ここから本文です
教育や宗教は基本ボランティア(ホスピタリティ)でしょ。 金儲けでウハウハの宗教や教育産業は消えろ!

書庫全体表示

宜野湾市立中学校教頭

>沖縄県うるま市のコンビニエンスストアなどで女性のスカート内を盗
撮したとして、県迷惑行為防止条例違反の罪に問われた宜野湾市の元中学校教頭の被告(50)に、那覇地裁沖縄支部は7日、懲役8月執行猶予3年(求刑懲役8月)の判決を言い渡した。
二宮正一郎裁判官は判決理由で、「被告は2014年頃から盗
撮を始め、16年8月か9月ごろからは女性の下着の盗撮を繰り返すようになった」と常習性を認めた。
犯行態様についても、穴を開けた靴にデジタルカメラを入れ撮影しており「巧妙かつ手慣れており悪質」と指摘。
「この種事犯への規範意識が低い。刑事責任は軽視できない」と批判した。
一方、被告が反省し謝罪の意思を示していること、懲戒免職になるなど社会的制裁を受けていることなどを考慮した。
これまでの公判で検察側は、被告が女子生徒の盗撮画像を多数保存するなど、勤務校でも常習的に盗撮していたと立証していた。弁護人によると、被告は控訴しない方針。
判決によると、被告は5月15日、沖縄市のスーパーマーケットで午後3時半ごろ、同4時半ごろにはうるま市のコンビニエンスストアで盗撮した。(17/9/8 沖縄タイムス)

>沖縄県警うるま署は15日、盗
撮目的でうるま市内のコンビニエンスストアに入ったとして、宜野湾市立の中学校教頭の男(49)=宜野湾市=を建造物侵入の疑いで緊急逮捕した。調べに対し、「女性を盗
撮する目的で店に入った」と容疑を認めているという。
逮捕容疑は15日午後4時20分から同30分ごろの間、うるま市田場のコンビニに盗
撮しようと入店した疑い。うるま署によると、容疑者は同日午前中に来店し、商品棚の前で、買い物中の女性の背後に近づくなど、不審な動きをしていた。
店側が通報し、同署が捜査していた。
午後になって、容疑者が再び来店したため、店側が再度通報。
駆け付けた警察官が店から出た容疑者を任意同行した。当初、容疑を否認していたが、その後の調べで盗
撮目的を自供したという。捜査関係者によると、容疑者は小型のカメラを所持していた。
靴には約1センチの穴が空いていたことから盗
撮との関連があると見て、沖縄県迷惑防止条例違反の疑いも視野に捜査を進める方針。
学校側によると、逮捕当日は日曜参観とPTA総会が前日にあったため、振り替え休日だった。(5/17 沖縄タイムズ)

>同署によると、女性の背後から足を近づけるなど不審な様子を見た店員が通報した。
警察官が駆け付け、一度店を出てから戻って来た教頭に事情を聞き、逮捕した。教頭は当初、盗
撮目的を否認したという。靴には穴が開いていたが、逮捕時には靴の中にカメラはなかったという。(琉球新報)

>盗撮目的で靴にカメラを仕掛けたとみられる中学校の教頭を逮捕です。
建造物侵入の疑いで逮捕されたのは、沖縄県宜野湾市にある中学校の教頭・村吉政彦容疑者(49)です。(TBS)


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事