ここから本文です
教育や宗教は基本ボランティア(ホスピタリティ)でしょ。 金儲けでウハウハの宗教や教育産業は消えろ!

書庫全体表示

Our Kids International

>同施設の弁護士によると、負債総額は約5700万円で、保護者らが支払った授業料などが計約740万円ある。(17/3/1 読売新聞)

>インターナショナルスクールには、文科省が認可した日本の学校と同等の扱いの一条校と、都道府県が認可した各種学校、無認可学校の3つがある。
各種学校と無認可学校は卒業しても大学入試の資格が得られないため、ACSIなどの教育機関の認定校となるなどの必要がある。
問題の施設は、日本で初めて日本とインターナショナルスクールの教育課程を同時に履修できるとうたっていたが、実際はどちらの認可も受けていなかった。
中田敦彦は、明らかな嘘をついているのだから詐欺とみていい、ちょうど親が欲しくなる甘い文句だなどとコメント。
弁護士は支払った学費について、戻ってくる可能性は限りなく0円に近い、詐欺罪を立証するには証拠不十分などとしている。(ビビットより)

>川越市内の民間幼児教育施設が今月、倒産を理由に突然、閉鎖した。
施設は「インターナショナルスクールの小学部(校)開設」などをうたい文句に宣伝していたため、保護者は憤りを隠せず、25日に開かれた保護者向けの説明会でも「納得がいかない」などと怒りをあらわにした。
施設は2014年に開設され、約30人が通っていた。
施設の資料や保護者らによると、施設は当初、インターナショナルスクールの開設や、所定の履修をすれば国際的な大学入学資格(ディプロマ)を得られる「ACSIのディプロマを取得できる小学部を17年春に開校予定」などと宣伝していた。
だが実際には県に学校設置認可の申請をしていないなど、実態が伴わない説明がいくつかあった。
施設が閉鎖されたのは今月10日。保護者への予告などはなかったという。
25日には非公開で説明会を実施。参加した保護者によると、施設側は施設の突然の閉鎖を謝罪し、これまでの説明の大半がうそだったことを認めたという。
ある保護者は「信用して子どもを預けていたのに、裏切られた思いしかない。あれもこれもうそばっかりでびっくりした」と話し、別の保護者は「納得がいかない」と怒りをあらわにした。
保護者の女性は「年間100万円ぐらいかかっていた。来年度も継続して通わせるために30万円近く払ったのに戻ってこない」と話した。
施設側の弁護人によると、近く破産申請をする予定。(2/25 埼玉新聞)

>この施設は埼玉県川越市の民間の幼児教育施設「アワーキッズ インターナショナル」で、「国際認定資格を取得できる小学校をつくる」などとうたい幼稚園児などを集めていたが、今月10日に突然倒産した。
保護者などによると、この施設は、「文部科学省の認可を受けていて、今年の4月に小学校を開設する」などと説明していたという。
保護者「『子供が途中で海外に行った時もそれが証明書になってどこでも入れるよ』と、『いろんな学校に入れるよ』という話をされていました。子供たちにも謝ってほしいなという気持ちがあります」
代表の東儀正人氏は保護者への説明会で、文部科学省への認可を受けていたことはウソと認め、小学校を開設することもできなくなったと説明したという。
保護者らは今後、警察に被害届を提出する方針だという。(2/27 NNN)

>不動産屋に資金繰りに苦しんでいると話していた経営者・東儀正人氏は
東儀正人氏が運営していた施設は入園料が約10万円。年齢によって年間70万円以上かかる事もあった。
設立予定だった小学校の入学を希望し入学金など約160万円を振り込んだ人もいる。
アメリカなどの大学入試資格を取得する「ACSI」カリキュラムを実践すると謳っていたが実際はACSIのメンバー校で許可は受けていなかった。
実際に認可を受ける際にはカリキュラムや施設などに対する厳しい基準がある。
埼玉県学事課は「認可が下りるまで子どもたちは義務教育を受けていないことになる」とコメントしている。(Nスタ)

>その後の取材で、施設側が倒産する直前になって突然、来年度の学費を支払うよう催促していたことがわかった。
保護者によると、「2月6日までに来年度の学費を払うように」と施設側から指示があったという。
>過去にも別の教育施設で学園長を務めていた東儀代表。実はこの時もトラブルがあったという。
当時一緒に働いていた人によると―
「またやったかという感じですね」「授業料の大幅な値上げとか、施設費を4倍くらいに請求したという経緯などがあって、保護者からの信頼がなくなっていった」
「ウソを言うのが当たり前な性格、意識もしていないと思う」
「二度と教育に関わってもらいたくないというのが正直なところですね」(2/28 NNN)


こんな宣伝記事見たら、認可も取れず、閉鎖、破産、で詐欺られるとは、
まさか思わなかっただろうな。

>国際的な評価団体であるACSI加盟のインターナショナルスクールであるCISは、3歳から12歳までの学習面や精神、身体の発達などを重視する国際プログラムである国際バカロレアPYP(プライマリー・イヤーズ・プログラム)と学習指導要領を導入。アクティブラーニング手法で学習を行う。
2017年中の国際バカロレアPYP候補校認定へ向け動いており、2020年4月には日本の義務教育課程を実施する一条校・学校法人設立を目指している。
認定・設立されれば、2つの教育課程を同時に行う埼玉県内初の小学部となる。
埼玉県川越市には2014年に幼稚部「Our Kids International Pre-School & Kindergarten」がすでに開校しており、2017年には小学部CISが開校する。
さらに2021年を目標に中等部、高等部および内閣府、文部科学省が勧める国際バカロレアPYP(初等教育プログラム)、MYP(中等教育プログラム)、DP(ディプロマプログラム)認定校を目指す。
これにより将来は、幼稚園から高等学校を修了できる「K-12プログラム」実施校になることを目指している。
スクールポリシーは、Courage「勇気づけ」の教育。
オーストリアの精神科医アドラーが提供する心理学をもとに、「Respect(尊重)」「Resourcefulness(生活力)」「Responsiveness(社会性)」「Responsibility(責任)」の4つの「R」をカリキュラムの柱としている。
また、保護者にもアドラー講座を学んでもらい、家庭教育と学校教育が同じ方向を向いて子どもたちを育成するという。
東儀正人学園長は「子どもの将来を見据え、多くの選択肢が得られるインターナショナルな教育をしたい」とし、「歴史ある川越から、柔軟で広い視野を持ち、枠にとらわれない若者を育てていくことを願っています」とコメントしている。(16/8/18 リセマム)


Our Kids International 株式会社
(16/8/10 スピードラーニングのエスプリラインと業務提携)
Our Kids Club
一人塾
湘南インターナショナルスクール創設、初代学園長

この記事に

  • 顔アイコン

    子供を通わせていた保護者です。
    小学校の話が出る前から通わせていました。
    いつもの様に話を盛っていると思っていたら
    2016年4月の入学式にスピードランニングのエスプリラインの
    大谷社長夫人が祝辞を述べたので信用してしまったこと。

    その後、都内のインターへ通われていたお孫さんがサマースクール等へ参加をしていて、ますます信用した。

    [ chr*k ]

    2017/2/27(月) 午前 9:52

    返信する
  • 顔アイコン

    ここの実質的経営者は、話を盛るというというより、ほぼ「詐欺師」の領域です。施設の運営面で、話が違う、約束を守らないという問題ばかり。教育関連事業から足を洗って、二度とかかわらないでほしい。

    [ ush*o*rome* ]

    2017/2/27(月) 午後 1:27

    返信する
  • 顔アイコン

    勧誘していた言葉が大半が嘘だなんて、これはまさに詐欺ですね。
    教育者と語らないでほしい。
    次の被害者が出ないように真実を公にし、数々な人を騙した罪を償うべきだ。 削除

    [ kat ]

    2017/2/27(月) 午後 8:58

    返信する
  • 顔アイコン

    ここで実際働いてました。1か月だけでしたけど。この人は最低な人間でした。子供たちがかわいそうです。 削除

    [ mi ]

    2017/3/1(水) 午後 8:10

    返信する
  • 顔アイコン

    東儀正人は正しく詐欺師だな!
    弁護士も裏金貰ってるな。 削除

    [ 極論會 ]

    2017/3/2(木) 午前 8:11

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事