炭鉱電車が走った頃

何気ない風景に歴史を読む・・・ 今一度風景を眺め直してみるのだ(@_@)

トップページ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

炭鉱電車が走った頃

イメージ 1

▲今月(6月)の一枚 : 黒島天主堂 
撮影日:2013年11月10日 
撮影地:長崎県佐世保市黒島
  


5月4日〜
文化庁は、日本が世界文化遺産に推薦していた「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」について、登録の可否を事前審査する国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)が「登録が適当」とユネスコに勧告したと発表

今月のTOPは、この「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の一つである「黒島の集落」にある天主堂
フランス人マルマン神父の設計・指導、そして黒島カトリック信徒の献金・労働奉仕で、1879(明治35)年に完成
レンガ造り(一部木造)の天主堂で、フランス製の鐘やステンドグラスが当時のまま残る貴重な教会である
 


  ようこそ  『炭鉱電車が走った頃』  にお越し下さいました (*^_^*)   

当ブログは、かつて大牟田・荒尾の街を走っていた“炭鉱電車”をメインにしています。現在もその一部は「三井化学専用鉄道」として運行されており、凸型の古風な電気機関車が今だ現役で活躍しています。“炭鉱電車”以外にも、懐かしい国鉄時代の画像や大牟田・荒尾の近代化遺産を紹介していますので、興味がおありの方はどうぞご覧下さいませm(_ _)m                管理人より
 


◆◆◆大牟田・荒尾トピックス◆◆◆

【1】炭鉱の記憶と関西−三池炭鉱閉山20年展− のご案内(終了しました)
期日&場所:5/5(金)〜9(火) エル・おおさかギャラリー、6/6(火)〜30(金) 関西大学博物館 
今年の3月で、三池炭鉱閉山20年を迎えましたが、大阪にて上記の展覧会が開催されます。管理人も縁あって、展覧会の図録にエッセイを寄稿させていただきました。大阪での展覧会になりますが、ぜひ多くの方々に見ていただきたい内容になっています。

▼詳しくは、以下の記事をご覧下さい
https://blogs.yahoo.co.jp/ed731003/43252224.html


【2】『筑後の近代化遺産』 弦書房 が好評発売中
弦書房より、『筑後の近代化遺産』が発売されています。62項目にわたる近代化遺産が取り上げられていますが、その内三池炭鉱関連は18項目あります。もちろん、われらが炭鉱電車に関しても5ページほどが費やされています。福岡、北九州、筑豊、肥薩線と続いてきたシリーズの5冊目。ぜひ手に取りたい一冊です。

▼詳しくは、以下の記事を参照してください
http://blogs.yahoo.co.jp/ed731003/39127264.html
▼弦書房へのリンクはこちら
http://genshobo.com/?p=4449


【3】炭鉱電車◆缶バッジ好評販売中
大牟田市保管の炭鉱電車(20t5号機)をモデルにした、“炭鉱電車缶バッジ”が販売されています。大牟田商工会議所の発案によるもので、4種類がJR大牟田駅前の観光プラザにて好評販売中。

▼詳しくは、書庫《三池鉄道時報》のこちらのページを参照して下さい↓↓↓
http://blogs.yahoo.co.jp/ed731003/37340599.html


◆◆◆当ブログからのお知らせ◆◆◆

【1】 8/22(月) 無事に“炭鉱電車”の移設が終了しました!
無事に“炭鉱電車”の移設が完了し、三川坑跡地に4両が並んで鎮座いたしました!(^^)!今後は、車体を覆う屋根などの設置工事が行われます。大牟田市としては、10月にお披露目会を実施するとのことですので、詳細が決まり次第またお知らせいたします。

▼詳しくは、書庫《三池鉄道時報》のこちらのページを参照して下さい
http://blogs.yahoo.co.jp/ed731003/42940432.html


【2】『逝きし時の面影』にて写真や資料を募集中(^O^)
書庫『逝きし世の面影』では、当ブログの読者の皆様からお寄せいただいた、貴重な写真や資料などの公開を目指しております。大牟田・荒尾に関するものを中心にとは思いますが、広く炭鉱や鉄道関係などもOKです。
皆様のお手元に眠っている『逝きし時の面影』がありましたら、ぜひ当ブログ宛にお送り下さい。

皆様の投稿をお待ち申し上げます。(お問い合わせは、下記アドレスをご利用下さい)


【3】『炭鉱電車リンク集』 どうぞご利用下さい !(^^)!
この書庫では、私がいつもお世話になっている5つの相互リンクをはじめとして、炭鉱電車と大牟田・荒尾の街、近代化遺産に古い絵葉書などなど・・・炭鉱電車を幅広く知るためのHPやブログを紹介していきます。
単なる紹介にとどまらず、各HPやブログの解説読み物集として楽しんでいただけたら幸いです。
もっと詳しく炭鉱電車や大牟田・荒尾のことを知りたいと思ったら〜チェックしてみて下さい。



■メールにてのお問い合わせは、 下記アドレスをご利用下さいm(_ _)m
  ed731002@yahoo.co.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright(C) 2007 ed731003  All rights reserved   記載されている全ての記事、写真の無断転載を禁じます。

この記事に

開く コメント(17)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

三井三池の専用鉄道を眺めるのは、私の一番の楽しみです。閉山後10年たった今でも、まだ大牟田に行けばいつものように石炭を淡々と運んでいるのではないか・・・と思えます。気が向いたら写真や思い出など随時アップしていきますので、興味のある方はどうぞご覧くださいませ。今回の写真は、西日を浴びて原万田〜大平間を行く通勤列車です。1975年11月24日、秋の装いが深まる荒尾・大牟田の街です。  

この記事に

開く コメント(73)

開く トラックバック(2)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事