ここから本文です
教育や宗教は基本ボランティア(ホスピタリティ)でしょ。 金儲けでウハウハの宗教や教育産業は消えろ!

書庫全体表示

記事検索
検索

全355ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

浜松市立小学校教諭

>授業中に女子児童にわいせつな行為をしたとして、静岡県警浜北署は18日、強制わいせつの疑いで浜松市浜北区、小学校教員大石幸史容疑者(56)を逮捕した。
捜査関係者によると、大石容疑者は女児の担任で「そんなことはしていない」と容疑を否認している。
逮捕容疑は、7月初旬、浜松市内の市立小の教室で、女児の体を触るなどわいせつな行為をした疑い。
女児が両親に話し発覚。
他にも複数の児童が同様の被害を訴えているといい、署が関連を調べている。(18/7/18 共同)

>警察によりますと大石教諭は今月上旬、浜松市内の小学校の教室で担任を受け持つ2年生のクラスでの授業中、女子児童の足などを触ったとして強制わいせつの疑いが持たれています。
児童から相談を受けた家族の通報を受けて警察が捜査していました。(NHK)

>小学生の女児の体を触るわいせつな行為をしたとして強制わいせつの疑いで小学校教諭の男(56)が逮捕された事件で、市教育委員会は18日、事件当時は体育の授業中だったと明らかにした。
容疑者は市教委の聴取に対し「ストレッチで背中を押したりはしたがわいせつ行為は一切していない」と容疑を否認しているという。
市教委によると、容疑者は同区の市立小に2017年4月から勤務。
今年4月から2年生の担任を務めていた。
女児は今月9日以降、登校していないという。
同署は、他の児童も同様の被害を受けた可能性もあるとみて捜査している。
一方、市教委によると、女児以外にも児童数人が被害に遭ったとされる情報が寄せられ、同校が聞き取り調査をしたところ、全員が否定したという。
教職員にも聴取したが、容疑者のわいせつ行為は確認できなかったという。(7/19 静岡新聞)


この記事に

>電車の中で女性の体を触ったなどとして静岡市の中学校に勤務する28歳の臨時講師の男が、県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは静岡市清水区に住み、同じ区内にある公立中学校の臨時講師、赤木勇人容疑者(28)です。
警察によりますと、赤木講師は今月9日の朝、JR東海道線の静岡駅から焼津駅までの間、下り線の電車の中で、10代の女性のスカートの上から足を触るなどしたとして県の迷惑防止条例違反の疑いが持たれています。
女性の家族からの届け出を受け、警察が捜査を進めていました。
警察によりますと、赤木講師は「性的な好奇心からやった」と容疑を認めていて、女性との面識はないということです。(18/7/20 NHK)

>逮捕されたのは、清水第二中学校に勤める臨時講師 赤木勇人容疑者です。
赤木容疑者は、今月9日の朝、JR東海道線の静岡駅から焼津駅の間を走っていた下り列車の車内で、10代の女性の太ももをスカートの上から数回触った疑いです。
被害者の母親から警察への通報で発覚し、防犯カメラや似顔絵などの情報をもとに逮捕に至りました。
赤木容疑者と女性に面識はなく、調べに対し「性的な好奇心からやった」と容疑を認めているということで、警察が余罪を調べています。(FNN)


この記事に

埼玉県立高校教諭

>当時、高校生だった女性にわいせつな行為をしたとして、埼玉県警飯能署は19日、強制わいせつの疑いで、同県飯能市に住む県立飯能高校教諭、諸星銀河(ぎんが)容疑者(26)を逮捕した。
「知り合いを誘い出して体を触った」と容疑を認めている。
逮捕容疑は、平成28年10月1日午後7時半〜10時ごろ、飯能市内の店舗駐車場に駐車中の諸星容疑者所有の車両で、県内に住む当時、高校生だった10代女性の体を触るなどわいせつな行為をしたとしている。
県警によると、女性は諸星容疑者が25年に教育実習で派遣された県内の中学校の生徒で、SNSなどでやり取りを続けていた。
交際はしていなかった。(18/7/19 産経新聞)

>警察の調べによりますとおととし10月、飯能市内の駐車場で、当時高校生だった女子生徒を車に連れ込み、体を触るなどしたとして強制わいせつの疑いがもたれています。
諸星容疑者は5年ほど前、埼玉県内の公立中学校で教育実習生をしていたときにこの学校に通っていた女子生徒と知り合い、その後もSNSで連絡を取っていたということです。
警察は被害届を受けて捜査を続けていましたが、諸星容疑者がことし春から飯能高校に勤めていることがわかり、逮捕しました。
調べに対し、大筋で容疑を認めているということです。(NHK)


この記事に

>県立高校の男性教諭が、保護者から教材費として集めた金などをだまし取ったとして、県教育委員会は18日付けでこの教諭を懲戒免職にしました。
懲戒免職になったのは、県立館林高校で音楽を教えていた小川一郎教諭(46)です。
教育委員会によりますと、小川教諭は去年5月からことし1月にかけて、授業や部活動で楽器をレンタルしたり教材を購入したりしたように見せかけて請求書や領収書を偽造し、6回にわたって保護者から集めている教材費など合わせて90万円余りをだまし取ったということです。
教育委員会によりますと、小川教諭は複数の消費者金融に数百万円の借金があったということで、だまし取った金は、借金の返済や私的に購入した楽器の代金などに充てたと話しているということです。
高校は警察に被害届を提出し、教育委員会は18日付けで教諭を懲戒免職にしました。
教育委員会の調査に対して、小川教諭は前任の学校でも備品の楽器6点を盗んで売ったほか、会計を務めていた吹奏楽の団体から数百万円を横領したと話しているということです。(18/7/18 NHK)

>懲戒免職の処分を受けたのは群馬県立館林高校の小川一郎教諭です。
群馬県の教育委員会によりますと、小川教諭は去年5月から今年1月にかけて請求書などを偽造して教材を購入したようにみせかけ、教材を買うために保護者から集めた資金およそ90万5000円をだまし取るなどしていたということです。
小川教諭は音楽の担当で、県の調査に対して「楽器を買ったり借金を返済するために使っていた」などと話しているということです。
小川教諭は中学校や高校の吹奏楽部などが加盟する東部地区吹奏楽連盟でも、会費およそ500万円をだまし取るなどしていました。
また、県の教育委員会はほかの県立高校の55歳の男性教諭についても、硬式野球部の部員9人に対して体罰を加えていたとして、戒告処分を行ったと発表しました。
男性教諭は野球部の監督で、「夏の大会で勝ちたかった。熱くなってしまった」などと話しているということです。(TBS)

>大間々高(みどり市大間々町桐原)では野球部監督の男性教諭(55)が複数の部員に体罰を加えたとして、6月に監督を解任されており、県教委はこの教諭も戒告処分にしたと明らかにした。
前任地の西邑楽高(大泉町朝日)では、平成19年度から21年度にかけ、備品のクラリネットなど楽器計6点(購入時125万7900円)を中古店に売却し、私的に流用。
今年5月末、領収書の不備がきっかけで両校での不正行為が相次いで発覚した。
小川教諭はだまし取った金を私的に購入した楽器代や消費者金融からの借金返済に充てていた。
「部の運営で経費が膨らんだ。複数の消費者金融から数百万円の借金があった」などと話しているという。
このほか、吹奏楽部などでつくる「東部地区吹奏楽連盟」で約500万円、「邑楽館林吹奏楽連盟」でも約130万円を横領していたことも発覚。小川教諭は両連盟で会計を担当していた。
館林高は県警に被害届を提出済み。西邑楽高と両連盟も県警に相談している。
大間々高の野球部監督だった男性教諭は昨年夏から今年6月にかけて、部員9人にバットのグリップで小突くなどの体罰を加えていた。
この教諭は過去にも体罰が原因で処分を受けていた。(産経新聞)


この記事に

栃木市立中学校講師ら

>県教育委員会は11日、18歳未満の少女と少年に対してわいせつな行為をしたとして、県警などに逮捕、起訴された小学校講師、舩山泰一容疑者(23)と中学校講師、若狭大輝被告(26)を懲戒免職処分にしたと発表した。
県教委などによると、舩山容疑者は、県内在住の少女に、18歳未満と知りながら、みだらな行為をしたとして、6月上旬に県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕され、その後、児童買
春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで再逮捕された。舩山容疑者は懲戒処分を受けて「ご迷惑をかけて申し訳ない。事の重大さを受けとめて今後生活をしていきたい」と述べたという。
若狭被告は、千葉県の少年が18歳未満と知りながら、裸の画像をスマートフォンに送らせて保存し、児童ポルノを製造したとして、児童買
春・ポルノ禁止法違反の疑いで千葉県警に逮捕され、その後起訴された。処分を受けて、「信頼してくれた生徒、保護者に大変申し訳ない。謝っても謝りきれない」と述べたという。(18/7/12 産経新聞)

>栃木県警大田原署は7日、10代の少女にみだらな行為をしたとして、県青少年健全育成条例違反の疑いで、
大田原市、小学校講師、舩山泰一容疑者を逮捕した。
同署によると、容疑を認めている。
逮捕容疑は、5月中旬ごろ、栃木県内で、18歳未満と知りながら、県内在住の少女にみだらな行為をしたとしている。
少女の家族から同署に相談があり、発覚した。(6/7 産経新聞)


>児童ポルノ画像3点をスマートフォンに保存したとして千葉区検は20日、児童買
春・ポルノ禁止法違反(所持)の罪で、栃木県栃木市立大平中の若狭大輝講師を略式起訴した。
千葉簡裁は罰金30万円の略式命令を出し、若狭講師は即日納付した。
若狭講師は昨年7月、千葉県内に住む当時中学生だった少年が18歳未満と知りながら裸の画像をスマホに送らせ、児童ポルノを製造した容疑で今年5月、県警に逮捕・送検されたが、地検は20日、不起訴処分とした。
今回略式起訴された事件の被害児童とは別の人物。(6/21 千葉日報)

>千葉県警はこのほか、昨年7月に当時中学生だった少年の裸の画像をスマートフォンに送らせたとして同法違反(製造)容疑も立件していたが、地検は20日付で不起訴処分とした。理由は明らかにしていない。(6/20 共同)

>同じ趣味を持つ仲間の間では、ちょっとした有名人だったという。
男子中学生(当時)に全裸の画像を撮影させ、送信させたとして、栃木市立大平中学の非常勤講師の若狭大輝容疑者(26=栃木県小山市)が5月31日、児童買
春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、千葉県警に逮捕された。
出勤前の午前5時すぎ、捜査員が若狭容疑者の自宅を訪れ、同7時30分、勤務先の中学を家宅捜査した。
2人は昨年7月にツイッターで知り合い、その後、LINEで連絡を取り合っていた。
7月23日、若狭容疑者が中学生に裸の写真を送るよう、メッセージを送信。
スマートフォンで下半身を撮影するよう指示し、自分のスマホにLINEで送らせた。
8月になって、中学生の母親が2人のやりとりを見つけて驚き、慌てて県警に電話をして相談。事件が発覚した。
「何でツイッターで知り合った中学生が、いきなり若狭容疑者の言いなりになってパンツを脱いで下半身裸の写真を撮影し、わざわざ送ったのか。なぜ拒否しなかったのか。2人の間で金銭のやりとりがあったのか。LINEだけでなく、実際に会っていたのかなど、まだ確認できていません。余罪についてもそこまで至ってませんが、今後、調べを進める予定です」(捜査事情通)〜
若狭容疑者は地元小山市出身で、埼玉の私立高を卒業後、1浪して東京理科大に入学し、大学では野球部に所属。
大卒後、小山市内の中学校を経て、今年4月から大平中に講師として勤務し、数学を担当していた。〜(6/2 日刊ゲンダイ)


この記事に

全355ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事