多_趣_味_の_冒_険 § ス_テ_ル_ス_モ_ー_ド

密かに隠れた日記。 ステルス度:60% 新規ご挨拶はゲストブックにて〜^^

全体表示

[ リスト ]

液体ゴムの活用法

リアルで自分とよく合っている人なら、
自分の携帯やデジカメを見て疑問に思っている人がいると思います。

たぶん 汚い携帯だな〜とかボロボロだ・・・・とか思っている人がいたはず。

(前の職場でも相当変人と思われただろうな・・・・ケラケラw)



なぜそうなっているのか今日はその秘密を紹介しましょう。


実は携帯やデジカメには「液体ゴム」を自ら塗っているんです。

ほら・・・携帯とかデジカメってツルツルしていて少し斜面におくと勢いよく滑りますよね。
んでもってその繰り返しで傷がたくさん付く・・・・。あれがとってもイヤなんです。
落ちどころが悪いと故障したりと・・・・ よくありますね。

それを防ぐために液体ゴムを塗っているんです。


イメージ 6
ユタカメイクが出している液体ゴム。(写真のは70Gタイプ。)
ホームセンターでも売ってますがネットショップの方が遙かに安いです。
一番下にリンク張っておきます。

そしてこれを塗ることでメリットとして
・滑り止め
・落下時のクッションの強化
・ボディー表面の塗装を保護
・塗った部分の表面には傷が付かない
・不要になったらひっぺ返すだけで元の状態に戻れる。

一方デメリットとしては
・塗った所は形が歪になる。
・水にぬれると白くなる(乾くと元に戻る)
・新しいうちは少しベトベトする感じがあるので紙など書類と一緒に持ち歩かない。
・古くなると黄色くなる。

といったところでしょうか。

ではでは自分がいつもやっている使い方を紹介。


イメージ 1
携帯でもデジカメでもとにかく接地する部分に塗りたくる。
薄く塗るとすぐハゲてしまうので厚めに塗る。
一度に厚く塗るとなかなか乾かないので数回に分ける。
塗りにくい箇所などはつまようじで上手に塗る。
乾燥には1〜2日要する。なので携帯をよく使っている人は難しい。





きちんと乾くと、


イメージ 2
このようになります。薄く白くなっているところが塗った個所です。
ゴム足のように凸にしたい場合は最初に普通に塗って乾いた後に
液体ゴムをちょこんと乗せるとうまくゴム足のようになります。





では携帯も・・・・(笑)



イメージ 3
ものすごく見てくれが悪くなりました(爆)
ただし本体の保護と滑り止めは抜群です。
白いところは足の部分でもう3日経ちましたがなかなか乾きにくいですが
辛抱して待ちましょう。






さて・・・・乾いて完成したらその滑り止めの威力を見てみましょう。







・・・・・・。



イメージ 4
どうですか、この滑り止め効果!!
デジカメがすごいところにひっついてますね(笑)
つまり安定の悪い場所に置いても落ちません。




イメージ 5
携帯もごらんのとおり。びくともしません。
これで車のダッシュボードのような斜めになった部分に置いても絶対落ちません。
また携帯のバイブでも震えた時にそのままどこかに独り歩きすることもありません。
見てくれは悪いけどゴムを剥がせばいつでも新品同様です。

ちなみに木工用ボンドやコーキングでも同様のことができますが
木工用ボンドだと時間が経つと滑り止め効果はなくなります。
一方コーキングは滑り止め効果は残りますが不要になったとき剥がしにくいです。
だから妥当な液体ゴムにしたのです。

そもそもこのような案を考えたのは運転中にブログネタを探す時でも
ダッシュボードの上に置いておくとすぐにデジカメ撮影が可能ですよね。
ところがダッシュボードの上に置いていても運転中に転がっていきますよね。
そこで考えただけです。


ほら、撮りたいときが撮りどきですから。撮影逃すももう会えないことは多いのです。


話は戻って・・・・・・・
これでリアルで自分と会っている人は私が持っているあの見てくれの悪い
デジカメや携帯の意味がわかったことでしょう(笑)



興味がある人はチャレンジ?(笑)
ただ液体ゴムは乾く前は水分がほとんどなので塗る場所をよく注意して塗りましょう♪


写真に載せている自分が今回使用しした液体ゴムと同じものを
下に張っておきます。興味のある方はどうぞ。

PENTAX OPTIO S4i

閉じる コメント(4)

顔アイコン

私には難しいですね。あまり必要でもないですし……。ごめんなさい。

2010/12/29(水) 午前 11:42 [ roberiak ] 返信する

顔アイコン

roberiakさん まぁ私のような変わった人しか好まないことだと思いますから・・・・・(笑)

2010/12/30(木) 午前 2:15 edokakka 返信する

顔アイコン

初めまして♪拝見させて戴きました♪こんな風にお写真と共に経過まで教えて下さって、何に使えるか?どんな感じに仕上がるのか?とってもよく解って嬉しいです♪イヤリングの留めの所にゴムを付けたかったのですけれど、金属に付くのかしら?」ととても迷っていたので、早速購入したいと思います♪・・・が、教えて戴いた購入先にボトルタイプンもお品物しかなかったものですから、なんとか探して購入します♪ありがとうございました。

2012/5/21(月) 午後 5:01 [ ubl*999*9 ] 返信する

顔アイコン

ubl*999*9さん コメントどうもです〜。なかなかこんなことやってる人はいないですからね〜〜。自分は変わり者です(爆笑)
基本的に金属でも大丈夫ですよ〜〜。ただし強度に関しては全然ないのでご注意下さい。
あとゴム面を写真のように厚くするには塗っては乾かし塗っては乾かしの繰り返しで厚くします(^^; 逆に薄すぎるとすぐ剥がれますのでご注意を。

商品のリンク先ですが自分が使ってるものと同じ70gのチューブタイプ商品がありましたのでリンクを貼り替えておきました〜^^

2012/5/22(火) 午前 0:45 edokakka 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事