ここから本文です
教育や宗教は基本ボランティア(ホスピタリティ)でしょ。 金儲けでウハウハの宗教や教育産業は消えろ!

書庫全体表示

>警察のその後の調べで、この中学校のいずれも当時の59歳の校長と54歳の教頭が事件が発覚しないように盗
撮した動画を削除させ、警察に届け出ていなかったことがわかりました。
警察は23日、当時の校長ら2人を証拠隠滅と犯人隠避の疑いでさいたま地方検察庁に書類送検しました。
調べに対し2人は容疑を認めたうえで、「自分たちが話さないかぎり、盗
撮の事実はばれないと思った。男性教諭に辞められると、学校に負担がかかると思った」と供述しているということです。(17/10/23 NHK)

>校長が事実を把握しながら1年以上も市教育委員会などに報告していなかったことが1日分かった。
県教委などによると、校長は昨年5月に太田容疑者の犯行を把握したが、太田容疑者に対し、学年主任や部活の指導などを継続させていた。
県教委から連絡を受けた市教委が5月12日、同校に事実確認を行った直後の13日から校長は体調不良を理由に休んでおり、同校との連絡は取れていないという。(6/2 産経新聞)

>埼玉県内の公立中学校で教室にビデオカメラを仕掛けて生徒を盗
撮したとして、県警少年捜査課は31日、児童ポルノ禁止法違反の疑いで、入間市、中学校教諭、太田昌平容疑者(45)を逮捕した。
容疑を認めている。
逮捕容疑は平成27年4月〜28年5月ごろまでの間に勤務先の中学校の教室にビデオカメラを仕掛け、女子生徒が着替えている様子を撮影したとしている。(17/5/31 産経新聞)

>警察の調べによりますと、太田容疑者は、去年5月までのおよそ1年間、勤務先の中学校の教室にビデオカメラを仕掛け、女子生徒が着替えている様子を撮影したとして、児童ポルノ禁止法違反の疑いが持たれています。
地元の教育委員会から寄せられた情報を元に捜査を進め、31日午前9時ごろ、捜査員が自宅にいた太田容疑者に任意同行を求め、逮捕しました。
これまでの調べで、太田教諭のカメラには女子生徒の着替えを撮影したと見られる動画が複数、残っていたほか、カメラを設置する際の様子がわかる映像もあったということです。
県の教育委員会などによりますと、今月に入って「教諭が盗
撮していた」という匿名の文書が県に届いたことで発覚し、その後、教育委員会の調査で、教諭が盗
撮について認めたということです。また、中学校では調査が行われる以前に教諭の盗
撮について把握していたものの、地元の教育委員会などに報告していなかったということで、警察は詳しいいきさつを調べることにしています。(NHK)


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事