しらさぎの就活・お仕事・学術記録

ブログのメインテーマ、従来「発達障害」→現「学術」に変えました。

ウナギの抑制

節分の製造作業は、無事終了し、
特に遅延等のトラブルなく、完了しました。
来年はもう少し、恵方巻の製造量を、
減らしてくれるらしいです。
でも今年も廃棄量は結構なものだったらしいですね。

ところで、「恵方巻きの製造量抑制」のことを、国(農水省)が
指導した際、「国が具体的に商品名を指定して
減らすように言うのは、ウナギ以来」と報じられていました。

ウナギも、採れる漁獲量が減っていて、
それが深刻ですものね・・・
なので、あまり取らないように、ということですよね。

うなぎ減少と言って思い出すのが、
昔、10年以上前、弊社でも、夏に土用の丑の日前後を中心に、
うなぎが大量に出ていました。
でも、7〜8年前から、うなぎは出さなくなりました。

僕の家でも、夏でもうなぎを食べる量が、
どんどん減っています。

この記事に

開く コメント(12)[NEW]

恵方巻きの抑制

僕の勤める会社でも、毎年、2月2日になると、
翌日の、節分用に、「恵方巻き」を、
すごい数、製造します。
毎年、2月2日は、朝真っ暗な時間に出勤し、
製造作業を始めます。

この恵方巻きですが、刺身等を使用しているため、
日持ちがせず、節分をすぎると、
すごく大量に、廃棄されるらしいです。

先日、農林水産省は、コンビニ、スーパー等の販売店に、
「需要に見合う販売をしてほしい」と要請した。
購入されるような量だけ、発注、ということらしい。
これによって、膨大な廃棄を、抑制していこうというものでしょう。

これで製造量が多少減り、私たちの負担軽減になると良いですが。

この記事に

開く コメント(14)

正月

一応きのうまでで連勤が終わり、
今日が年明け以降最初のお休み。
取り敢えずはコメント欄を閉じておきますが、
12月初めごろに言われていたような、
懸念されていたほどの仕事量は無かったようなので、
きのう(元日)も早く帰れましたし、
全般にさほどきつくなく、良かったです。

この記事に

コメント欄は、閉じておきますが、
今のところ、今回は、極端に朝早く、
出勤しなくてもよいみたいなので、
取り敢えず、安心しております。
当初の、予定以上に、
派遣社員さんたちを、多く雇うことができたのが、
極端には忙しくない理由だと思います。
でも、明日以降しばらく休みがないですね・・・
正社員の皆さんは何日もお休みなし、みたいです。

この記事に

食材の廃棄

朝の通勤時のラジオでは、環境に関するコーナーも聴いています。
今週は主に、エコドライブについての話です。
僕は比較的緩めにアクセルを踏むので、
まあまあ、エコドライブとなっているようです。

でも、食に関する話も、時々出てきます。
食材廃棄の問題が話となっています。

この日本では、食材の廃棄の量が、
世界的に見ても、日本の食材廃棄量は、
ワーストクラスらしいんですよね。
これは、何とかする必要性が高いですね。

ラジオでも、必要のない分までの食材は
買わないことや、お店でも、賞味期限の
早いほうから買っていくこと、
買った食材もある程度計画的に
使用していくこと等を求められていました。

弊社でも、どうしてもそれなりに、
食材廃棄はあります。
以前と比べると、「余分に作る」ことに対して厳しくなり、
製造の指示の量を超えては作らないよう、言われます。
そのため、余らせたらかなり叱られます。
しかしそれでも、一定量の、廃棄は、
避けられないんですよね・・・
「足りなくなるよりは良い」(詰める作業の時点で
不足することになったらかなり厄介なので)との考えのもと、
指示量よりかなり多く作ることが当たり前となっていた頃
と比べても、特に廃棄量が減っているとは思えないんです。

お店でも、とてもたくさん購入される方も多いですよね。
いつも行くスーパーでも、かごいっぱいに購入する人も多いです。
中には、2つ以上のかごがいっぱい、という方も。

僕はかごいっぱいには買わず、
必要最小限にしか買いません。
でも、家族は僕以外(特に父)は、かなりかごいっぱいに買っています。
一杯に買って、頑張って食べるような状態になってしまっています。
特に弟が、すごくたくさん食べます。
そのため、一応廃棄は少な目だとは思います。
でも、「期限+数日」以内に頑張って食べるようにする、というのも
ちょっとどうかと思ってしまいます。
やはり、食べることに努力を要するほどには、
買わないのがいいですよね。

秋は、製造量がすごく多いです。
なので、「飽きる」ほど作ってます。
従って同僚さんとこういった話もしてました。
「これを買ってくれた人が、ちゃんと食べてくれるならいいけど、
廃棄でもされたら、やりきれないですよね」と。
廃棄される分の製造量を減らして効率化を
することもできそうなので。

この記事に

開く コメント(24)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事