炭鉱電車が走った頃

何気ない風景に歴史を読む・・・ 今一度風景を眺め直してみるのだ(@_@)

トップページ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

炭鉱電車が走った頃

イメージ 1

▲今月(3月)の一枚 : 夕暮れ時のキハ 
撮影日:2019年1月20日 
撮影地:香椎線 酒殿駅
  


昨年から撮影に通っている香椎線
この日は酒殿駅での撮影

背景の山並みを入れたり
築堤上のキハを仰ぎ見たり
列車の交換風景をねらったり

様々に楽しんだ最後は〜
冬の夕暮れ時のキハ

好天に恵まれた午後の陽も沈み
築堤上にキハのシルエットが浮かぶ頃

今日もいつもの気動車がやってきた・・・
 


  ようこそ  『炭鉱電車が走った頃』  にお越し下さいました (*^_^*)   

当ブログは、かつて大牟田・荒尾の街を走っていた“炭鉱電車”をメインにしています。現在もその一部は「三井化学専用鉄道」として運行されており、凸型の古風な電気機関車が今だ現役で活躍しています。“炭鉱電車”以外にも、懐かしい国鉄時代の画像や大牟田・荒尾の近代化遺産を紹介していますので、興味がおありの方はどうぞご覧下さいませm(_ _)m                管理人より
 


◆◆◆大牟田・荒尾トピックス◆◆◆

【1】 ◆解体しないで◆ 大牟田市庁舎本館を保存・再生・活用しよう
大牟田市は2/5日、国登録有形文化財の市庁舎本館を解体し新庁舎を建設する方針を発表しました。1936年完成の本館は老朽化で耐震性が低く「維持や改修に多額の費用が見込まれる」と判断。文化庁によると、登録有形文化財になったコンクリート造りの官公庁舎解体は異例とのこと。地元市民団体は「大牟田空襲で焼け残った本館は市民の歴史とともに歩み、景観的にも市のシンボル」と改修した上で保存するよう求めています。(西日本新聞記事をもとに記述)

▼詳しくは、以下の記事をご覧下さい
https://blogs.yahoo.co.jp/ed731003/43874752.html
https://blogs.yahoo.co.jp/ed731003/43880186.html


【2】『筑後の近代化遺産』 弦書房 が好評発売中
弦書房より、『筑後の近代化遺産』が発売されています。62項目にわたる近代化遺産が取り上げられていますが、その内三池炭鉱関連は18項目あります。もちろん、われらが炭鉱電車に関しても5ページほどが費やされています。福岡、北九州、筑豊、肥薩線と続いてきたシリーズの5冊目。ぜひ手に取りたい一冊です。

▼詳しくは、以下の記事を参照してください
http://blogs.yahoo.co.jp/ed731003/39127264.html
▼弦書房へのリンクはこちら
http://genshobo.com/?p=4449


【3】炭鉱電車◆缶バッジ好評販売中
大牟田市保管の炭鉱電車(20t5号機)をモデルにした、“炭鉱電車缶バッジ”が販売されています。大牟田商工会議所の発案によるもので、4種類がJR大牟田駅前の観光プラザにて好評販売中。

▼詳しくは、書庫《三池鉄道時報》のこちらのページを参照して下さい↓↓↓
http://blogs.yahoo.co.jp/ed731003/37340599.html


◆◆◆当ブログからのお知らせ◆◆◆

【1】 8/22(月) 無事に“炭鉱電車”の移設が終了しました!
無事に“炭鉱電車”の移設が完了し、三川坑跡地に4両が並んで鎮座いたしました!(^^)!今後は、車体を覆う屋根などの設置工事が行われます。大牟田市としては、10月にお披露目会を実施するとのことですので、詳細が決まり次第またお知らせいたします。

▼詳しくは、書庫《三池鉄道時報》のこちらのページを参照して下さい
http://blogs.yahoo.co.jp/ed731003/42940432.html


【2】『逝きし時の面影』にて写真や資料を募集中(^O^)
書庫『逝きし世の面影』では、当ブログの読者の皆様からお寄せいただいた、貴重な写真や資料などの公開を目指しております。大牟田・荒尾に関するものを中心にとは思いますが、広く炭鉱や鉄道関係などもOKです。
皆様のお手元に眠っている『逝きし時の面影』がありましたら、ぜひ当ブログ宛にお送り下さい。

皆様の投稿をお待ち申し上げます。(お問い合わせは、下記アドレスをご利用下さい)


【3】『炭鉱電車リンク集』 どうぞご利用下さい !(^^)!
この書庫では、私がいつもお世話になっている5つの相互リンクをはじめとして、炭鉱電車と大牟田・荒尾の街、近代化遺産に古い絵葉書などなど・・・炭鉱電車を幅広く知るためのHPやブログを紹介していきます。
単なる紹介にとどまらず、各HPやブログの解説読み物集として楽しんでいただけたら幸いです。
もっと詳しく炭鉱電車や大牟田・荒尾のことを知りたいと思ったら〜チェックしてみて下さい。



■メールにてのお問い合わせは、 下記アドレスをご利用下さいm(_ _)m
  ed731002@yahoo.co.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright(C) 2007 ed731003  All rights reserved   記載されている全ての記事、写真の無断転載を禁じます。

この記事に

開く コメント(17)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

三井三池の専用鉄道を眺めるのは、私の一番の楽しみです。閉山後10年たった今でも、まだ大牟田に行けばいつものように石炭を淡々と運んでいるのではないか・・・と思えます。気が向いたら写真や思い出など随時アップしていきますので、興味のある方はどうぞご覧くださいませ。今回の写真は、西日を浴びて原万田〜大平間を行く通勤列車です。1975年11月24日、秋の装いが深まる荒尾・大牟田の街です。  

この記事に

開く コメント(73)

開く トラックバック(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事