ここから本文です
教育や宗教は基本ボランティア(ホスピタリティ)でしょ。 金儲けでウハウハの宗教や教育産業は消えろ!

書庫塾・家庭教師・教室

記事検索
検索
再犯かよ。
こんな奴に講演頼んでたバカも、晒してやりたい。

しかし、ここにも毎月のように削除依頼が来るが、
(ヤフーが勝手に削除している事も)
こういう再犯の防止にもなると思うんだけど、
削除しないと、こっちが負けるってどうなの?

忘れられる権利?
知るか、犯罪者ども!!

>平川貴之被告(35)の初公判が1日、東京地裁(中島真一郎裁判官)で開かれ、平川被告は起訴内容を認めた。
被告人質問で、平川被告は「これまでに40人程度と買春をし、今回を含めて3人が18歳未満だと知っていた。18歳未満は判断能力が未熟のため法律で守られているということは知っていたが、性欲で頭がいっぱいになってしまっていた」と動機を語った。
また、女子生徒を置き去りにした理由については、「このまま逃げればお金を支払わなくて済むと思った。過去にも3回ほど置き去りにしたことがある。その後、車内に女子生徒の財布や携帯電話があることに気づいたが、警察に逮捕されるリスクを避けるため捨てた」などと話した。
平川被告によると、事件当時は妻と子供がいたが、住んでいたマンションを売却し、その代金を慰謝料として妻に支払うことで離婚が成立したという。
また自分の会社も清算するとした。
その上で、「ネット上の犯罪から子供を守る活動をしてきたのに、自分は正反対のことをしてしまった。嘘をついたことになった。自宅や家族、会社、仲間、これまで自分に講演などを依頼してくれた方々など全てを裏切り、失ってしまった。もう二度としません」などと話した。
論告求刑で検察側は「犯行様態は悪質で、7年前にも同種事案で有罪判決を受けており、再犯可能性は高い。強い常習性も認められる。厳罰が必要だ」として懲役1年を求刑。
一方、弁護側は「多くのものを失い、非常に反省している。社会的な制裁も受けた。買
春を繰り返していたことは強い非難に当たるが、起訴はされておらず、過大に量刑に加えてはいけない」などとして、執行猶予付きの判決を求めた。
判決は12月21日に言い渡される予定だ。(16/12/1 産経新聞)

>検察側は、平川被告が女子生徒に現金を支払わなかったことや、手をビニールテープで縛っていたことを明らかにした。
その上で、「多くの人の信頼を裏切る行為で責任は重い」と指摘し、懲役1年を求刑した。(NNN)

>平川被告は約3年前から教育コンサルタントとして東京都から委託され、子供や保護者、教諭らを対象とした講演を約350回も行っていた。
「フェイスブック上の写真は“イケメン若手社長風”ですが、法廷に現れた平川被告は坊主頭に眼鏡姿。弱々しい印象でした。講演のチラシには《守れますか?  子どもの未来》といったメッセージを書いていたが、公判では『講演内容と正反対のことをしてしまった』と反省の弁を述べていた」(司法担当記者)
公判では、被告がホテルで女子生徒の両手を縛りバイブレータや浣腸を使った上、ナイフを突きつけて性行為に及んだ事実が明らかになった。
「被告は『SMプレイがしたかったが、女子生徒に怒られ、すぐにやめた』と述べました。これまでに40人程度と買春をし、今回を含めて3人が18歳未満だと知っていた。『18歳未満が法律で守られているとは知っていたが、性欲で頭がいっぱいになってしまっていた』とも話しました。実は被告は7年前にも同種の事件を起こし、有罪判決を受けているのです」(同前)(週刊文春)

>平川容疑者と少女は事件前日の9月3日、ツイッターを通じて知り合った。
捜査幹部は「売春をほのめかす少女のツイッターの書き込みを見た平川容疑者が、女子中学生にコンタクトを取った」と明かす。
2人は非公開でメッセージのやり取りができるツイッターのDM機能を使って援助交際について交渉した。
「そこで少女と肉体関係を持つ代わりに4万円を支払う約束を約束したようだ」(捜査幹部)。
平川容疑者は“商談”をまとめると、翌4日午後、さいたま市大宮区の自宅から車を走らせて都内に向かった。
少女をピックアップし、練馬区石神井台のラブホテルに車を滑り込ませる。
約1時間の密会を終えた平川容疑者はコンビニで少女を降ろし、約束の4万円を渡すことのないままその場から走り去った。
しかし、悪事はすぐに露呈する。
少女からの通報を受けた捜査員は、コンビニの防犯ビデオや車の特徴などから平川容疑者を割り出した。
事件から約1カ月後に逮捕された平川容疑者は、「15歳と知っていた」と容疑を認めたという。
欲望のままに少女の性をむさぼった平川容疑者には、もう一つの顔があった。
「守れますか? 子どもの未来」
平川容疑者が今年2月、立川市内で行った講演会のチラシにはこんなメッセージが書き込まれていた。
講演会のテーマは「ネット等の性被害根絶等の啓発」。
講師として登壇した平川容疑者は、「児童ポルノ事件に遭う危険性等と被害に遭わないための防犯策についての講演会です」と説明している。
今年6月、自宅にコンサルティング会社を立ち上げていた。
会社HPには、企業理念として《情報化社会のリスクから学校・子供を守るサービスの提供》を掲げている。
平川容疑者は、フェイスブックでも自己宣伝に余念がなかった。
会社設立直後の6月3日には、《子供や教育現場に近い立場で、情報モラル・情報セキュリティーについて私の知っていることを提供しながら、真の「情報教育」や「教育現場の情報化」を教育に関わる全ての方と一緒に考えていきたい》と投稿。
フェイスブック上にはこれ以外にも《子どもを守らなくては》(昨年12月19日)
《後先考えずにネットに書き込みをするとどうなるのか、(中略)体験的に学べる教材が必要です》(同5日)などと並べたてている。
一方で、家族との幸せな交流をアップしていたこともあった。
平成25年1月20日には妻に作ってもらったとみられる弁当の写真とともに《(嫁)が作ってくれました》と誇らしげに書き込んでいた。
捜査幹部は「平川容疑者は妻がいながらも、複数の女性と援助交際を繰り返していた。今回の事件と同様の行為に及んでいたケースもあるようだ」と吐き捨てた。(16/10/16 産経新聞)

>子どもをインターネット上の性犯罪から守る活動をしていたベンチャー企業の社長が、ツイッターで知り合った15歳の少女を買春した疑いで、警視庁に逮捕された。
株式会社「ISTE」の社長・平川貴之容疑者(35)は9月4日、東京・練馬区のホテルで、中学3年生の女子生徒(15)に金を払う約束をして、わいせつな行為をした疑いが持たれている。
2人は、前日に、ツイッターのやりとりで知り合ったとみられ、平川容疑者は4万円を払う約束をしていたが、実際には金を支払わず逃げ、女子生徒が110番通報したため、発覚した。
平川容疑者は元小学校教師で、現在は、「子どもをネット利用のトラブルから守る」とうたい、性被害の防止などについて講演をする会社を運営していた。
調べに対して平川容疑者は、容疑を認めていて、警視庁は余罪を追及している。(10/6 FNN)

>子どもたちが性犯罪の被害に遭わないための講演などを行っている教育コンサルタント会社の社長が、中学3年生の女の子にホテルでわいせつな行為をしたとして警視庁に逮捕されました。
逮捕されたのは、さいたま市大宮区の教育コンサルタント会社の社長、平川貴之容疑者で、警視庁によりますと、先月4日、都内のホテルで中学3年生の女の子に現金4万円を払うと約束してわいせつな行為をした疑いがもたれています。
逮捕された平川社長は、学校などに出向いて子どもたちを対象に、性犯罪に遭わないための対策や、インターネット上でのトラブルを避けるための講演を頻繁に行っていたということです。
今回の事案は「約束した金を払ってくれず、逃げられた」と女の子が110番通報したことから発覚し、警視庁の調べに対し、平川社長は容疑を認めたうえで、「中学生とはインターネットのSNSを通じて前日に知り合った。過去にも同様のことをしていた」と供述しているということです。(NHK)


株式会社ISTE

この記事に

>勤務先の保育園で女児10人にわいせつ行為をし、その様子を動画で撮影したとして、強制わいせつと児童買
春・ポルノ禁止法違反の罪に問われた仙台市宮城野区、元保育士、阿部亮太被告(27)=懲戒解雇=に仙台地裁は7日、求刑通り懲役15年の判決を言い渡した。
判決理由で田郷岡正哲裁判官は「女児らの健全な成長を促す立場を悪用した。口止めするなど巧妙、卑劣であり、強制わいせつ事案の中でも最も悪質だ」と指摘した。
判決によると、阿部被告は2015年10月〜16年10月、勤務していた仙台市の保育園で、当時3〜6歳の女児10人に下着を脱がせて、下半身を押し付けるなどしたほか、スマートフォンで動画撮影した。(17/9/8 共同)

>検察側は「女児を跳び箱の上にあおむけにして下着を下ろし、自身の下半身を押し付けた」と指摘。
被告は「間違いはありません」と認めた。
検察側は女児2人の母親の供述調書を読み上げた。
母親は「自分一人でトイレに行けなかったり、暗い場所を怖がったりするようになった」「人の皮をかぶった化け物。最大限の処罰をしてほしい」と訴えた。
検察は別の女児への強制わいせつ罪で、今月下旬に被告を追起訴する方針も明らかにした。
起訴状などによると、被告は2016年6〜9月、勤務先の青葉区の保育園で女児2人の下着を脱がせ、自身の下半身を押し付けるなどしたとされる。
被告は別の女児4人に対する強制わいせつ罪でも起訴されている。(2/8 河北新報)

>勤務している仙台市の保育園で、園児の女の子の下着を脱がせ、体を触るなどしたとして、26歳の保育士の男が、強制わいせつの疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、阿部亮太容疑者(26)です。
仙台中央警察署の調べによりますと、阿部容疑者は、3日午後3時半ごろ、勤務している仙台市青葉区の保育園で、園児の女の子と2人きりになった際に、下着を脱がせ、体を触るなどしたとして、強制わいせつの疑いがもたれています。
女の子が帰宅したあと母親に、体を触られたことを話したことから、事件が発覚したということで、警察の調べに対し、阿部容疑者は、「子どもであればばれないと思った」などと容疑を認めているということです。(16/10/4 NHK)

>逮捕容疑は3日午後3時半ごろ、青葉区の保育園で勤務中、同園の女児の尻を触るなどした疑い。
中央署によると、被害に気付いた女児の保護者が園を問いただし、園から中央署に連絡があったという。(河北新報)

>署によると「子どもなら、ばれないと思った」と容疑を認めている。
保育士の立場を悪用し、ほかの園児にもわいせつ行為をしていなかったか調べている。
逮捕容疑は3日午後3時半ごろ、仙台市青葉区の私立保育所で、園児の女の子の下着を脱がせ、尻を触ったり、陰部を見たりするなどした疑い。(サンスポ)

>帰宅後、女の子の様子がおかしいと思った母親が話を聞くと「先生にいたずらされた」と話し連絡を受けた保育園が警察に通報しました。
警察の調べに対し阿部容疑者は「女性に興味があった。子どもだからばれないと思った」と容疑を認めているということです。
警察は余罪についても調べる方針です。(KHB)

株式会社 マザーズえりあサービス


この記事に

EQ総研

>草津市の学習塾で、教え子の女子高校生の胸を触ったとして、8月、逮捕された講師が、自宅で、別の10代の少女の裸の写真を携帯電話で撮影し、所持していたとして、児童ポルノ禁止法違反の疑いで再び逮捕されました。
逮捕されたのは、草津市の学習塾の講師、籔中博文容疑者(36)です。
警察によりますと、籔中容疑者は、8月15日、自宅に連れ込んだ県内の10代の少女が、18歳未満だと知りながら、裸の写真を撮影し、所持していたとして、児童ポルノ禁止法違反の疑いがもたれています。
籔中容疑者はことし2月、勤務する塾で、教え子の女子高校生の胸を触るわいせつな行為をしたとして、県の青少年健全育成条例違反の疑いで、8月、逮捕され、その後の調べで、別の少女の裸を撮影していたことがわかったということです。
警察の調べに対して、いずれも容疑を認めているということです。
籔中容疑者が勤務する塾を巡っては、経営者の吉田武史容疑者(53)も、去年9月、草津市内のホテルで、同じ女子高校生の胸を触るわいせつな行為をしたとして、県の青少年健全育成条例違反の疑いで、8月、逮捕され、警察の調べに対して、容疑を認めているということです。(16/9/2 NHK)

>逮捕容疑は、自宅で8月15日、10代女性の全裸の画像を18歳未満と知りながらスマートフォンで撮影し、児童ポルノを製造したとしている。
草津署は8月18日、別の10代の女子高校生に塾の個室でわいせつな行為をしたとして県青少年健全育成条例違反容疑で逮捕。
押収したスマートフォンを調べていた。同署によると容疑を認めている。(産経新聞)

>滋賀県警草津署は18日、女子高校生にわいせつな行為をしたとして、県青少年健全育成条例違反の疑いで同県東近江市、学習塾経営吉田武史容疑者(53)と、同県草津市、塾講師藪中博文容疑者(36)を逮捕した。
吉田容疑者の逮捕容疑は昨年9月26日、草津市内のホテルで、10代の女子高校生に18歳未満と知りながら胸を触るなどした疑い。
藪中容疑者は今年2月16日、塾の個室で同じ生徒にわいせつな行為をした疑い。
草津署によると、2人は同じ塾に勤務。
ともに「わいせつな行為はしていない」と容疑を否認している。
藪中容疑者は数学を担当。
吉田容疑者は音楽を担当し、当時はホテルの客室で発声練習をしていたという。
生徒の話を聞いた親類が同署に相談して発覚した。(8/18 サンスポ)


株式会社イーキューデバイス
EQ総研 小中進学教室IZM 高校現役予備校W-ING


この記事に

SPRIX

カルト宗教か!?

>中高生限定で利用可能なSNSアプリ『ゴルスタ』を運営するスプリックスが5日、同サービスの終了を企業の公式サイトで発表した。
同アプリは「全国の中高生と友達になれる」という触れ込みで2014年10月にサービスを開始。
先月、アプリの運営方針を批判した元利用者の名前など個人情報を運営側が公式ツイッター上に書き込み、批判が殺到。
先月31日には同社の公式サイト上で、一連の騒動についての「お詫び文」を掲載していた。
スプリックスは「先般、ユーザー1名さまの情報を一部流出させてしまいましたことは既にご報告申し上げました。それ以降ゴルスタでは新規登録を停止し、運営方針が厳しすぎるのではというご意見に対する検証も含めて、運営管理体制を調査してまいりました」と今回の騒動についての経緯を説明。
「その結果、一部運営担当者において、明らかにふさわしくない言動があったことを確認いたしました。この言動は、一部の運営担当者を再教育すれば解決するという問題ではなく、当然ながらゴルスタ運営、ひいては弊社全体の問題であると重く受け止めております」と運営側の不手際を認めた。
続けて、「教育を生業とする弊社にとって、今回の調査結果は大変重く、直ちにサービス全体を終了する理由となりました」と同サービスの終了を発表。
「停止・終了作業は一両日中には完了する予定でおります」としている。
最後は「関係各位、特にこのたび情報を流出させてしまったユーザーさま、ならびにゴルスタ運営のふさわしくない言動に接したユーザーの方々におかれましては、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした」と改めてユーザーに向け謝罪した。
同サービスでは、アプリ登録者内でのチャットや悩み相談、動画の生配信が利用できるほか、10代に人気のモデル・大倉士門、藤田富、とまんらを講師に招いての「動画授業」なども人気を得ていた。(16/9/5 オリコンスタイル)

>Twitterにユーザーの個人情報を故意に書き込んだことがきっかけで、サービス終了が決定した中高生向けSNSアプリ「ゴルスタ」ですが、運営元であるスプリックスの社内では、以前から「不祥事を起こした元従業員の名前をみせしめに晒(さら)す」行為があったことが分かりました。〜
ゴルスタをめぐっては「少しでも運営を批判するとBAN(アカウント停止)される」
「Twitterやツイキャスなど、アプリ外での運営批判まで監視している」
「BANからの復帰を望むユーザーに反省文を提出させる」
など、厳しすぎる監視や言論統制も問題視されていましたが、このあたりもスプリックスの社内風土が影響していた可能性はありそうです。〜(ねとらぼ)

>「ゴルスタ」は14年10月にサービス開始。
中高生のユーザー同士がチャットで話し合ったり、写真や動画をアップしたりできる機能が好評を集めていた。
一方、運営を批判しただけでアカウントが凍結される、
復帰するため運営に「反省文」を提出しなければならない、
など独自のルールが「厳しすぎる」と批判を受けていた。
また、運営を批判したユーザーに「威力業務妨害で警察に通知する」「ツイート拡散に協力した人間の特定も行った」と脅しをかけたり、元ユーザーの個人情報を流出させたりするといった公式ツイッターアカウント(8月27日に削除)の行動にも、批判が集まっていた。(J-CAST)


スプリックス
個別指導なら森塾
東京ダンスヴィレッジ
塾教材フォレスタ

この記事に

>託児所の経営者が預かっていた女子児童にケガをさせ、傷害の疑いで逮捕された事件で、県はきょう、施設の立ち入り調査を行いました。
県が立ち入り調査したのは、東広島市の託児所『キッズアカデミーこども園』で、経営者の山本光洋容疑者は、預かっていた女子児童の顔を殴ってケガをさせたとして、今月2日に傷害の疑いで逮捕されています。
施設では県の指定を受け、障害のある子どもを預かるデイサービスも行っていました。
県は『障害者虐待防止法』に抵触する可能性もあるとみています。
施設は去年7月末、認可外保育施設としての休止届けを東広島市に提出したにも関わらず、保育を続けていた疑いも持たれています。(16/9/7 TSS)

>6歳の女の子の顔を殴り軽傷を負わせた疑いで66歳の託児所経営の男が逮捕されました。
東広島市の託児所経営・山本光洋容疑者(66)は先月26日、6歳の女の子の顔を殴り、唇にケガを負わせた疑いが持たれています。
警察によりますと、山本容疑者は女の子が通う託児所の経営者で、この託児所内で犯行に及んだということです。
女の子の母親が娘から山本容疑者に顔を殴られたという話を聞いて警察に相談にしました。
女の子は全治約1週間の軽傷です。調べに対し、山本容疑者は「殴っていない」と容疑を否認しています。(9/3 広島ホームテレビ)

>逮捕容疑は、8月26日午前11時ごろ、経営する東広島市内の託児所で、女児の顔面を平手でたたき、唇の裏側を切る1週間の軽傷を負わせたとしている。(産経新聞)

>調べに対し山本容疑者は「後ろから抱きついて体の動きを止めた。殴っていない」と供述し、容疑を否認しているということです。
女の子は過去にも1回殴られたことがあると話しているということで警察はほかの被害がないかなどについても慎重に調べることにしています。(NHK)


こまりごと相談株式会社
キッズアカデミーこども園

フランチャイズ全国展開
なんてされなくてよかったね。
(4年も5年も前から更新されていないようだがw)

2003年、通信料を一気に3倍に値上げしたカントリーインターネット
とか、
マルチ、投資詐欺
とか、
地域通貨
とか、怪しげなキーワードが出てくるのだが。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事