ここから本文です
江戸川乱釣の独り言
釣りをメインに密かにボソボソと呟くブログ…。

天下三分の計

このところの民進党と小池新党がらみの動きは面白いですな(笑)。彼らの行動は道義的な問題が多いですが、所詮は権力闘争だと冷めた目で見れば、酒の肴ぐらいにはなりそうです。

さて、小池さんが意図しているのかどうかは知りませんが、小池新党の勢力拡大の方向は「天下三分の計」になっているように見えます。すでに首都は押さえました。今は、国政へ打って出るフェーズになっています。本来、もう少し時間をかけてやるつもりが、衆院解散によって早められてしまいました。準備不足は明らかで、東京周辺だけの地域政党になりそうでしたが、そこに民進党が飛び込んできてくれました。今は、民進党右派を抱き込みつつ、粛々と民進党左派潰しに手を付けたところです(笑)。立憲民主党とついでに社民党と共産党を一掃して、是非とも全国政党になっていただきたい。

小池さんがもうすぐ出馬表明するという観測が出ています。与党からも出馬をけしかけるような発言が出ています。しかし、このような挑発に乗ってはいけません(笑)。大将自ら敵陣に切り込んで討ち死にしてはいかんのです。ここで出馬して、一定程度以上の数を取れなかったら、それは彼女の政治上の死を意味します。日本初の女性総理大臣の目は、(年齢的に言っても)ほぼ無くなるでしょう。

小池さんには総理大臣になる野望があるのかもしれません。ただ、「急いては事を仕損じる」と思います。憲法改正のための大連立を組めるぐらいの勢力にしておいて、連立の功績で、安倍さんの後に日本初の女性総理大臣に祭り上げられるぐらいの感じでいいんじゃないでしょうか。都知事を任期まで勤め、安倍総理と小池都知事で東京オリンピックを開催、次の総選挙で出馬、その時は、オリンピック開催の実績を引っ提げ、「都政の改革には国政の改革が必要」だとかなんとか理屈をくっ付けて出ればいいのです(笑)。後、政権交代まで考えているのなら、公明党とは仲良くしておいたほうがいいです。とにかく、出馬の時機は今ではないです。

サプライズで出馬して、自民党と公明党を完全に敵に回すという戦術は、

・出馬そのものがすでにサプライズでない
・小池新党への国民の期待値がさほど高くない
・選挙戦後に保守陣営の中にしこりを残し、国政が混乱し、国益を損なう
・都議会まで混乱する

などの観点からあまり現実的ではないと思います。

私としては何としても保守二大政党制を実現してほしいので、こんなところで、中途半端にこけられては困ります。そうしてもらわないと、

・前任者の批判しかしていない
・批判そのものが実は的外れ
・築地問題、都道問題など自身が新たに問題を生じさせた

など、お粗末な都政の実態を不問に

でき〜ん‼

この記事に

保守二大政党制

たまには政治の話でも(笑)。

さて、もともと小選挙区制とか二大政党制は日本人には馴染まないと考えております。それでも現行の制度で許容できるものがあるとすれば、

保守による二大政党制

かな?と考えていました。ハッキリ言って、左翼政党はもういらないです。「左翼的」なるものは、思想や政策などの形で入り込んでいるし、保守政党の中でも左寄りな人がいるわけで、殊更、政党化する必要は無いと考えています。政党化するとどうしても左のほうに先鋭化しがちで、大多数の日本人の体質に合いません。基本的に極端な変化(革命、革新、改革)を好まない民族だと思っています。

今回、図らずも(笑)、小池新党の登場で一気に保守二大政党制が現実味を帯びてきました。

安倍総理が小池さんを決定的には敵にしないのは、保守二大政党制が頭にあるからではないでしょうか。お互いにつぶしあうのではなく共存する方向で考えているのでしょう。彼の悲願である憲法改正をするためにも、国会議員のメンバーの3分の2以上は保守派でないといけないのです。

保守二大政党制になれば、安全保障や教育など国家の基本になる部分での継続性を担保することができます。恐らく、この二大政党で違いを出すとしたら、経済政策の違いになるのではないかと思います。自由主義か保護主義か小さい政府か大きい政府か消費税増税か廃止かといったことに議論が集約されて日本の政治の質が少しはましになるかなというのは希望的観測に過ぎるか(笑)。

喫緊の課題である北朝鮮問題、そしてその先には中国という大問題があります。極東に(半ば意図的に?)残された冷戦構造を解決するには、日本の今の政治体制ではどうにもなりません。その意味でも今回の選挙は、歴史的な分かれ目の重要な選挙になる、否、そうするべきです。小池新党には、第二民主党にはなって欲しくないです。その為には、理念の合わない人(民進党左派)は入れてはいけない。そうでないと自民党への良い意味でのカウンターパートにはなれないです。せめてそうしてくれんと、東京都知事と都民を踏み台にして国政に戻る(笑)というプランには賛成できないぞっ!何千億という血税を無駄にしたのはこの為だったのかぁ、納得。ってなるわきゃないか普通…。ま、とにかく、今回の選挙を名付けるとしたら、

サヨナラサヨク総選挙

かな。隣の三国もサヨクっちゃーサヨクだし(笑)。

あ、そうそう、ここまで書いてきて言うのものなんですが、私は保守派です(笑)。でなきゃ、江戸川乱釣なんて漢字五文字の重たいハンドルネームなんてつけませんよ(笑)、なんつって。ほんとうは、「丁度いい感じの保守」が理想です。保守と言うと、スグ、「先の大戦が〜」(応仁の乱とちゃうよ)とか「日本の国体は、〜であるうっ!」(国民体育大会とちゃうよ)とか「天皇陛下万歳!!」とか言いそうと思われがちですが、ちょっとソッチ方向とは違うんだな…。

「丁度いい感じの保守」の内実については、また気が向いたら書いてみよう。


おしまい。

この記事に

メアリと魔女の花

スタジオジブリのスタッフのかなりの部分を引き継いだスタジオポノックの第一回作品を見てきた。ジブリの正統な後継者の作品だから

・ジブリに似ている

とか

・見たような風景や設定

などといったツマラナイ批判は最初からするつもりはなかった。

それにしても…

つまらな過ぎる!

特に強く感じたのは、

・背景が死んでいる
・浮揚感がまるでない
・話としてつまらない

森の中の風景が描かれているのだけど、生命感に乏しい。背景がただの静止画になっている。前面のキャラだけが動いていて、なんか物凄く違和感を感じる。背景の絵そのものは、当然、静止画であっていいのだが、そこに魂を込めて欲しい。被造物に生命を与えるアニメーションの本質から少しズレている感じがする。

箒に乗って空を飛んでいるんだけど、浮揚感に乏しい。高いところを飛んでいる感じがしない。ワクワクもドキドキもない。なんだこれ!

「魔女の宅急便」も「千と千尋の神隠し」も「ハウルの動く城」も主人公(もしくはそれに近い人物)の女の子は話の最初から最後にかけて見事に成長(変化)したのだけど、この作品では、ほとんど感じることができなかった。主人公の心の成長こそが、本当の「魔法」だと思うのだけれど…。

「ジブリの魔法が解けた」

といった発言が監督やその周辺から聞こえてくる。残念ながら、私が感じたのは、ジブリの魔法は「解けた」のではなく、「失われた」のではないかということだ。風の魔法も、色の魔法も、動きの魔法も、心の魔法も…。

どうやら魔法は使い手を選ぶらしい…。

この記事に

海老江でデキ鯊釣り

6月23日(金)15:00〜20:00
天候:晴れ
潮汐:大潮
   満潮 5:28
     18:50
   干潮12:19
水温:26度


釣りに行く前に、山口釣具店さんに電話をかけて、今日は店を開けているかを聞いてみると、大丈夫とのことなので、立ち寄りました。おばさんは、お元気そうで何よりです。青イソメ300円分と手長蝦仕掛けを購入。最近、手長蝦釣りをする人が増えたのか、以前より、仕掛けや針が店の前面に出てきている感じがします。「蝦は大きくなって来ている」とのお話。ガラスケースに昨年の11月末ごろの鯊の釣果写真がありました。写真にスケールがないのでよく分かりませんが、20cmは軽くオーバーしていると思われるのが20匹ぐらい写っています。伝法大橋、左岸と書いてあるので、多分、例年、橋の上流側テトラで11月末ぐらいまでやってる連中の釣果だと思われます。

おばさんとしばらくお話して、釣り場に行きます。

歩いて5分、橋のそばでやります。まだ、潮位が低く、コンクリート部分を降りて、橋脚近くまで降ります。仕掛けは竿にセットされているので1分で準備完了(笑)。餌を付けようとすると、妙に細い。「あれ、ジャリメやん」(笑)。

道糸0.6号+00号ナツメシモリ4個+0.3号中通し丸錘+ハリス止め16号+鮎チカ1号

針だけ替えると、手長蝦にも使える仕掛け(笑)。アタリはポツポツ出ますが、魚影うっす〜。10匹ほど釣ったころ、足元まで水位が上がってきたので、橋の下を通って下流側へ移動します。ここでやらかしましたね。ここの橋の下は1mちょっとしかなく、しかも向こう側へ出る手前で、さらに狭くなってなっています。

ご〜〜ん

ひさしの大きい帽子のせいで、上が良く見えんかった。橋の下の鉄骨に頭を強打して後ろ向きに転びました。橋の下をゴソゴソでると、カップルが釣りしています。そこで釣るのは遠慮して、コソコソとさらに下流のワンドに行きました。

ここも魚影はさほど濃くないですね。仕掛けを色々な場所に投入しながらポチポチと釣っていきます。時々、強い引きが混じります。ようやく釣れたのは16cmのヒネ鯊でした。それ以外は8cm以下ですねぃ。17時ぐらいで水位のせいでここも釣りにくくなったので、少し上流に移動。葦のそばで釣れましたが、小場所なのですぐ移動。最初の場所に戻ってきました。

ここは橋のそばなので照明があって完全に暗くはなりません。水位は最初より1m近くは上がっているでしょうか。ここは、ちょっとだけマシだったかな。ただ、関東にいたころの鯊釣り場と比べると魚影が薄いですね。結局全部で77匹しか釣れませんでした。

周りにいる釣り人に釣りものを聞いて回りました。夕方からは、ウナギ釣りやキビレのルアー釣りの人でしたねぇ。

次は手長蝦にするかぁ。

この記事に

歯車が合わん…

神3-5巨

せっかく野手が打つようになったと思ったら、先発投手がピリッとせんなぁ…。

梅野はリードもバッティングもイマイチやし。今日の試合、右バッターの内角に投げさせた球がコントロールし切れずに打たれるというのが少なくとも3回はあった、梅野にはこの手の配球ミスが多い。捕手としての感性が鈍いのか。コントロールできれば打ち取れるけれどもミスすると打たれるというような場合、そうしたコースに投げさせるのはなるべく避けるのが捕手だと思うのだけれど。少なくとも2回目以降は防げたはずだ。鈍感は罪とか言ってた元監督がいたっけ(笑)。原口を捕手にして梅野を一塁にするべきやったね。でも梅野を正捕手として育てると決めた以上、1年は我慢せなあかん。今年も育成かぁ。太一ちゃんも使うたってね。

鳥谷は、今日もエラー。ベテランの守備位置変更というのは、あまりいいアイデアとは思いませんな。昨年、打撃スタイルを変えさせようとして失敗したのにまだ懲りんのやね。でも鳥谷を三塁手にすると決めた以上、1か月は我慢せなあかん。今年もエラー続出かぁ。

ドメさん、調正中。始動はゴールデンウィークか〜(笑)。

中谷は、代打で使う選手やないやろ。鳥谷が打撃不振やったら速攻で中谷と変えるはずやったのに(笑)、コツコツ単打を打ちよる。せめて二塁打打てや!5割近く打ってるけど、二塁打以上0やで(笑)。打点2。6番は不適格や。

北條、打撃の底が開幕にきてもうたがな(笑)。兆しは見えてきたので、もう少しの辛抱かな。

現状、4月中は必死こいて5割キープを目標にするべきやね。先発投手の立て直しができれば、長い連勝も期待できる。打順も適宜変更ですな。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事