地)山岸巳代蔵1953〜 無所有一体、養鶏ほか
  日本33箇所(豊里〜三重県津市、北海道別海町ほか)、海外5箇所
 キブツ(イスラエル)1909〜 約270箇所 総人口10万人(2010)・・シオニズム、屯田兵
 シュタイナー村キャンプヒル共同体・・・イギリス、ドイツ他21か国約120箇所)
北海道伊達市 人智学共同体「ひびきの村」
  ハレ・クリシュナ・コミューン(クリシュナ意識国際協会)・・・インド、アメリカ、菜食主義
 エコビレッジ〜 フィンドホーン共同体(スコットランド1962〜)・・・スピリチャリティー
クリスタルウォーターズ(オーストラリア・クイーンズランド州1985〜)・・・パーマカルチャー
 オーロビル(インド1968〜)2000ha1700名の大所帯、国際的、ヨーガ、アーユルヴェーダ、
ツインオークス国際共同体(バージニア州1967〜)、サンドヒルファーム(ミズーリ州1974〜)55ha
アースヘイブン(米国ノースカロライナ州1993〜)128ha パーマカルチャー
イサカ・エコビレッジ(ニューヨーク州1997〜)、ダンシングラビット(ミズーリ州1997〜)110ha
OURエコビレッジ(カナダ・バンクーバー島)、アースソング(ニュージーランド2005〜)
スパンホルム(デンマーク1979〜)470ha150人・・・デンマークにはエコビレッジ多数
ECOロニー(フランス1989〜)シーベン・リーデン(ドイツ1997〜)44ha100
クルー・エコキラ(フィンランド)、ピンティグ・カビアオ・エコビレッジ(フィリピン)、
ラス・カニャーダス、エコバリオス、ウエ・ウエ・コヨートル(メキシコ)
エル・ポンチョ(ボリビア)、リゼルバ・ササルディ(コロンビア)、
アソシオン・ガイア(アルゼンチン1992〜)、アブラ144、IPEC(ブラジル)
木の花ファミリー(静岡県富士宮市1994〜)、やさか共同農場(島根県 弥栄之郷共同体1972〜)
共働学舎(北海道新得1978〜、北海道寧楽1982〜、信州南沢1974〜)
NPO北海道エコビレッジ推進プロジェクト(2009〜長沼、2012〜余市)
 
6.農民芸術
   真の豊かさの追求、人間らしい生き方の実現
     音楽、演劇、歌劇・ミュージカル、舞踊、古典芸能、文学(小説、詩歌、俳句・・・)、
絵画・版画、映画、アニメーション、写真、彫刻・彫塑、陶芸、工芸、書道・カリグラフィー、
華道・フラワーアート、茶道、建築、庭園、料理、ファッション、スポーツ、マスゲーム、
香道・アロマアート、ライティングアート(光芸術)、影絵、紙芝居、人形劇、サーカス、
大道芸=パーフォマンス(パントマイム、アクロバット、ジャグリング、マジック・・・) 

ジャン=ジャック・ルソー 『学問芸術論』1750  自然に還れ
ジョン・ラスキン 『近代画家論』1843 〜自然(神の創造物)をありのままに再現すべき
ウィリアム・モリス 『ユートピア便り』1890 アート・アンド・クラフツ運動、
柳宗悦 民芸運動1925用の美
宮沢賢治 『農民芸術概論綱要』1926羅須地人協会192627国柱会(田中智学)
レフ・トルストイ 『芸術とは何か』1898→白樺派
  →武者小路実篤 新しき村(宮崎県日向1918〜、埼玉県入間郡1939〜)『新しき村の精神』
    徳冨蘆花『みみずのたはこと』1913 美的百姓
有島武郎 有島共生農場 1922〜、北大黒百合会、『生まれいずる悩み』(木田金次郎)
神田日勝(北海道十勝)・・・農民画家 『馬(絶筆)』1970
ミレー(バルビゾン派)・・・農村風景 『種まく人』1850、『落穂拾い』1857
ユバ農場(ブラジル、弓場勇 1935設立「耕し、祈り、芸術する」共同体)
ユバ・バレエ団で有名、最近は少年オーケストラも
シェーカー教団  虚飾を排した単純・調和の美(建築、家具で有名)

牧野時夫 有機農園「えこふぁーむ」1992〜、北海道農民管弦楽団 1994
 農民芸術学校 2013設立を目指し準備会発足2011
 

開く コメント(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事