Edgeのらーめん徒然草

9月は首都圏9軒、新規6軒でした。遠征で2杯食べています。

全体表示

[ リスト ]

年の瀬に、あえて偏見に満ちた暴論を述べてみたい。
私は外国人店員を使っている飲食店を好きになれない。もちろん全てが悪いというわけではなく、そういう店ではハズレを味わう確率が高いということ。
私は接客や雰囲気も味のうちだと思っているので、必然的に接客の悪い店の評価が下がる。

基本的には文化の違いがあると思っている。日本では丁寧な接客が当たり前だと思われているが、外国ではむしろマレであることを知らなくてはならない。
アメリカのファーストフード店の接客なんて酷いものだ。「安いバイト代で働いているのだからゴチャゴチャ言わないで」という態度がモロに出ている。逆にチップ制のレストランに行くと、それはそれは丁寧な接客をしてくれる。現金なものだと呆れてしまうが、そういう文化なのだから仕方がない。
私は行ったことが無いが、中国ではそもそも接客にサービス的な概念が無いらしいという話を聞いたことがある。自分のことは自分でしなさいということだ。勿論格式の高い店に行けばそれなりのサービスが受けられるだろうが、一般の店ではメニューに無いことはやらない。
「スマイル0円」なんて日本特有の稀有な考え方なのだ。そんな外国人が日本のようなサービスを理解しろというのが無理な話だろう。

問題は、それを雇用している店側にある。ただ人件費が安いからというだけで雇っている店では、顧客サービスもその程度にしか考えていない。その考え方そのものが問題なのだ。
外国人は物価の高い日本で生活するためにそういう店で就業しようとする。日本文化を理解しないわけではないだろうが、そんな無理をして慣れないことまでしようとは思わない。生活費が稼げればいいだけだ。
店側に顧客サービスの意識があれば、そういった外国人に接客を指導すればいい。彼らだって出来ないわけではなく、やらないだけなのだから。多くの店では人件費にしか興味がないために安い外国人を雇っている。残念ながら、そういう店では従業員教育がおろそかになる。
顧客サービスに関心のある店では、外国人店員にも日本人並みの接客を要求する。顧客サービスに関心の無い店では、従業員教育をしないから日本人店員でも接客が悪い。ただ日本人は教育されなくても、自然に接客を意識しているケースが多いだけだ。
そんなわけで、外国人店員の有無が店の良し悪しを判断する材料に成り得るということなのだ。もちろん、全てがそれで判断できるわけではないことは再三述べているとおり。

今は無き中野南口の某有名店では中国人店員が沢山居た。店主が留学生援助の目的で必要以上の人数を雇用していた。
彼らの接客は満足できるレベルではなかったが、皆店主を慕っているのが伝わってきて不満には感じなかった。店主も良く指導していた。

その店と双璧と言われた北口の某有名店に3年程前に行ったときのこと。
外国人店員が下げたばかりのグラスと提供する予定のグラスをマジックを演じているかのように取り違えて、私に供されたグラスはどちらなのか分からない状態だった。もちろん接客なんて酷いものだ。
そんな光景をチーフスタッフは笑ってみているだけで、指導も無ければ謝罪も無い。当然私はグラスには手を付けなかったし、ラーメンが旨いはずがない。
その店はもう何年も前から、取材の時以外に店主が厨房に立っている姿を見たことがない。行列しているのが不思議でならない。

とある牛丼屋で黒人女性がホールスタッフとして働いていた。昼時で混雑している時間帯でも、たどたどしい日本語で一所懸命に接客していた。
厨房の方からチーフらしき若者が彼女の動作が要領を得ないと怒っていた。しかし、状況判断が出来ていないのは彼の方だ。ホールが混雑しているのに、厨房では3人の日本人がダラダラと仕事している。
こういう時は、厨房のスタッフをホールに一人ヘルプに回すべきなのだ。それを彼のストレスの捌け口のように彼女を扱っている。
彼女は懸命に日本文化に馴染もうとしているのに。私は奥のチーフらしき若者に怒りすら覚えた。そして彼女に心から「頑張れ」と祈った。

外国人店員がダメだなんて言う気は毛頭無い。
外国人店員の指導の仕方でその店の考え方が覗われる。外国人店員の場合、それが分かりやすく出てしまうということだ。
残念ながら、残念な店の多くが無神経に外国人店員を雇用している。そういう光景に出会うことが多いということ。
だから私は外国人店員に出会うと警戒してしまうようになった。よく言われることだが、一部の人たちのために外国人全てが悪いように言われるのは不本意だろう。真面目に働いている外国人や日本文化を吸収しようとしている彼らには失礼な話だ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事