防犯

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全39ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

富山県内で相次ぐ政務活動費の不正問題で、新たに高岡市議会(定数30)の「市政高岡」会派代表、四十九(しじゅうく)清治市議(61)=無所属=と、同幹事長の中山欣一市議(47)=民進=が4日、市庁舎で記者会見し不正請求を認めた。中山市議は辞意を表明し、四十九市議は過去5年分を調査して進退を明らかにするとした。一連の不正問題で高岡市議の辞意表明は初めて。

 中山市議は民進党県連の副政調会長を務めており、同県連の議員辞職は前代表の坂野裕一氏(52)ら県議2人と富山市議1人に次いで4人目となる。

 四十九、中山両市議によると、2015年7〜11月に行った3回の視察に関し、中山市議が自宅パソコンで市内の旅行会社の請求書や領収書を偽造。政活費計約33万円を不正受領した。このうち民進関係者5人が参加した大分、熊本両県の視察では、四十九市議が参加していないのに旅費として14万3400円分を水増し請求していた。2人は約33万円全額を返還する。

 同議会では視察の際は15年度から領収書を添付する決まりだったが、四十九市議は「添付する意識がなく、実際に行った東京出張費に充てようと、中山市議に『(政活費を)出しといてくれ』と指示した」と説明。中山市議は「大先輩で断れなかった」という。また、他の不正については「東京視察した2回とも切符を紛失してしまい、安易に(偽造領収書を)利用した」などと話した。

 2人は3日の記者会見で水増し請求を否定したが、その後の毎日新聞の取材に四十九市議が一転して認めていた。


毎日新聞 2016年10月4日

【AFP=時事】米国の携帯電話技術に関する企業機密を中国政府のために盗んだとして、米検察当局が3人の大学教授を含む中国人6人を起訴していたことが、19日に公開された起訴状から明らかになった。

4月1日付の起訴状に記載された32件の訴因によると、被告らは長年にわたり、中国国営の大学や企業のために米国の企業秘密を入手しようとしていた。

 米当局によると、6人のうち、天津大学(Tianjin University)の張浩(Hao Zhang)教授は、15日に米国へ入国しようとしたところで身柄を拘束された。米司法省高官によると、起訴状で名前が挙がっている他の5人は中国国内にいるとみられる。今回の起訴は、1996年に制定された米経済スパイ法(Economic Espionage Act)に基づき行われたものとしては11件目だという。

 6人は有罪となった場合、長期刑が見込まれる。罪状には経済スパイ、企業秘密窃盗、さまざまな共謀などが含まれ、それぞれの罪に禁錮10〜15年と罰金が科される可能性がある。

 窃盗被害に遭ったのは、携帯電話などの端末の性能を向上させる「FBAR(圧電薄膜共振器)技術」の情報とされる。【翻訳編集】 AFPBB News


AFP=時事 2015年5月20日

富山県氷見市で2002年に起きた婦女暴行・同未遂の冤罪(えんざい)事件で再審無罪となった柳原浩さん(47)が、国や同県などに約1億400万円の支払いを求めた国家賠償請求訴訟で、富山地裁(阿多(あた)麻子裁判長)は9日、富山県警の捜査の違法性を認め、同県に1966万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

国については「理由がない」として請求を退けた。柳原さんを取り調べた当時の県警捜査員と、富山地検高岡支部の検察官の2人に対する請求は棄却した。

判決では、柳原さんが県警の調べに対し、容疑を認める供述をしたことについて、取調官が同じ質問を繰り返すことで回答を誘導したとし、「虚偽の自白を作出した」と指摘した。さらに、現場の足跡と柳原さんの足の大きさが違っていた事実などについて、「無視、又は過小評価したと言わざるを得ない」と捜査姿勢を批判。「警察官に認められた裁量を逸脱、濫用(らんよう)した」と柳原さんの主張を認めた。

判決後、記者会見した柳原さんは「国や捜査員個人の責任が問われず残念だが、県の違法性が認められた点では成果があった」と話した。原告代理人の奥村回(かい)弁護士は「取り調べでの誘導に暴行や脅迫と同じレベルの違法性を指摘しており、評価できる」と述べた一方で、「検察官に対しては甘い判決だ」と批判した。

原告の柳原さんは、02年4月に県警に逮捕され、同11月に富山地裁高岡支部で有罪が確定した。服役を終えた後の07年1月、真犯人が逮捕され、県警は柳原さんの誤認逮捕を発表。柳原さんは同年10月に同支部で再審無罪が確定した。

柳原さんは、再審公判で冤罪が起きた原因が解明されなかったため、09年5月、国賠訴訟を起こした。

読売新聞 2015年3月9日

大分県で2002年、建設会社会長が殺害された事件で、強盗殺人容疑で国際手配されたいずれも中国人元留学生の朴哲(33)、張越(35)両容疑者の身柄が逃亡先の中国で拘束されたことが、捜査関係者への取材で11日までに分かった。日中間には「犯罪人引き渡し条約」がないため、警察当局は中国側に代理処罰を求めるとみられる。
朴容疑者は01年、大阪府で飲食店員女性=当時(35)=を殺害した強盗殺人容疑でも手配されている。
捜査関係者によると、朴、張両容疑者は別の事件で中国当局に身柄を拘束された。今年春、中国当局の関係者が大分県を訪れたという。 

時事通信 2013年11月11日

3日午前10時30分ごろ、大邱市達西区の城西警察署から、窃盗容疑で取り調べを受けていた17歳の少年が手錠をしたまま逃走した。

少年はこの日、窃盗の疑いで取り調べを受けた後、警察署1階の留置場に移動していた際に一瞬の隙をついて監視の刑事1人を突き飛ばし、玄関から外に出て高さ2.5メートルの塀を乗り越えて逃走。少年は体の前で手錠をした状態だった。警察は現在、逃走した少年の行方を追っているが、警察署周辺は住宅や商店などが密集しており、捜査は難航している。少年は友人2人と共に、盗んだ乗用車で達西区にある医療機器関連企業の事務所に侵入し、金庫にあった現金30万ウォン(約2万8000円)を盗んだ疑いで先月31日に逮捕され、取り調べを受けていた。

朝鮮日報日本語版 2013年11月4日

全39ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事